近畿大学/産業理工学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

きんき

近畿大学

私立大学 大阪府/奈良県/和歌山県/広島県/福岡県

産業理工学部の詳細情報

福岡県飯塚市

学科・定員・所在地

学科・定員

生物環境化学科(75名)
電気電子工学科(65名)
建築・デザイン学科(90名)
情報学科(70名)
経営ビジネス学科(文系)(120名)

所在地

1~4年:福岡

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●文系・理系の分野を横断した実学教育を展開
●将来の職業に直結する多彩な資格が取得できる
●全国トップクラスの高い就職実績!

食品、エネルギー、環境、情報、マネジメントをキーワードに、理系と文系の魅力をあわせ持った教育で、社会に貢献する新しい発想と技術を身につけた人材を育成します。

【キャンパス】福岡キャンパス
【学生数】1653名(2017年5月現在)
【専任教員数】62名(2017年5月現在)
【大学院】産業理工学研究科(博士前期課程・博士後期課程)

生物環境化学科

講義・学問分野

環境化学演習、バイオ分析化学、遺伝子工学、食品保存学、環境材料化学、環境計量学、環境とバイオの統計学、固体化学 ほか

閉じる

電気電子工学科

講義・学問分野

電磁気学、電気回路、制御工学、パワーエレクトロニクス、情報通信工学、論理回路、プログラミング、組込み制御 ほか

閉じる

建築・デザイン学科

講義・学問分野

建築法規、環境とデザイン、近現代建築論、都市計画、建築設備の基礎、環境とデザイン、施工法、建築設計 ほか

閉じる

情報学科

講義・学問分野

ソフトウェア開発・展開、ネットワークセキュリティ、情報と符号の理論、知識工学演習、多変量解析、ゲームとシナリオのデザイン ほか

閉じる

経営ビジネス学科(文系)

講義・学問分野

経営管理論、比較経営論、NPOマネジメント論、アジア社会文化論、流通システム論、会計学、管理会計論、都市経営論 ほか

閉じる

学部の特色

文系・理系の分野を横断した実学教育を展開

本学部は、文系1学科と理系4学科の魅力をあわせ持つ、実践的なカリキュラムを設置。学びのキーワードを「食品」「エネルギー」「環境」「情報」「マネジメント」とし、文系・理系を問わない分野を横断的な学びにより、さまざまな領域の専門分野に触れ、その後の進路の幅を広げることが可能です。
また、導入セミナー、クラス担任制度、オフィスアワーなど、 少人数できめ細やかな指導を1年次から全学年で実施し、 個々の力を伸ばす教育体制を整えています。

閉じる

将来の職業に直結する多彩な資格が取得できる

本学部では、卒業時に食に関する国家資格や技術者資格が取得できるほか、在学中に本学指定の資格を取得すると年額30万円から3万円の奨学金を給付します。
将来の進路としては、食品、医薬品、化粧品、ハイテク素材、科学機器、健康・医療材料等の研究・製造・管理から流通販売まで幅広く、さらには環境分析、エネルギー関連業種において民間から官公庁まで幅広い進路選択が可能となります。

閉じる

全国トップクラスの高い就職実績!

近畿大学のスケールメリットと、就職専門スタッフによる個人の適性に合わせたきめ細かいサポートが特長です。
2017年3月卒業生に対する求人社数は14,235社で、学生一人あたりの求人社数は46社。就職率は97.4%で、就職者の多くが上場・優良企業、公務員に決定しています。
※本学部の就職率は、就職希望者に対する割合ではなく、大学院進学者のみを除く全卒業者に対する割合です。(就職率97.4%=就職者304名÷[全卒業者336名-大学院進学者24名])

閉じる

学べること

生物環境化学科

医薬、食品、環境、新素材、環境・エネルギー分野での活躍をめざす

「バイオサイエンス」「食品生物資源」「エネルギー・環境」の3コースを設置。基礎から高度な専門分野までを学修できるだけでなく、調査研究・発表・討論形式の演習が多く、コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力も同時に養うことができます。
また、遺伝子操作や微生物・がん細胞の培養検査、化学物質の合成、分析試験などの実験科目も充実。最先端の設備・機器が揃う環境で、技術者・科学者としての先進的スキルを身につけることができます。さらに、卒業時には食品衛生に関する国家資格の取得が可能です。

【授業・講義】
食品衛生学

食の安全を守るため、食品の成分と劣化・汚染などを科学的見地に立って学び、食中毒を起こす病原体や食品添加物などの健康への影響について幅広く学習します。

閉じる

電気電子工学科

暮らしを支えるエレクトロニクス技術を学ぶ

「応用エレクトロニクス」「エネルギー・環境」「情報通信」の3コースを設置。電気工学の分野では、電気を発生し送る技術や車にも利用されているモータ技術、環境にやさしい電力制御技術など、また電子工学の分野では、スマートフォンやパソコンに内蔵されている電子回路に関する技術やセンサ技術などを学びます。さらに情報・通信工学の分野では、コンピュータの構成と動作原理、それを動かすためのプログラミング技術、光や無線を用いた通信技術などを習得します。

【授業・講義】
エネルギー環境システム

快適な現代社会を支えるためには不可欠となっているエネルギーについて、電気エネルギーと現代社会・環境問題について学びます。

閉じる

建築・デザイン学科

「モノづくり」の視点を持った建築家・デザイナーへ

「建築工学」「建築・デザイン」の2コースを設置。建築構造、建築環境、建築生産、建築設計に加え、デザイン分野の演習では、第一線で活躍するプロが直接指導を行います。また、自分のつくりたいもの、つくったものを相手により良く伝えるための手法を身につけるため、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力など、総合的なプロデュース能力も磨きます。
木工室・金工室を同時に備える全国的にも珍しい施設・設備があり、意欲的にものづくりに取り組む環境が整っています。

【授業・講義】
視覚表現演習

華やかで持ち運びしやすいフラワーボックスを、学生がデザインし、企業との協力で商品化するなど、より実践的なデザイン力を身につけます。作品が採用されることで、やる気向上にもつながっています。

閉じる

情報学科

情報を“科学的に扱う能力”を養う

「情報エンジニアリング」「メディア情報」「データサイエンス」の3コースを設置。ネットワークやシステム開発に関する最先端のIT技術をはじめ、スマートフォンアプリの開発や、音楽、デジタル映像といったメディア・コンテンツの制作に関する知識・技術、リッチなWebコンテンツの企画・設計スキルなどを習得します。
中でも、膨大なデータから必要な情報を抽出して企業活動などに活用するデータサイエンスに関する学びを、全国的にも早くから導入しており、社会に求められる最先端の技術を習得することができます。

【授業・講義】
データベース

データベースの設計ができなければアプリをつくることはできません。情報システムの中核であるデータベースの理論から基本性能、実際の構築方法までを学びます。

閉じる

経営ビジネス学科(文系)

あらゆる組織で必要なマネジメント力を身につける

「経営マネジメント」「グローバル経営」の2コースを設置。経営学や会計学、マーケティング、人間工学、外国文化などの専門分野を、経済界の第一線でキャリアを積んだ実務経験豊富な教員たちが指導します。
また、1年次からフィールドワークやグループワークを取り入れた実践的な講義を展開。学生自身が自ら課題を見つけ、問題解決を行う形式の講義が多く、未来を切り開くために必要不可欠な問題発見能力や問題解決能力を養います。

【授業・講義】
地域ビジネス論

地域の資源を生かした独自の製品やサービスを提供する中小企業や、社会的な問題の解決にビジネスを通じて取り組む企業を対象とし、そのビジネスの仕組みや可能性について学びます。

閉じる

アドミッションポリシー

産業理工学部

産業理工学部は、近畿大学建学の精神に則り、実学教育のもとに技術に偏らずコミュニケーション能力を持ったフロンティア人材を育成します。このために、次のような入学者を受入れます。

1. 産業理工学部での履修に必要な基礎学力を有し、学修の遂行に意欲を持つ人。
2. 人間と社会を意識し、これからの新しい社会を築くことに対して関心を持つ人。
3. ものごとを総合的に捉える視点を身につけたい人。
4. 目標に向けて協力して行動することができる人。
5. 産業理工学部の教育理念に共感する人。

また、産業理工学部に入学するまでに、次のようなことを身につけていることが望まれます。

国  語 : 基礎的な読解力、表現力、論理的な思考力
外国語 : 基礎的な英文の内容が理解でき、目的に応じて英語で表現できる能力

なお、数学、理科、地歴・公民については、学科ごとに理解しておくべき基礎的な内容を定めています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】福岡県飯塚市柏の森11-6
入試係
TEL.(0948)22-5655
FAX.(0948)23-0536
【Eメール】nyushi@fuk.kindai.ac.jp
 【URL】http://www.fuk.kindai.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ