きんき

近畿大学

私立大学 大阪府/奈良県/和歌山県/広島県/福岡県

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(585名)
商学科(405名)
会計学科(175名)
キャリア・マネジメント学科(175名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●社会で即戦力となるマネジメントやマーケティングの知識・スキルを身につける
●独自のプログラムで海外留学に必要な英語力の特訓を行う
●独自のインターンシップを就職活動に役立てる

ビジネスの現場に根差した実践的な学びを展開し、実社会で自ら行動する力を培います。

【キャンパス】東大阪キャンパス
【学生数】5635名(2017年5月現在)
【専任教員数】95名(2017年5月現在)
【大学院】商学研究科/商学専攻

経営学科

講義・学問分野

新興国ビジネス論、企業分析、ITビジネス論、システム設計論応用、情報システム論、健康管理概論、スポーツマーケティング論 ほか

閉じる

商学科

講義・学問分野

製品戦略論、ブランド論、生産財マーケティング、サービスマネジメント論、ホテル戦略論、フードビジネス論、海外経済事情、外国為替論 ほか

閉じる

会計学科

講義・学問分野

商業簿記、財務会計、監査基準論、会計学説史、上級工業簿記、株式会社会計、連結会計、ファイナンス論、租税法 ほか

閉じる

キャリア・マネジメント学科

講義・学問分野

キャリア形成論、コミュニケーション論、モチベーション論、経営戦略論、キャリア心理学、リーダーシップ論、財務会計、組織設計論 ほか

閉じる

学部の特色

社会で即戦力となるマネジメントやマーケティングの知識・スキルを身につける

ビジネスの現場を見学したり、メーカーと共同で商品開発を行ったりと、多彩なフィールドワークを積極的に導入しています。簿記会計や財務分析といった会計の知識やITのスキルなど、仕事に直結する学びはもちろん、ビジネスの現場で役立つ英語教育にも力を入れています。ビジネスのグローバル化に対応した実践的な学びにより、先輩たちは金融から製造、サービス業など幅広い業界に進んでいます。

閉じる

独自のプログラムで海外留学に必要な英語力の特訓を行う

「インテンシブ・インタナショナル・プログラム(IIP〈Intensive International Program〉)」は、英語をしっかりとマスターしたい人のための、経営学部独自の英語特修プログラムです。ネイティブスピーカーやバイリンガルの教員から、英語の基礎をはじめ、経営、経済、マーケティング、観光、国際ビジネスなどの講義を英語で学びます。
また、海外の大学に附属する英語学校へのセメスター(半年間)の派遣留学や、海外の大学の学部への1年間の派遣留学も可能です。

閉じる

独自のインターンシップを就職活動に役立てる

「自分は何をしたいのか、なぜこの仕事に就きたいのか」を明確にするきっかけとなるインターンシップ。一定期間、企業や組織で実習生として働き、就業体験を通して自分の道を探究。研修後に、研修日誌を提出し事後面接を受けることで単位が認定されます。また、参加後、個々の学生の課題解決を支援するなどのバックアップ体制も整っています。

閉じる

学べること

経営学科

実践的な学びの中から、生きた経営感覚を磨く

企業が利益を生み出し発展していくためには、どのような組織をつくり、どのような製品やサービスを考案し、人をどう管理すればいいのか。経営の実務感覚を身につける3コースを設置しています。
「企業経営コース」では、経営者や管理者に必要なリーダーシップやプレゼンテーション能力を高めるための演習を充実させ、起業をめざす学生にも役立つ実践カリキュラムを設置。「ITビジネスコース」では、プログラミング、データベース、システム設計などの基盤技術を体得し、ITビジネス、プロジェクトなどの企画・運営の実践によって生きた経営感覚を磨きます。「スポーツマネジメントコース」では、スポーツ科学の基礎的知識を習得し、スポーツ・健康分野のプロフェッショナルとなる上で必要なマネジメントの能力を養います。

閉じる

商学科

将来の進路に合わせた3コースで「顧客との関係」を理論的・実践的に学ぶ

ビジネスに関わる理論と実践を学ぶ本学科では、体系的な理論教育とともに、社会の先端事例を積極的に取り入れ、実践的な能力育成を行います。1・2年次に商学とマーケティングの基礎を身につけた上で、3・4年次は、将来の進路に応じて、より専門的、かつより実践的にスキルを磨くことを目的に、
「マーケティング戦略コース」「観光・サービスコース」「貿易・ファイナンスコース」からコース選択を行い、社会で役立つ知識と技能を育成します。

閉じる

会計学科

優れた経営者・管理者に必須の会計スキルを学ぶ

公認会計士試験・税理士試験や日商簿記検定にも対応したカリキュラムを編成しています。専門科目の開講にあたっては、少人数クラス編成やアクティブ・ラーニングの導入など、きめ細かな教育・学習を実現。また、会計の専門的職種をめざす学生を対象にした集中的学習プログラム(IAP)を開設しています。さらに、会計学科独自に学習室を設け、自習室として開放し、オフィスアワーなどで担当教員が学習上の相談を受け付けるなど、学生と教員の距離が近いことも大きな特徴です。

閉じる

キャリア・マネジメント学科

「人間理解」を柱に、経営資源である人材のマネジメントを学ぶ

人材マネジメントを学ぶには、まず自分自身をよく知り、働くことの意味を考える必要があります。多種多様な適性検査で自己を客観的に分析し、キャリアについての理解を深め、理論とともに企業で活躍する方々から各分野の現状を学びます。また、ビジネスサーベイ(調査)やケーススタディ、ディベートなどを取り入れ、実践に即した能力を養います。さらに、TOEIC ・TOEFL に重点を置き、世界に通用する英語能力の目標スコアの達成をめざすなど、ビジネス社会に必須の英語力を修得します。キャリア・コンサルタントや社会保険労務士など、キャリアに関する国家資格取得のためのサポートも充実しています。

閉じる

アドミッションポリシー

経営学部

経営学部は、近畿大学建学の精神に則り、ビジネスの中核を担う企画力と実行力を持つ有為な人材を育成します。このために、次のような人を幅広く受入れます。

1. 未知の領域に挑戦し、知識や技能をビジネスに活かす高い意欲を持つ人。
2. 学びへの努力を惜しまず、社会へ貢献することを自分の喜びとして行動できる人。
3. 活躍の場を広く求め、コミュニケーション能力の向上に積極的に取り組む人。

また、経営学部に入学するまでに、次の教科の内容を理解し、身につけていることが望まれます。

国  語 : 基礎的な日本語の読解力、論理的な思考に基づいた表現力
外国語 : 基礎的な語彙と構文を用いて比較的簡単な情報を理解し、考えを表現できる能力
地歴・公民 : 地理・歴史の観点から社会を理解する基礎的知識と社会の仕組みに対応していくための分析能力
数  学 : 物事を数学的に捉えて、考える能力
理  科 : 自然現象を観察する科学的態度と探求心
特別活動 : 自主的で協調的な態度と奉仕の心

経営学部は一般公募推薦入試において、国語、外国語を入試科目とすることで、日本語・外国語の読解力や論理的な思考力を有する学生を求めています。さらに、一般入試において、国語、外国語に加えて数学または地歴・公民を入試選択科目とすることで、日本語・外国語の読解力や論理的な思考力だけでなく、物事を数学的に捉えて考える能力、社会を理解する基礎的知識と社会の仕組みに対応していくための分析能力を有する学生を求めています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
入学センター
TEL.(06)6730-1124
【Eメール】nyushi@itp.kindai.ac.jp
 【URL】http://www.kindai.ac.jp/keiei/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ