×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

そうあい

相愛大学

私立大学 大阪府

音楽学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

音楽学科/演奏コース/声楽専攻(一括募集100名)
音楽学科/演奏コース/ピアノ専攻(一括募集100名)
音楽学科/演奏コース/創作演奏専攻(一括募集100名)
音楽学科/演奏コース/オルガン専攻(一括募集100名)
音楽学科/演奏コース/管楽器専攻(一括募集100名)
音楽学科/演奏コース/弦楽器専攻(一括募集100名)
音楽学科/演奏コース/打楽器専攻(一括募集100名)
音楽学科/演奏コース/古楽器専攻(一括募集100名)
音楽学科/音楽文化創造コース/作曲専攻(一括募集100名)
音楽学科/音楽文化創造コース/音楽学専攻(一括募集100名)
音楽学科/音楽文化創造コース/音楽療法専攻(一括募集100名)
音楽学科/音楽文化創造コース/アートプロデュース専攻(一括募集100名)
音楽学科/特別演奏コース(一括募集100名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●年間100回以上の演奏会を通して「聴き手に届く音楽」を磨く
●第一線で活躍するプロの指導により技術と個性を磨く
●オーダーメイド専攻システムでスキルアップをめざす

プロの音楽家として活躍する一流の教授陣による指導のもと、専門分野に分かれて演奏技術を磨くとともに感性豊かな音楽人を育てる演奏コース。作曲家を育成する作曲専攻に加え、音楽を学術的視点から学ぶ音楽学専攻、医療・福祉分野での活躍をめざす音楽療法専攻、音楽業界への就職をめざすアートプロデュース専攻を設ける音楽文化創造コース。そして、特別演奏コースを加えた3コースを設置。ハイレベルな学びを通して、多彩な夢を実現します。

【キャンパス】南港学舎
【学生数】299人(2020年5月1日現在)
【専任教員数】20人(2020年5月1日現在)
【専攻科】音楽専攻科

音楽学科/演奏コース/声楽専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、専攻実技、日本歌曲研究、オラトリオ・カンタータ研究、オペラ演習、ミュージカル演習、童謡・唱歌研究、イタリア語会話 ほか

閉じる

音楽学科/演奏コース/ピアノ専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、専攻実技、伴奏法、ピアノ室内楽、ピアノ教授法、アンサンブル演習、演奏研究、指導基礎演習、ピアノ教材研究、ピアノ指導法研究 ほか

閉じる

音楽学科/演奏コース/創作演奏専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、専攻実技、創作演奏基礎演習、スコア制作演習 ほか

閉じる

音楽学科/演奏コース/オルガン専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、専攻実技、オルガン基礎理論 ほか

閉じる

音楽学科/演奏コース/管楽器専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、専攻実技、オーケストラ、管弦打楽器アンサンブル演習 ほか

閉じる

音楽学科/演奏コース/弦楽器専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、専攻実技、オーケストラ、管弦打楽器アンサンブル演習 ほか

閉じる

音楽学科/演奏コース/打楽器専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、専攻実技、オーケストラ、管弦打楽器アンサンブル演習 ほか

閉じる

音楽学科/演奏コース/古楽器専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、専攻実技、鍵盤実技、古楽器研究 ほか

閉じる

音楽学科/音楽文化創造コース/作曲専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、コンピュータ・ミュージック、専攻実技、現代音楽概説、ポピュラー・ミュージック概説、音楽情報処理 ほか

閉じる

音楽学科/音楽文化創造コース/音楽学専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、音楽学概説、音楽構造研究、楽書講読、音楽の歴史と文化、音楽学演習 ほか

閉じる

音楽学科/音楽文化創造コース/音楽療法専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、音楽療法の基礎、音楽療法各論、音楽療法概論、臨床心理学、声楽演習、臨床即興、医学概論 ほか

閉じる

音楽学科/音楽文化創造コース/アートプロデュース専攻

講義・学問分野

音楽キャリアデザイン、音楽総合研究、楽曲分析、作・編曲法、コンピュータ・ミュージック、アートプロデュース概説、レコーディング・エディット、芸術企画研究、音響学、アートプロデュース演習、ミュージックデザイン ほか

閉じる

音楽学科/特別演奏コース

講義・学問分野

特別演奏実習、演奏会演習、専攻実技 ほか

閉じる

学部の特色

相愛オーケストラ

年間100回以上の演奏会を通して「聴き手に届く音楽」を磨く

相愛オーケストラの定期演奏をはじめ、アンサンブルやソロなど幅広い編成で演奏します。舞台もコンサートホールや学校、寺院や病院などさまざま。数多くの本番経験を積みながら「聴き手に届く音楽」を追求します。

閉じる

一流の音楽家による指導

第一線で活躍するプロの指導により技術と個性を磨く

本学の指導陣は、国内外でのコンクール受賞歴や、著名なオーケストラの首席奏者経験などを持つ一流演奏家や研究者がそろっています。優れた教育者でもある指導陣から、丁寧で質の高い指導を受けるなかで、技術と個性を磨いていきます。

閉じる

実践的な学びを実現

オーダーメイド専攻システムでスキルアップをめざす

「主専攻」をしっかり学びながら、知識やスキルの幅を広げる「パーソナルプログラム」と、新しい分野が学べる「副専攻」を選べるシステム。自分の将来像と重ね合わせながら多角的に学ぶことで、卒業後の活動の幅を広げます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

音楽学科/演奏コース/声楽専攻

オペラ、ソロ、合唱、あらゆる歌の歌い手に

オペラの本場イタリアの客員教授や第一線で活躍する音楽家から、ハイレベルできめ細かい歌唱指導を受けられます。相愛オーケストラとの共演(学内選考あり)や、海外の提携校への留学も可能。多様な歌を届けられるよう、海外の歌曲だけでなく、日本の歌曲や童謡、唱歌なども学びます。

【授業・講義】
歌曲研究・演習

イタリア、日本、ドイツ、フランスの歌曲研究と童謡唱歌、ミュージカル、オラトリオ・カンタータ。学びたい分野を選んで専門的に学べます。歌唱技術を高めるのはもちろん、声楽家としてレパートリーを広げることができます。

閉じる

音楽学科/演奏コース/ピアノ専攻

めざす将来像にあわせて3課程から選択し、学びを深める

「ピアノ演奏課程」「ピアノ・アドヴァンス課程」「ピアノ指導者課程」の中から1課程を選択。ソリストや伴奏者、ピアノ指導者など、自分がめざす将来像にあわせ、選んだ課程で研鑽を重ねます。相愛オーケストラとの共演や学内外での演奏会など、さまざまな編成による本番の機会が多いのも魅力のひとつ。海外提携校への留学も可能です。

【授業・講義】
伴奏法 I

声楽伴奏と器楽伴奏を半期ずつ、バランスよく学びます。アンサンブルの実践を通して、正確な演奏はもちろん、楽曲や歌詞の理解や、共演ピアニストとしての役割を研究。バランス感覚や洞察力に優れた伴奏者をめざします。

閉じる

音楽学科/演奏コース/創作演奏専攻

自由な発想で音楽を作り出し、音楽の可能性を広げる

第一線で活躍する指導陣からていねいで質の高い指導を受けられます。幅広いジャンルの音楽を、演奏・作曲・編曲する力を磨きます。演奏する楽器は電子オルガンかピアノのどちらかを選択。演奏者としての実力を高めながら、自分で創作活動もできるクリエーターやアレンジャーをめざします。

【授業・講義】
作品研究 I

電子オルガンまたはピアノを用いて自ら曲をつくり、他の楽器と演奏します。興味のあるジャンルを選び、アレンジやバランスを研究し、他の楽器との調和を追い求めながら仕上げるという一連のプロセスを通して、創作力を身に付けます。

閉じる

音楽学科/演奏コース/オルガン専攻

多様な表現力を身に付ける

日本の教育機関でも有数の恵まれた演奏環境が本専攻最大の魅力。世界的に有名なドイツのカール・シュッケ社製のパイプオルガンを日常的に演奏できることがその一例です。バロック音楽の歴史や文化的背景も学びながら、基礎からじっくりと演奏技術を習得します。

【授業・講義】
オルガン基礎理論 I A

前半はパイプオルガンの構造やストップ(音色を選ぶスイッチのようなもの)、基本的なレジストレーション(音色の組み合わせ)などを学びます。後半はオルガン音楽の歴史や、国や地域、時代による楽器の構造や楽曲の特徴を研究します。

閉じる

音楽学科/演奏コース/管楽器専攻

豊富な演奏の機会を通して演奏力を高める

金管・木管あわせて10数種類の楽器の中から専門とする楽器を選び、演奏技術を磨きます。ソロだけでなく、アンサンブルやオーケストラなど、さまざまな編成による演奏の機会を豊富に設置。 個人の演奏力を高められるのはもちろん、協調してひとつの音楽を完成させる力も身に付けることができます。

【授業・講義】
オーケストラA

管弦楽、弦楽、ウインド・オーケストラなどの編成で演奏に取り組みます。「オーケストラ教育プログラム」にもとづいた「分奏」をベースに、曲の全体像を把握し、指揮者の音楽的要求を理解しながら、合奏でひとつの曲をつくりあげる技術を磨きます。

閉じる

音楽学科/演奏コース/弦楽器専攻

ソロからオーケストラまで対応できる高い演奏技術と表現力を磨く

専攻する楽器ごとに異なるカリキュラムや、一人ひとりにあわせたきめ細かい指導が特徴です。ソロや室内楽、オーケストラといったさまざまな編成で演奏する機会も豊富にあり、相愛オーケストラの一員として半年かけて一曲をつくりあげることも。個性も際立つ優れた演奏家をめざします。

【授業・講義】
専攻実技 I(管弦打楽器)

教員とマンツーマンでのレッスンで、古典から現代まで幅広い作品に取り組み、演奏技術を高めます。基礎練習を日課とし、どんなに些細な問題点でもひとつずつ解決していく「継続する力」が求められます。

閉じる

音楽学科/演奏コース/打楽器専攻

ジャンルも演奏法も幅広い。研ぎ澄まされた音を届ける

楽器そのもののジャンルが幅広い「打楽器」。大きく分けて膜質打楽器、金属打楽器、木質打楽器、鍵盤打楽器があり、指導陣はそれぞれのスペシャリストがそろっています。幅広い分野の演奏法を学び、技術を高めます。さまざまな編成による演奏経験を通して確かな表現力を身に付けます。

【授業・講義】
管弦打楽器アンサンブル演習A

木管楽器、金管楽器、弦楽器、打楽器などのグループに分かれ、アンサンブルの基礎から学修。さまざまな編成のアンサンブルに対応できる技術とともに、グループ活動での協調性や対話力も伸ばします。

閉じる

音楽学科/演奏コース/古楽器専攻

演奏経験を重ね、バロック音楽の担い手に

ヨーロッパ宮廷文化で花開いたバロック音楽。学術的な希少価値も高く、卒業後は演奏家だけでなく、研究者としての活躍も期待できます。また、海外提携校への留学も可能。楽器の種類も幅広く、ソロやアンサンブルでの演奏経験を重ねることで、音楽表現の可能性をさらに広げられます。

【授業・講義】
古楽器研究 I

バロック時代に活躍した、リコーダーやヴィオラ・ダ・ガンバ(弦楽器)を中心に演奏します。基本的な奏法を身に付けながら旋律と通奏低音との合奏を経験し、当時の音楽にみられた装飾音に対する感覚を磨きます。

閉じる

音楽学科/音楽文化創造コース/作曲専攻

理論と実践を結びつけて、心に届く曲を生み出す

1年次で作曲に関する基礎理論と実技を学び、2年次に「芸術作曲課程」「メディア作曲課程」「コンピュータ作曲課程」から1つを選択。ひとくちに「作曲」といっても「ジャンル」はさまざまで、学ぶ「技法」にも大きな違いがあります。自分がつくりたい曲の方向性に合った課程を選び、専門性や創造性を磨きます。

【授業・講義】
管弦楽法

ストリーミング配信されるポップスやロック、ドラマや映画の音楽など、あらゆる音楽ジャンルの基本になる「オーケストラの響き」。全ての楽器が調和し、壮大に広がる響きをつくりあげるために、全ての楽器のしくみや音色を理解します。

閉じる

音楽学科/音楽文化創造コース/音楽学専攻

音楽の魅力を探究し、音楽の本質に迫る

音楽についてのあらゆるモノ・コトを研究する分野である「音楽学」。たとえば、「西洋音楽の歴史」「現代の映画音楽産業」「宗教と音楽の結びつき」といったテーマについて、歴史学、経済学、社会学などの多様な切り口から研究します。音楽について「つくり手」「聴き手」「弾き手」などの視点から分析することで、音楽の魅力を探究し、その本質に迫ります。

【授業・講義】
音楽の歴史と文化A

ヨーロッパ音楽を、歴史的および文化的な手法を用いて分析します。9世紀ごろに発祥した楽譜「ネウマ譜」をはじめ、さまざまな時代の楽譜を読み解きながら、それぞれの作品の位置づけや、当時そして後世に及ぼした影響などを考察します。

閉じる

音楽学科/音楽文化創造コース/音楽療法専攻

医療・福祉・教育の現場で、音楽療法士に求められる力を身に付ける

進む高齢化やストレスを抱える人たちの増加などにより、ますます関心が高まる「音楽療法」。医療・福祉・教育の現場で、音・音楽を通して病気や障害のある人たちの機能回復や改善、心身の健康などを支援します。「音楽療法士」の資格取得に向けたカリキュラムも完備。理論を体系的に学びながら、現場実習を通して理解を深めます。

【授業・講義】
臨床即興 I

音楽療法には、他者と交流する手段として臨床における即興が必要です。そのような即興による音・音楽づくりをしながら、音楽療法士としての感性を養います。

閉じる

音楽学科/音楽文化創造コース/アートプロデュース専攻

幅広い音楽の知識を身に付け、アーティストと観客の架け橋に

社会学や経営学の観点をとりいれながら、音楽を届けるイベントの企画・制作・運営や舞台業務のマネジメントといった「アートプロデュース」を学びます。録音スタジオや実習室で、音響や照明、レコーディングなどの技術を身に付けます。音楽を支え、届ける「アーティストとオーディエンスの架け橋」となる存在をめざします。

【授業・講義】
アートプロデュース概説

日本のアートマネジメントにおける「実演団体」「公立文化施設」「推進支援組織」といった担い手が、どのようなミッションのもとで活動しているのかを学びます。

閉じる

音楽学科/特別演奏コース

技術と表現力を高め、世界で活躍できる演奏家に

「声楽専攻」「ピアノ専攻」「管弦打楽器専攻」において、実技が特に優れた学生を対象とした「特別演奏コース奨学生」制度を整備。コンクール受賞歴など所定の条件を満たした学生は、4年間の授業料・維持費・施設費を免除します(面接試験あり)。技術と表現力を高めることに集中できる環境で、世界で活躍できる演奏家をめざします。

【授業・講義】
演奏会演習(管弦打)

南港ホールや本町講堂などで、約50分の公開演奏会を開催します。プログラムの選定や曲の練習だけでなく、演奏会の準備全般を主体的に実践。聴衆に向け、周到に準備された演奏を届けることで、演奏家としての資質を磨きます。

閉じる

アドミッションポリシー

音楽学部が求める学生像

音楽学科は、音楽的技術の習得にとどまらず、感性豊かで優れた音楽家、音楽教育者、音楽研究者などの専門家や音楽文化と産業の振興に貢献できる人材の育成をめざします。この目的を達成するため、入学者に求める力は次の通りです。

知識
1. 高等学校卒業相当の知識を有している。
2. 高等学校までの履修や個別の学習により、音楽に関する基礎的知識を有している。
※演奏系専攻をめざす人には、基礎的演奏技術を重視する。

関心・意欲
3. 優れた音楽家、音楽教育者、音楽研究者、音楽企画者などの専門家をめざす。
4. 音楽の社会的貢献に関心を持ち取り組む意欲がある。

態度
5. 個々の専攻だけでなく充分な音楽知識と音楽分野での広い視野を求めようとする態度を有している。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】大阪市住之江区南港中4-4-1
入試課(南港学舎)
(06)6612-5905(直)
 【URL】https://www.soai.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ