どうししゃじょし

同志社女子大学

私立大学 京都府

推薦入試対策レポート

2019年度

同志社女子大学芸学部音楽学科

TY 先輩のレポート

入試形式

推薦入試で課されたこと

小論文

実技

閉じる

面接とわたしの対策

役に立った教材・サービス

進路情報誌

活用ポイント

受験勉強をする時の集中力持続法やストレス解消法、また、受験前先輩たちはどのようにして気持ちを整えていたかや、効果的なリラックス方法についての特集などを読んで、実行していました。

閉じる

小論文対策

解答時間

60 分

出題内容

文章を読んで、それに対して自分の意見を述べるというかたちで出題される。次の文章では「間」についてどのように述べられているか、そしてそれについてあなたはどのように考えるのか、600字から800字で書きなさい。と書いてあり、洋楽と邦楽の「間」について、洋楽にはテンポに規定された範囲の「間」が多いのに対し、邦楽はその場面に応じて自由な「間」を用いることを大切にする〜…といった内容の文章が出題された。

解答内容

筆者の意見と同意見である。とし、例えば、西洋と日本の建築の様式が、西洋は左右対称のものが多く、装飾がちりばめられていて隙があまりないのに対して、日本の建築は西洋のものほど装飾がなく、左右対称に整っているというよりも、自由な余裕やゆとりが好まれてきたため、音楽についてもそのように、場面や状況によって変化する、自由な「間」が好まれ、受け入れられてきたのだと考える。といった内容を解答した。

「やっておいてよかった!!」対策

過去問を入手し実際に解き、解答を誰かに添削してもらう。

過去問を解くことで、志望校の出題の傾向を知ることができる。また、添削してもらうことで、自分が書いたことの知識の間違いを指摘してもらえたり、設問のジャンルや内容に詳しい人であれば、問題の内容から派生したさまざまな知識を教えてもらえたりして、勉強になるから。

「やっておけばよかった・・・」と後悔したこと

もう少し早くから取り組んでおけばよかった。

11月の入試に向けて、3年生の9月ごろから対策をし始めたので、もう少しいろんな参考書を読んだり、過去問を一回目に解いた時とは賛成・反対の立場を別にして書いてみたかったなと思ったから。

役に立った教材・サービス

先輩ダイレクト/先輩チューター

活用ポイント

受験勉強をする時の集中力持続法やストレス解消法、また、受験前のリラックス方法や持って行ったほうがいいものなどを読んで、自分に合ったものを探したり、実際にやってみたりした。

閉じる

志望理由書

志望理由書のあらまし

他の音楽系の大学と比べて学費が安く、音楽文化専攻はピアノや声楽の実技を学ぶだけでなく、音楽にまつわるさまざまな知識を学ぶことができ、充実した施設の中で自分のやりたかった音楽の勉強ができると思ったから。また、学芸員や教員免許、司書教諭免許などの多くの免許の取得ができるから。落ちた場合、他大学の文系の学科を受験しようと思っていたので、合否が早く決まる推薦Мを受験した。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ