もりのみやいりょう

森ノ宮医療大学

私立大学 大阪府

大学トップ

森ノ宮医療大学の新設情報

臨床工学科(仮称)で人命を守るスペシャリストをめざす

本学科は、医療機器のスペシャリスト「臨床工学技士」を養成する大阪市唯一の4年制学科です。6学科が同一キャンパスに集結する関西圏最大級の「医療系総合大学」ならではの「チーム医療」の学びが充実。医師や看護師などと連携し、チーム医療を実践できる人材を育成します。

閉じる

医学知識・工学知識・機器操作技術の徹底した基礎力を修得

  • 複数の学科が連携した「チーム医療」の学びを展開

「医学知識」と「工学知識」を融合した「生体工学」の視点(工学的な概念で生体を理解し、生命や病気のメカニズムを明らかにする能力)を身に付け、高度で複雑な機器操作を習得するために、シミュレーターを用いた学びを通して確実な実践力を養います。
「先進科学技術」の科目区分では、手術支援ロボット「ダヴィンチ」、植込み型補助人工心臓「エバハート」、ES細胞・iPS細胞による再生医療に関する内容を学ぶほか、細胞、DNA、微生物などの基礎部分から、エネルギー生産、医療品生産、環境保全などの幅広い領域を学びます。
また、医療現場でも必要不可欠とされる情報通信技術(ICT)の運用能力を身に付けるため、あらゆる通信技術の処理方法や知識を習得するとともに、情報漏洩の危険性やセキュリティ対策に対する知識も身に付けます。

閉じる

現代医療の発展とともに、活躍のフィールドは多様に拡大

  • 医療機器のプロとして多様な機器を操作・保守

近年の医療法改正により、専門的知識を持つ臨床工学技士のニーズが急増しています。就職先は、総合病院やクリニックなどの医療機関、人工透析センターなど、医療現場が中心となりますが、医療機器メーカーで機器開発に携わるケースもあります。

【臨床工学技士とは】
●高度化する医療機器を操作する専門家
医療機器の高度化に伴い、医学的、工学的な知識を持って機器を操作できる専門家が必要となって生まれたのが臨床工学技士。生命維持管理装置を安全かつ的確に操作・管理するスペシャリストです。

●手術をはじめ、第一線で医療を支える
一時的に心臓を停止して行う手術の際、心臓と肺の機能を代行する人工心肺装置を操作する、あるいは集中治療室で人工呼吸器を操作するといった、医療の最前線で命をつなぐ重要な仕事です。

●チーム医療に欠かせない存在
チーム医療では、患者さんを中心に多くの医療スタッフが連携して治療を行います。臨床工学技士は、チームで最も医療機器に長けた職種として、現代医療に欠かせない存在です。

閉じる

躍進を続けるベイエリアのキャンパスが学びの舞台

  • 2016年に新棟が完成

キャンパスは大阪南港のベイエリア。海を身近に感じながら静かに落ち着いて学べる環境が整っています。2016年には7階建ての新校舎「キャナルポート」も完成。教員と学生が一体となった学習空間(ラーニングコモンズ)や図書館なども新設され、より充実した施設で医療のスキルを身に付けます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

パンフ・願書取り寄せ

ページの先頭へ