せんりきんらん

千里金蘭大学

私立大学 大阪府

生活科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

食物栄養学科(80名)
児童教育学科(70名)

所在地

1~4年:大阪

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●少人数クラスの中で、基礎力を強化し、専門分野に備える
●地域活動プログラムを多く取り入れ、幅広い視野を培う
●キャンパス周辺の医療機関や教育機関など、現場体験の機会が豊富

管理栄養士や栄養教諭としての活躍をめざす「食物栄養学科」と、保育士、幼稚園教諭、小学校教諭の養成に実績のある「児童教育学科」を設置。実習を重視したカリキュラムにより、即戦力として社会に貢献できる専門性を備えた人材を育成します。

【学生数】488人(2017年5月現在)
【専任教員数】44人(2017年5月現在)

食物栄養学科

講義・学問分野

公衆衛生学、食品学、調理学、食品衛生学、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論、給食経営管理実習、免疫学、微生物学、食品加工学、食品機能論、学校栄養教育 ほか

閉じる

児童教育学科

講義・学問分野

保育原理、保育内容、社会福祉論、障がい児保育、子育て支援論、子どもの保健、子どもの食と栄養、発達心理学、教育心理学、カウンセリング概論、教師論、子ども支援学、児童学キャリア演習、子どもインターンシップ、子ども地域ボランティア、子ども地域活動、海外インターンシップ ほか

閉じる

学部の特色

少人数クラスの中で、基礎力を強化し、専門分野に備える

児童教育学科では、少人数クラス編成による専門基礎力学習と体験学習が充実し、1年次からさまざまな活動を通じて、子どもの専門職となる基礎力を身に付けます。
食物栄養学科は1年次に「基礎ゼミ」として、栄養学、栄養教育、社会環境、人体の機能と疾病、食べ物と健康、公衆栄養、臨床栄養、給食経営管理の8分野を少人数のゼミナール形式で学び、管理栄養士として必要な基礎知識を固めます。また、理系科目が苦手な人や希望者には食物・栄養・健康など管理栄養士養成に密接に関わる内容の補習を実施。徹底して基礎を学べる万全の学習システムと安心のフォロー体制を確立しています。

閉じる

子どもと積極的に関わる金蘭おやこクラブ

地域活動プログラムを多く取り入れ、幅広い視野を培う

さまざまな現場体験を通してコミュニケーション力や子ども支援の基礎を身に付けるため、児童教育学科では、小学校の放課後クラブでの「子ども遊びサポーター活動」に参加するほか、子どもインターンシップ、子ども地域ボランティアを体験。希望すれば海外の子ども施設でもインターンシップを体験できます。

金蘭おやこクラブ
児童教育学科では、地域の子育てに貢献する教育・研究に積極的に取り組んでいます。その具体的な活動の一つが「金蘭おやこクラブ」です。専門スタッフと学生たちのサポートにより、就学前の子どもと保護者が絵本の読み聞かせや手遊びなどの遊びを体験します。その体験を振り返り、自分自身の課題を抽出。その課題を保育や教育、心理といった専門的観点から掘り下げていきます。

閉じる

専門施設での実習で実践力を高める

キャンパス周辺の医療機関や教育機関など、現場体験の機会が豊富

食物栄養学科では、本学の隣にある国立循環器病研究センターや住友病院などの医療機関をはじめ、学校や地域の保健所、給食施設、介護福祉施設など、管理栄養士が活躍するあらゆる現場での実習の機会を多く設けています。

かるしおプロジェクト
臨地実習先でもある国立循環器病研究センターでの、減塩の新しい考え方を一般に広める取り組みにボランティアスタッフとして参加。

吹田くわい
「なにわ伝統野菜」にも認証されている“吹田くわい”の栽培からレシピ開発までを通して、吹田の食文化を学び、発信する力を養います。

閉じる

学べること

食物栄養学科

得意分野を持つ管理栄養士をめざす

少人数制のゼミで基礎を固めた後、3年次からは「医療系」「食品系」「保健福祉・教育系」の3系統を段階的に学ぶカリキュラムを編成。得意分野を持つ管理栄養士として未来の活躍の場が広がるよう、希望する進路に応じた分野を深めます。3~4年次には学外の専門施設での臨地実習を体験し、高度な技術力と応用力を養います。

●管理栄養士国家試験合格率:95.5%
※2017年3月卒業生実績

閉じる

児童教育学科

保育士・幼稚園教諭希望者の就職率6年連続100%!

学内での学びを基礎に教育現場での多くの体験によって子どもを豊かに受けとめ支援する力を修得する学びが特色。保育・教育・福祉・心理の知識を養うとともに、子どもと触れ合う機会を多く設けています。
3年次からは「保育・幼児教育」「小学校教育」「子ども支援」の3分野の専門性を高めます。また、小学校教諭をめざす学生には1年次から「教職支援センター」が教員採用試験合格をサポートします。

閉じる

アドミッションポリシー

〈求める学生像〉

食物栄養学科
食物栄養学科は、豊かな教養と人間性を備えるとともに、食、栄養及び健康に関する専門知識を有し、食の分野から、地域社会の人々の健康づくりに貢献できる人材の育成を教育目的に掲げている。そのような教育目的の下、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める人材を育成するために、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲等を備えた学生を求める。
(1)食、栄養及び人々の健康に強い興味を持つ人
(2)人々の健康づくりに向け、他者と目的を共有し協働できる人
(3)食を通じた健康の増進と社会への貢献に意欲的に取り組む人
(4)高等学校までの履修内容のうち、読解力や表現力の基盤として「国語」(国語総合)を、論理的・科学的思考力の基盤として「生物」、「化学」の基礎知識を身につけている人


児童教育学科
児童教育学科は、豊かな人間性と高い専門性を備え、子どもの成長・発達を支援し、社会に貢献する意欲のある保育者・教育者の育成を教育目的に掲げている。そのような教育目的の下、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める人材を育成するために、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲等を備えた学生を求める。
(1)子ども、保育、教育に積極的な興味・関心を持つ人
(2)子どもや人と関わることの喜びや楽しさを他の人と共有することができる人
(3)高等学校までの履修内容のうち、読解力や表現力の基盤として「国語(国語総合)」の基礎知識を身につけている人
(4)教育や福祉に関する諸問題に対し、自分の考えを持ち、筋道を立てて説明することができる人
(5)地域活動やボランティア活動等に協力して取り組める人

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ