×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

きょうとびじゅつこうげい

京都美術工芸大学

私立大学 京都府

工芸学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

美術工芸学科(デザイン領域〈ビジュアルデザインコース、インテリア・空間デザインコース、CULTUREデザインコース〉/工芸領域〈工芸コース[陶芸/木工・彫刻/漆芸]〉 合計100名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●充実したCG系授業で、最先端のコンピュータスキルを習得
●二級建築士やインテリアプランナー資格が在学中に取得可能
●プロジェクト演習に取り組み、課題解決の手法を学ぶ

1200年以上の歴史を刻む京都のロケーションを活用しながら、日本の財産である独自の表現手法を実習主体で習得。同時に身につけた知識や技術をベースにしながらも、若々しい発想や斬新な視点を取り入れて次代を拓く価値ある創造力を養います。

【学生数】832人(2020年5月1日現在)
【専任教員数】32人(2020年5月1日現在)
【大学院】工芸学研究科(建築学専攻)

美術工芸学科

講義・学問分野

工業デザイン、住居学、工芸、博物館学、美術・デザイン、芸術理論 など

閉じる

学部の特色

充実したCG系授業で、最先端のコンピュータスキルを習得

コンピュータグラフィックスが当然のように求められる時代に対応。2次元グラフィックソフトで描画や画像処理を学ぶ「コンピュータデザイン演習」、3DCADでの設計やモデリングの基礎を学ぶ「IT活用応用演習」、キャラクター、背景画、エフェクトなどを加えた総合的な映像を創作する「CGアーティスト講座」などの授業で最先端の3D・CGスキルを習得できます。

閉じる

二級建築士やインテリアプランナー資格が在学中に取得可能

学びをさらに充実させるために、また進路の幅を広げるためにも、資格取得を手厚くサポート。建築学科との横断によりデザインや工芸を学びながら二級建築士やインテリアプランナー資格を在学中に取得することが可能です。さらに、博物館学芸員やインテリア設計士、Photoshop(R)クリエイター能力認定試験、Illustrator®クリエイター能力認定試験、TOEICなど、多岐にわたる資格・検定の対策講座を開講し、取得をサポートしています。

閉じる

プロジェクト演習に取り組み、課題解決の手法を学ぶ

社会の中で価値あるデザインをつくるためにはどんな視点が必要か。本学科では在学中に地域の団体や企業と関わるさまざまなプロジェクトに参加することができ、仲間と共に試行錯誤しながらデザインによる課題解決の方法を学べます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

プロの現場で磨かれた技術を学ぶチャンスも

美術工芸学科

最初は導入教育により、芸術の基礎を幅広く学んだうえで、それぞれの専門性を高める

1年次から2年次前期までは、デザイン・工芸の基礎教育を受けながら、全員が同一のカリキュラムで「芸術導入演習」や「造形基礎演習」を受講し、芸術の基礎を幅広く学びます。デザイン領域では、1年次後期からデザインの基礎を横断的に学び、2年次後期から希望のコースを選択。工芸領域では、1年次後期から専門分野の学びがスタートします。

【デザイン領域】
●ビジュアルデザインコース
人や社会に「何かを伝えること」を目的にするグラフィックデザインを中心に扱います。新聞・雑誌・ポスターなどの広告をはじめ、パッケージ、書籍、サイン、Webなど、私たちに情報を訴えるさまざまなデザインを制作するスキルを身につけます。また、イラストやキャラクターデザイン、3D・CGの技法も習得します。
●インテリア・空間デザインコース
人が心地良く過ごすには何が必要なのかを見つめ、具体的に空間を演出するインテリアや空間デザインのスキルを身につけます。扱うテーマは、住宅だけでなく、商業施設の店舗デザインやディスプレイデザインにも及びます。併せて、二級建築士をはじめ、インテリアプランナーやインテリア設計士などの実務的な資格取得をサポートします。
●CULTUREデザインコース
日常生活と芸術の間に垣根が存在しない日本文化の豊かな精神性に着目。雑貨からアートまで、メインカルチャーからサブカルチャーまで、デザイン的アプローチにより現代の感性にマッチした商品開発、イベント企画、プロモーションなどを行い、次世代へ繋ぐ豊かで力強い日本文化を創造します。

【工芸領域】
●工芸コース(陶芸/木工・彫刻/漆芸)
陶芸、木工・彫刻、漆芸の各分野について基礎から創作を通して専門性を身につけると同時に、新しい感性( デザイン) を融合し、新たな工芸の可能性を追究します。

閉じる

アドミッションポリシー

美術工芸学科

美術工芸学科は、常に自己の可能性を追究していく持続性と熱意を持ち合わせ、真摯に学業に励むことのできる素養を持った以下のような学生を求める。

1. 大学の理念、教育目的を理解するとともに美術工芸学科の教育目的・方針に沿って美術工芸を通して、未来を切り拓いていこうとする夢と情熱を持っている人。
2. 知的好奇心に富み、美術工芸分野などの専門職業人として、社会の発展に貢献したい人。
3. 自主的に学ぶ姿勢と柔軟な思考を持ち、美術工芸分野で優れた才能を有する人、あるいは持ちたいという情熱を有する人。
4. 常に他者を尊重する姿勢と協調性に富み、リーダーシップを発揮することができる人。
5. 本学の美術工芸全般の教育課程を学修するための基礎的な学力とコミュニケーション力を身につけた人。あるいは本学の教育課程を通じて左記の能力を身に着ける可能性を有する人。

閉じる

建築学科

建築学科は、大学の理念、教育目的を理解するとともに建築学科の教育目的・方針に沿って常に自己の可能性を追求していく持続性や熱意を持ち合わせ、真摯に学業に励むことのできる素養を持った以下のような学生を求める。

1. 建築を通して、未来を切り開いていこうとする夢と情熱を持っている人。
2. 知的好奇心に富み、建築やその関連分野の専門職業人として、社会の発展に貢献したい心を持った人。
3. 自主的に学ぶ姿勢と柔軟な思考を持ち、建築やその関連分野で優れた才能を有する人、あるいは持ちたいという情熱を有する人。
4. 常に他者を尊重する姿勢と協調性に富み、リーダーシップを発揮することのできる人、あるいは組織の中で必要とされる素養を有する人。
5. 本学の建築専門領域を含めた教育課程を学修するための基礎的な学力とコミュニケーション力を身につけた人、あるいは本学の教育課程を通じて左記の能力を身に着ける可能性を有する人。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】広報部 (0771)63-1533
 【URL】https://www.kyobi.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ