×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

してんのうじ

四天王寺大学

私立大学 大阪府

人文社会学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

日本学科(100名)
国際キャリア学科(90名)
社会学科(160名)
人間福祉学科/健康福祉専攻(70名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●他者と協調し、社会貢献できる力を身につける
●コース・専攻別の学びで 将来に直結する知識を身につける
●培った教養で将来の選択肢を増やせる

「国語力」をしっかりと高めつつ、日本に関する知識を幅広く学ぶ「日本学科」、留学、語学研修、インターンシップなど、目的に合わせた海外体験を通し、英語力+αの力を身につける「国際キャリア学科」、人間・社会、地域・メディア、心理、歴史の4コースから興味にあわせて学修できる「社会学科」、社会福祉士・精神保健福祉士をめざし、相談援助の専門家を養成する「人間福祉学科 健康福祉専攻」を設置しています。

【学生数】1804人(2018年5月現在)
【専任教員数】46人(2018年5月現在)
【大学院】人文社会学研究科/人間福祉学専攻(博士前期・後期課程)

日本学科

講義・学問分野

古典、書道、書道史、日本語学、日本語文法、漢文学、日本文化史、日本文化論、サブカルチャー論、映像文化論 など

閉じる

国際キャリア学科

講義・学問分野

英語圏文化概説、アジア文化概説、国際関係論、国際経済学、貿易理論、英米文化論、英文法、中国語会話、英語学、英国史、米国史 など

閉じる

社会学科

講義・学問分野

社会学概論、社会調査法、標本調査法、基礎統計学、社会統計学、社会病理学、法学、心理学基礎実験、犯罪心理学、マス・メディア論 など

閉じる

人間福祉学科/健康福祉専攻

講義・学問分野

現代社会と福祉、公的扶助、地域福祉、社会保障、就労支援、精神保健福祉論、ケアマネジメント論、障害者スポーツ研究、福祉心理学、ボランティア論、福祉住環境論 など

閉じる

学部の特色

他者と協調し、社会貢献できる力を身につける

本学部では、仏教精神を体得し、「自分を知る」ことと同時に「他者に対する理解」を深める教育を実践。
さまざまな課題を解決するために必要な精神力と探究力を培い、他者と協調しながら社会に貢献できる「人間力」を持った人材を育成します。

閉じる

コース・専攻別の学びで 将来に直結する知識を身につける

国語力を鍛え、日本を幅広く理解する「日本語・日本文学」「文化・歴史・観光」「現代文化」の3コー
スで学べる「日本学科」、英語力に加えビジネス知識や国際センスも身につける、「国際ビジネ
ス」「国際理解・協力」「英語・英語教育」の3コースで学べる「国際キャリア学科」、「人間・社会」「地域・メディア」「心理」「歴史」の4コースで学べる「社会学科」、福祉のスペシャリストをめざし、「医療福祉」「こども家庭」「福祉マネジメント」「公共福祉」の4コースで学べる「人間福祉学科 健康福祉専攻」を設置しています。

閉じる

培った教養で将来の選択肢を増やせる

目標とする進路
【日本学科】
中学校教諭(国語)、高等学校教諭(国語・書道)、日本語教員、国内旅行業務取扱管理者、ツアーコンダクター(旅程管理主任者)、コピーライター、出版・雑誌編集者、放送ディレクター、広告プランナー など

【国際キャリア学科】
外資系企業(銀行、薬品業界、ホテル、航空業界、貿易商社等)、通訳・翻訳業、ツアーコンダクター、中学校教諭(英語)、高等学校教諭(英語)、公務員 など

【社会学科】
流通(小売・卸売)業界、各種メーカー、金融(銀行・保険等)業界、不動産・建築、旅行・運輸・通信業界等の一般企業、マスコミ(新聞・放送・出版)、中学校教諭(社会)、高等学校教諭(地理歴史・公民)、警察官、消防官、公務員 など

【人間福祉学科 健康福祉専攻】
病院、児童養護施設、児童発達支援センター、介護老人保健施設、社会福祉協議会、児童相談所・福祉事務所(公務員・社会福祉専門職)/家庭裁判所(国家公務員)、高等学校教諭(福祉・公民) など

閉じる

学べること

日本学科

「国語」と「日本」のプロフェッショナルをめざす

国語力を徹底して鍛え、日本について広く学べる独自のカリキュラムを編成。将来の目標に沿って科目を自由に組み合わせて学ぶことが可能です。

〈日本語・日本文学コース〉
日本語学や古典・近現代文学を学び、国語教員などをめざすために必要な素養・知識を修得します。

〈文化・歴史・観光コース〉
伝統文化・芸能や日本史、観光学など幅広い科目から自由に学び、公務員や観光産業などをめざします。

〈現代文化コース〉
現代日本の文化の観察・分析を通して日本の「今」を学び、マスコミ・広告業界などをめざします。

閉じる

国際キャリア学科

本物の語学力とコミュニケーション能力を身につけ、国際社会で活躍できる人材に

学生一人ひとりの夢の実現をさらに強くサポートする「コース制」を導入。1年次は、幅広い教養や国際理解の基礎知識を学ぶことで自身のキャリアについて考え、将来像を明確にし、2年次からは3つのコースからいずれかを選択し、専門的な学びを深めていきます。

〈国際ビジネスコース〉
経済学や経営学、会計学などを専門的に学ぶほか、国内外の企業で活躍するための高度な英語運用ができる語学力やマネジメント力を修得します。

〈国際理解・協力コース〉
国際関係や政治、環境問題、各国の文化・社会・歴史を専門的に学ぶことで、異文化への理解を深め、将来はNPOやNGO、国際協力関連機関で活躍するための実践力を養成します。

〈英語・英語教育コース〉
独自の教員養成プログラムを実施。教員採用試験に向けた対策講座を受講し、中学校・高等学校の英語教員をめざします。

閉じる

社会学科

「自分を知る」「人とつながる」「世界に生きる」。人と社会につながるコミュニケーション能力を磨く

4つのコースから自由に科目を組み合わせて学ぶことができ、高い専門性と広い視野を身につけます。
少人数制のゼミでは、発表や報告、討論などを繰り返し経験し、実社会に不可欠なコミュニケーションやプレゼンテーションのスキルを磨きます。

〈人間・社会コース〉
社会的なものの見方や考え方、調査資料・データの収集や分析の方法を学び、社会学の基本を理解します。

〈地域・メディアコース〉
ローカルからグローバルまで、人と人とのつながりから社会や文化を読み解く力を養います。

〈心理コース〉
自分や周囲の人の心と行動の原理を知ることで、人間関係に対処する力を身につけます。

〈歴史コース〉
さまざまな時代の歴史的な事実を分析・解明していくことで、幅広い角度から物事を捉える視野を身につけます。

閉じる

人間福祉学科/健康福祉専攻

専門知識と技術を身につけ「相談援助の専門家」になる

社会福祉士、精神保健福祉士をはじめ、さまざまな資格取得が可能なカリキュラムを編成。4つのコースを設置し、“相談援助の専門職”や“福祉の心をもった社会人”として活躍する人材の育成をめざします。
本学の関連法人である四天王寺福祉事業団との緊密な連携のもと、高齢者施設、母子・女性福祉施設、障がい児・障がい者福祉施設などにおける、充実した実習プログラムを展開しています。

〈医療福祉コース〉
社会福祉士、精神保健福祉士の国家資格を取得し、医療相談員として医療機関で働くことをめざします。

〈こども家庭コース〉
社会福祉の相談員、ソーシャルワーカーとして児童やその家庭を援助することをめざします。

〈福祉マネジメントコース〉
ソーシャルワーカーとして社会福祉施設などで働き、利用者の相談や地域づくりなどの業務に就くことをめざします。

〈公共福祉コース〉
都道府県での社会福祉政策、市町村での生活保護の相談など、役所などの行政機関で働くことをめざします。

閉じる

アドミッションポリシー

日本学科・国際キャリア学科

●日本学科
日本学科は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような資質・能力、目的意識をもった人物を求めます。
(1)中学・高校における「国語」や「書道」、「日本史」や「地理」等の科目の基本的な内容を理解していること
[求める要素:知識・技能、思考力・判断力、表現力]
(2)日本について知り、日本語の表現を活用して情報を発信する能力を身に付けることを希望すること
[求める要素:知識・技能、思考力・判断力、表現力]
(3)日本文化に関する幅広い知識を学び、これを分析することによって主体的に課題を解決することに取り組む意志を持つこと
[求める要素:主体性・多様性・協働性]
(4)日本人の心性を理解するとともに異文化への理解力を身に付け、他者と協同して課題を解決することに取り組む意思を持つこと
[求める要素:主体性・多様性・協働性]
(5)将来、中学高校「国語」・高校「書道」の教員、外国人に日本語を教授する日本語教員、博物館学芸員課程で得られる知識をいかした職業をめざしていること。あるいは、観光・文化・教育・出版・広告などの一般企業等に就職し、日本についての知識と日本語表現力をいかして活躍することをめざしていること
[求める要素:関心・意欲・態度]

●国際キャリア学科
国際キャリア学科は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような資質・能力、目的意識をもった人物を求めます。
(1)豊かな人間性を身に付け、広い視野を持って国際社会で前向きに生きていこうとする強い意欲を持つことができること
[求める要素:関心・意欲・態度]
(2)本学科の専門分野を学ぶために、英語に関して高等学校等で修得すべき基礎学力を有し、思考を深めて他者に表現できること
[求める要素:知識・技能、思考力・判断力、表現力]
(3)言語の背後にある文化・歴史・政治・経済等の多様な要素に興味を持つことができること
[求める要素:関心・意欲・態度、知識・技能]
(4)異文化に興味を持ち、海外体験の実現を通じて、自己研鑽に努めることができること
[求める要素:関心・意欲・態度、主体性・多様性・協働性]
(5)現代の国際関係に関心を持ち、そこに存在する課題を発見し、その解決法を探ることができること
[求める要素:関心・意欲・態度、思考力・判断力]
(6)英語教員をめざす人は、国際的視野を持った英語教員になる意思を有し、そのための努力ができること
[求める要素:関心・意欲・態度、知識・技能]

閉じる

社会学科・人間福祉学科 健康福祉専攻

●社会学科
社会学科は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような資質・能力、目的意識をもった人物を求めます。
(1)人間や社会、地域やメディア、心理、歴史に関するさまざまなテーマについて深い興味関心があること
[求める要素:関心・意欲・態度]
(2)あたり前のものの見方を疑い、さまざまな角度からものごとをとらえようとすること
[求める要素:思考力・判断力、表現力]
(3)社会学科の学びに必要な読解力や論理的思考力、表現力を有すること
[求める要素:知識・技能、思考力・判断力、表現力]
(4)個人や社会に関するさまざまな課題に対して、他者と協働しながら積極的に取り組んでいく意欲があること
[求める要素:主体性・多様性・協働性]

●人間福祉学科 健康福祉専攻
人間福祉学科健康福祉専攻は、「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー)、「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるための条件として、具体的には次のような資質・能力、目的意識をもった人物を求めます。
(1)他人の話に耳を傾けることができること
[求める要素:関心・意欲・態度]
(2)少子高齢化など社会的問題に関心を持っていること
[求める要素:関心・意欲・態度]
(3)相談援助の知識や技能を高めようとする目標を持っていること
[求める要素:知識・技能、思考力]
(4)違う価値観の人と協働して、物事に取り組むことができること
[求める要素:主体性・多様性・協働性、思考力・判断力、表現力]
(5)ボランティアなどの活動に関わり実践から学ぼうとする意欲があること
[求める要素:主体性・多様性・協働性]

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】大阪府羽曳野市学園前3-2-1
入試・広報課(072)956-3183
 【URL】http://www.shitennoji.ac.jp/ibu/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ