おおさかやっか

大阪薬科大学

私立大学 大阪府

学部・学科

学べること

医学・薬学・看護学のIPE(多職種連携教育)により次世代の薬学人をめざす

1、2年次には、IPE科目として大阪医科大学医学部、看護学部の学生と一緒に、病院の機能や役割、医療人としての相応しい態度を身に付ける「医療人マインド」、チーム医療の重要性、専門職種と協働できる基礎能力を身に付ける「専門職医療論」を設けています。また薬学を学ぶ上で必要となる基礎学力の養成と医療人に相応しい倫理観と社会性およびコミュニケーション能力の基本を身に付けるために基礎教育科目、基礎薬学科目が配されています。
学年進行とともに、応用薬学科目、医療薬学科目が配置され、薬物に関する幅広い科学的知識を修得し、薬の専門家として患者や医療チームから信頼される薬剤師となることをめざします。これと並行して講義で得た知識に基づいて、研究活動に必要な技能・態度の修得のため実習科目が配置されています。5年次には病院と薬局において参加型実務実習を行い、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力及び生涯にわたる自己研鑽力等を体得します。
さらに、問題発見・解決能力を醸成するために、4年次から研究室に所属し卒業研究を行います。

閉じる

国際交流基金によって、短期海外留学や海外医療研修への参加も可能

国際交流の推進を図り、学術研究および教育の活性化を目的とする「大阪薬科大学国際交流基金」を設置。この事業によって、国際交流に興味を持ち、短期海外留学や海外医療研修を希望する学生を金銭的にサポートしています。
2017年度は、35人の学生がこの制度を利用して、短期交換留学、語学研修、医療研修ツアー、学術会議発表などに参加し、貴重な体験を果たしました。

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ