学校パンフ取り寄せで図書カードGET

きょうとのーとるだむじょし

京都ノートルダム女子大学

私立大学 京都府

国際言語文化学部の詳細情報

※2019年4月、人間文化学部から名称変更予定

学科・定員・所在地

学科・定員

英語英文学科(80名)
国際日本文化学科(50名)
※2019年4月、人間文化学科から名称変更予定

所在地

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●恵まれた学習環境のもと、確かな英語力を磨く
●自分の思いを伝えるコミュニケーション能力が身につく〈話しことば教育プログラム〉
●クリエイティブ力を磨く〈編集工房〉

日本語や英語をはじめとする外国語を学びながら、グローバルな視点に立ち、多文化理解・交流のあり方を探究。高い見識と豊かなコミュニケーション力を備えた国際性を育みます。

【大学院】人間文化研究科 応用英語専攻(修士課程)、人間文化専攻 (修士課程)

英語英文学科

講義・学問分野

[グローバル英語コース]海外留学、英語による課題発表・スピーチ、英語によるディベート、海外提携大学の学生との共同プロジェクト、英語による観光案内実習 など
[英語教養コース]英語教員、英語の正確な発音の習得法、英語の語形や語順の研究、英語会話指導法、英語コミュニケーション、児童文学・小説を読む、映画を読む、イギリスのお茶や文化を体験する、アメリカの文化を学ぶ、イギリスでの海外研修 など
●エアラインプログラム
●医療サポート英語プログラム

閉じる

国際日本文化学科※2019年4月、人間文化学科から名称変更予定

講義・学問分野

[日本語日本文化領域]日本語のしくみ・歴史、日本文化(文学・芸術・思想)、メディアの活用方法 など
[国際文化領域]日本と世界各国のことば・文学・芸術・思想・文化遺産、多文化への理解 など
●話しことば教育プログラム

閉じる

学部の特色

外国語オンリーのイマージョンスペース

恵まれた学習環境のもと、確かな英語力を磨く

英語英文学科では、多彩な留学制度と充実のキャリア教育プログラムで一人ひとりの未来を実現。英語オンリーの「イマージョンスペース」では、英語をサポートするスタッフが常駐しており、ネイティブ教員による個人レッスンや留学生との交流イベントなどを行っています。
「グローバル英語コース」では、英語での授業時間数は2000時間、TOEIC800点以上を目標にしてます。「英語教養コース」は、英語を自分のことばとして自在に操る力だけでなく、英語圏の文化、歴史、言語なども学びます。

閉じる

美しい日本語と表現力を身につける

自分の思いを伝えるコミュニケーション能力が身につく〈話しことば教育プログラム〉

国際日本文化学科では、スピーチの基礎、美しい日本語朗読、プレゼンテーションの方法をことばのプロが指導します。「ことば」を初歩から学べるほか、人前でも堂々と自分の思いを伝えるコミュニケーション能力が身につきます。

閉じる

情報を発信する技術を学ぶ

クリエイティブ力を磨く〈編集工房〉

国際日本文化学科では、ウェブサイト、映像、本などの制作・編集ができる「編集工房」を活用し、クリエイティブ力を磨くことができます。グループワークやプレゼンテーションに利用できる「アクティブラーニングスペース」も配置しています。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

ANA客室乗務員が指導

英語英文学科

なりたい自分に合わせて2つのコースから選択できる

●グローバル英語コース
海外留学は全員必修。英語の授業時間数は2000時間以上で、TOEIC800点以上をめざします。高い語学力に裏づけされたコミュニケーション能力を養い、国際社会に適応する力を身につけます。
●英語教養コース
確かな英語力に加え、英語圏の文化、歴史、言語などの専門教養をじっくり学びます。海外留学は、意欲や目的に応じて選びます。中学・高校の英語教員もめざすことができます。


◆キャリア形成を意識した実践的プログラム
効果のある指導法を身につける「英語教育」、京都府立医科大学と連携した「医療サポート英語プログラム」、ANA総合研究所と提携した「エアラインプログラム」など、学科独自のキャリア教育を展開しています。

◆多彩な留学制度
グローバル英語コース留学制度をはじめ、短期海外研修やセメスター認定留学、姉妹大学への正規留学など、期間や目的に応じて選ぶことができます。単位互換ができるため、4年間で卒業することも可能です。

【授業・講義】
コミュニケーション学概論

英語や日本語を使用して私たちがお互いを理解し、影響しあい、人間関係を築くことができるのはなぜか、その背景にあるコミュニケーション課程について言語学、社会心理学的観点から理解を深めます。

閉じる

フィールドワークでは、歴史を物語る教材から学ぶ

国際日本文化学科

日本と世界の「文化=人間」の創造性を多面的・実践的に学ぶ

ことばの学びを軸に、日本と世界の多様な文化を学びます。教室だけでなく、フィールドワークに出かけ、自分で学びを企画するプロジェクト型ゼミを行い、実感的、実践的に学び、グローバルな視野と発信力を育み、自分から行動を起こす実行力を身につけます。自分の思いを表現、発信するためのコミュニケーション力を養う「話しことば教育プログラム」も人気です。

◆日本と世界をつなぐ2つの領域から興味に合わせた学びを実現
日本語日本文化領域/日本文学の研究を通して、日本語や歴史への理解を深めるとともに、言葉や各種メディアを用いたコミュニケーションの方法を研究します。
国際文化領域/ことば、文学、芸術、思想、文化遺産などをテーマに、日本と世界各国との国際交流の歴史と現状を考察し、多文化への理解を深めます。

◆日本を学ぶ、京都で学ぶ「京都フィールドワーク研究」
史跡、博物館、美術館へと足を運び、実際に見て触って歴史を感じます。豊かな知識をもつ教員がわかりやすく解説。文化財が豊富な京都ならではの授業です。

【授業・講義】
日本語コミュニケーション

「人に意思を伝えるのは難しい」「頭に浮かぶまま言葉に置き換えても、なかなか理解してはもらえない」「言葉にできない思いもある」・・・思いを伝えるには、表現の工夫や言葉の知識が必要です。そして、他者を理解しようとする姿勢も求められます。コミュニケーションのための基礎知識や方法を学び、ワークショップやグループワークを通じて、社会で用いる日本語表現を活用する力を身につけます。コミュニケーション活動を実践することで、相手を思い、協力して目標を達成する方法を学びます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ