×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

はんなん

阪南大学

私立大学 大阪府

流通学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

流通学科(230名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●1年次から始まる少人数ゼミと3つのコースで専門分野を深く学ぶ
●ビジネスの現場でさまざまなプロジェクトを実践
●ゼミナール大会でビジネス実践力を修得する

ビジネスのしくみの基礎を学び、「ブランド・マーケティング」「サービスマネジメント」「スポーツマネジメント」の専門性の高い3つのコース別に人間性豊かなビジネスパーソンを育成します。

【学生数】1049人(2020年5月1日現在)
【専任教員数】23人(2020年5月1日現在)

流通学科

講義・学問分野

ブランド・マーケティングコース
サービスマネジメントコース
スポーツマネジメントコース

閉じる

学部の特色

フィールドワークなど実践的な学びが充実

1年次から始まる少人数ゼミと3つのコースで専門分野を深く学ぶ

初年次教育では、少人数ゼミである「プレゼミ」を開講し、大学生活入門と友達づくりをサポートします。また2年次以降の専門科目の基礎となる「ビジネス入門」「流通学入門」のほか、知識と教養を培う語学や情報など多様な一般教育科目を配置しています。
2年次よりコースを選択し専門性を絞り込んだ学習をスタート。各コースに配置された専門科目を選択してより深く学びます。同時に専門ゼミ(専門演習)に全員が所属し、4年間を通してきめ細かな学習支援体制を実施しています。

閉じる

ビジネスの現場でさまざまなプロジェクトを実践

ビジネスの現場に足を運んで話を聞き、そこで得た知識をもとにさまざまなプロジェクトを実践していくのが本学部の学びです。さまざまな企業や現場を訪問するフィールドワークでは、流通システムやマーケティング戦略を学び、ビジネスのしくみを理解します。身に付けた知識を生かし、ファッションショーやスポーツイベントの企画・運営、海外ボランティアなどを実践。企画・運営能力やコミュニケーション能力を磨きます。

閉じる

エキスポシティの新たなビジネスの可能性を探る

ゼミナール大会でビジネス実践力を修得する

ビジネス上の企画推進メンバーとしての力を付けるために、ゼミ対抗で大会を開催。ゼミのメンバーと“課題”を分析し、資料を集め、議論し、アイデアを出し合います。大会への準備過程で分析力、理論の展開法、プレゼンテーション力などが身に付きます。この経験が就職後の社会で役立ったという先輩が多数います。

閉じる

学べること

流通学科

企業活動の現場に触れながら実践的に学ぶ

●ブランド・マーケティングコース
ファッションやブランドを中心に、マーケティングを通して「売れるしくみ」のためのさまざま企業活動を「理論と実践」で学びます。大型商業施設やアパレル企業、セレクトショップなどへのフィールドワークからはビジネスの裏側に潜むリアルな実態が見えてきます。卒業生は海外ハイブランド企業から日本を代表するアパレルやセレクトショップを中心にさまざまな流通関連企業で「即戦力」として活躍しています。また、インテリアや商業空間計画からブランドビジネスを学べる科目も設置しています。

●サービスマネジメントコース
サービス産業におけるビジネスリーダーの育成をめざし、さまざまな知識とスキルを総合的に学ぶコースです。社会ニーズに合わせたサービス、ブライダル、フード、ホスピタリティなどのマネジメント科目を導入し、どのような経営課題があり、どうように解決するのかを知ることができます。サービス産業の幅広い業界で活躍できる人材を育成します。

●スポーツマネジメントコース
スポーツに関するビジネスやフィールドマネジメントを中心に、幅広い知識を学ぶことができます。学生の多様なキャリアプランに対応するため、現場のビジネスプランやコーチングプランのプレゼンテーション能力の習得に至るまで、「学び」と「実践」を結びつけながらスポーツマネジメントへの理解を深めます。フィールドワークとして公式スポーツ大会や地域社会のスポーツイベントにスタッフとして参加し、イベントを支える運営方法を体験します。卒業生はスポーツ用品企業、スポーツクラブを中心にさまざまな分野に就職しています。

【授業・講義】
創業90余年の靴下メーカーとオリジナル商品の開発に挑戦

●松原市の地場産業や企業と連携
ブランド・マーケティングコースとスポーツマネジメントコースの学生が、松原市の老舗靴下メーカー・コーマ社と連携して、オリジナル商品の開発に挑戦しています。高い技術力を持つコーマ社は、これまで多くの有名ブランドの製品を製造してきました。表に出ることが少なかった自社ブランドのオリジナル商品をヒットさせるために、新たなニーズの掘り起こしやターゲットの拡大を狙う新商品開発プロジェクトを学生と連携して発足。モニタリング調査やデータ分析を行うとともに社内会議にも参加しています。松原市主催のイベントで参加者に試着モニターの協力をお願いするなど、産・官・学が一体となって地場産業の振興に尽力しています。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れ方針

流通学部は、将来、ファションやブランド、ホスピタリティー・サービスやサービス産業、スポーツに関するビジネスの各分野ではたらき活躍したいと考え、そのために必要なことを本学部での学びを通して身につけると同時に、さらにそうした能力を磨き発展させていきたいと意識している、チャレンジ精神あふれる積極的思考を持った人物、その中でも流通学部での学びを充実させ効果的にするために、特にコミュニケーション能力の最も基本を成す「国語読解力」を高めることや語学力向上のための日々の取り組み、また新聞・雑誌の購読および読書機会の創出に意欲的な人物を求める。

入学者の受け入れは、以下に挙げる点に留意して実施する。

1. 流通学部の教育目的に相応しい人材を多面的に審査・評価する
2. 基礎学力と専門教育に関係する教科の理解度について審査・評価する
3. 学力だけでは見出すことのできない人物の適性・能力や意欲、将来の可能性等を高等学校在学時の活動状況等から審査・評価する

学生には以下の点を期待している。

【知識・技能】
高等学校で履修した主要教科・科目について、教科書レベルの基礎的な知識を有している。

【思考力・判断力】
ファッション・ブランド、ホスピタリティー・サービスやその他サービス産業、スポーツに関するビジネスの各分野における事象に対して多面的に考察し、自分の考えをまとめることができる。

【表現力】
自分の考えを日本語で他者に分かりやすく文章やプレゼンテーションで表現できる。

【関心・意欲・態度】
ファション・ブランド、サービス、スポーツに関するビジネスの各分野における様々な問題に関心を持ち、身に付けた知識をこれらの解決に役立てたいと考えている。

以上の4点を満たし、かつ以下のいずれかに合致する人物を受け入れる。

1. ファッションやブランドに強い関心を持つと同時に強いこだわりがあり、ブランド・マーケティングコースで学ぶことを将来の自分の職業とどのように結び付けていくかを明確に主張できる。
2. スポーツ関連のビジネスや各種スポーツ振興活動などに強い関心を持ち、それを将来の職業選択に活かすために大学時代にどのような学習や体験を行うべきか具体的に説明できる。
3.ブライダルや飲食サービス等のビジネス及びマネジメントに関心があり、それを将来の職業選択に活かすために大学時代にどのような学習や資格取得を行うかについて明確に主張できる。
4. 町おこし・村おこし、少子高齢化、環境破壊、貧困問題などの社会的問題に関心があり、将来それをビジネスの手法を用いて解決したいという意思を持ち、そのために大学時代にどのような学習や体験を行うべきか具体的に説明できる。
5. 企業の会計や経営管理について、または金融や貿易に関心があり、それを将来の職業選択に活かすために大学時代にどのような学習や資格取得を行うかについて明確に主張できる。
6. 将来自分で起業することを強く望み、ビジネスプラン(起業計画書)を作成してプレゼンテーションできる。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】(072)332-1224(代) 入試広報課 
 【URL】https://www.hannan-u.ac.jp/entrance/faculty/business/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ