神戸海星女子学院大学/大学トップ|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

こうべかいせいじょしがくいん

神戸海星女子学院大学

私立大学 兵庫県

大学トップ

最新情報

2018/08/15NEW

ここに注目!
  • "超小人数(ちょうこにんずう)" 教育のもと、人を支え、輝く女性に
  • 英検2級相当以上の資格取得者は授業料(1年次)を免除!
  • 小規模だが評価できる女子大学 近畿第1位!(大学通信調べ)

大学の特色

小人数教育できめ細かな教育を実現

教員が学生の顔と名前を把握。一人ひとりが着実に成長できる

小人数教育も、本学の伝統の一つです(“超小人数(ちょうこにんずう)”教育)。託された学生を神に愛されたかけがえのない存在と考え、それぞれに与えられた才能や個性を最大限に伸ばすことをめざします。教員が学生の顔と名前を覚え、その成長やつまずきに目を配り、しっかりと支えます。一人ひとりが人間的な成長を果たすことを目標とし、単に専門知識や専門技術を教えるだけではなく、礼儀やマナーなど、社会人として、人としての豊かな素養も育みます。
また、就職支援においても、キャリアセンターの職員が学生とじっくり話し合い、その適性を見極めた丁寧な指導を行います。

小規模だが評価できる女子大学
近畿第1位!
全国第2位!

(大学通信調べ)

閉じる

イタリアをはじめ、アメリカやカナダへの国際交流を多数設置

多彩な海外プログラムで語学力・国際的感性を磨く!留学支援制度もあり

語学力の向上と国際的な感性を磨くことをめざし、さまざまな留学制度を設置。語学留学先はアメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダで、期間は短期・中期・長期の3通り。その他、グローバルツーリズム研修や「海星ハワイプログラム」をはじめとするさまざまな海外インターンシップ、イタリアでのキリスト教海外研修なども設けています。
留学支援金・奨学金
一人でも多くの学生に海外留学を体験してもらえるよう、英語観光学科の留学参加者に対して一律20万円支給する「支援金制度」や、奨学金受給試験の成績優秀者に25万~100万円を支給する「留学奨学金」などの経済的支援も行っています。

閉じる

教育環境

“おもてなし”を体験するホスピタリティ研修

著名ホテルでホスピタリティ研修

1年次に著名ホテルで研修を行います。ゲストを満足させる「ホスピタリティ-おもてなし-」の心を学びます。

閉じる

地域の小学校の実習授業で実践力を身に付ける

英語を使った小学校での実践型授業と地域貢献を展開

小学校英語指導者養成のための「海星キッズイングリッシュプログラム」を受講している学生は、授業の一環として地域の小学校の実習授業で助手を務めながら授業を観察したり、自ら指導を行ったりします。
また、地域の小学校のスクールサポーターや、公民館の児童英語講座の講師として活躍するなど地域貢献し、大学での学びを地域社会で実践しています。

閉じる

母と子のふれあいひろばを通して、子育て支援を実体験

子育て支援の実際を学べる〈母と子のふれあいひろば〉

母と子のふれあいひろば(ステラマリス)は、心理こども学科の教員・学生が中心となり、母親とその乳幼児を対象に毎月1回開催。子育て支援を通して地域の人たちとつながっていくことを目的として設立されたものですが、学生にとっては子育て支援とはどういうことかを実体験できるよい機会となっています。親子で協力するでんでん太鼓づくり、学生による身体を使った遊びなど、月ごとにさまざまなイベントを盛り込んでいます。

閉じる

学部

【2019年度予定】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2019年度予定】

英語観光学科
入学金 300,000円、授業料(年額) 840,000円、施設設備費(年額) 200,000円 
合計1,340,000円

心理こども学科
入学金 300,000円、授業料(年額) 800,000円、実験実習料(年額) 40,000円、施設設備費(年額) 200,000円 
合計1,340,000円

※両学科ともこの他に、同窓会費30,000円、後援会費32,000円が必要です。

奨学金制度【2019年度予定】

英検2級相当以上の資格取得者は、1年次の授業料(春学期もしくは1年間)を免除
全学科志願者のうち、入学前の3月末までに英検2級相当以上の資格を取得した人は、申請により授業料(入学金、施設設備費を除く)の免除が受けられます(本学支給の他の奨学金や学費免除との併用は不可)。

◎入学成績優秀者奨学金(受験生)
一般入試前期A日程およびセンター利用I期の成績優秀合格者、奨学金給付生試験の合格者に、入学年度の授業料および施設設備費などの規定額を入学後給付します(本学支給の他の奨学金や学費免除との併用は不可)。

◎センター試験利用入試I期での入学金一部免除(受験生)
センター試験利用入試I期志願者のうち、学力検査の結果が得点率の70%以上であれば、入学金のうち10万円を入学後に返還します(本学支給の他の奨学金や学費免除との併用は不可)。

◎給付奨学金(在学生)
年間授業料の2分の1が給付される第1種、4分の1が給付される第2種があります。各学年1名、1回が原則です。

◎ステラ・マリス奨学生制度(2年次以降)
成績、修得単位数、クラブや学校行事等での活動などの諸条件を満たす者は、授業料の減免を受けることができます。

このほか、貸与奨学金、後援会奨学金などが利用できます。

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】345人
【外国籍の学生数】4人
【教員数】54人
【外国籍の教員数】7人

2016年度の留学実績

【留学期間別の留学人数】
1か月未満 1人
1か月以上3か月未満 0人
3か月以上6か月未満4人
6か月以上1年未満4人
1年以上0人

単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】13
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】20人以下
【奨学金給付金額総額】500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

長期留学

【留学先】アメリカ・その他の州、カナダ、韓国、オーストラリア、イギリス
【留学期間】6か月以上1年未満
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】TOEIC(400)
【問い合わせ先】
URL:http://www.kaisei.ac.jp/campus/kokusai
部署:教学課

中期留学

【留学先】アメリカ・その他の州、カナダ、韓国、オーストラリア、イギリス
【留学期間】3か月以上6か月未満
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】TOEIC(400)
【問い合わせ先】
URL:http://www.kaisei.ac.jp/campus/kokusai
部署:教学課
電話番号:0788012277

短期留学

【留学先】アメリカ・その他の州、カナダ、オーストラリア
【留学期間】1か月未満
【奨学金】無
【単位認定】有
【問い合わせ先】
URL:http://www.kaisei.ac.jp/campus/kokusai
部署:教学課
電話番号:0788012277

閉じる

住環境

キャンパスのある灘区青谷町周辺はかつての外国人居留地。さまざまな文学作品にも登場するこの地域は、今もインターナショナルな雰囲気が漂うエリアで、神戸・三宮へも電車でわずか5分です。
また、周辺にはパンダや桜並木で有名な王子動物園、王子スタジアム、王子プール、横尾忠則現代美術館(原田の森ギャラリー)などもあり、放課後や休日も神戸を存分に楽しめます。

閉じる

クラブ・サークル活動

クラブ・サークル活動で、仲間と共に同じ時間を共有することは、人生においてかけがえのない宝物となるでしょう。多くの学生がさまざまなクラブ・サークルに参加し、活躍しています。

体育会系クラブ

プアナニ(フラ&タヒチダンス)、卓球同好会、バレーボール部、合氣道同好会 ほか

文化系クラブ

Chorus Stella Maris(コーラス部)、茶道部、華道部、写真部、Gospel、箏曲部、イラスト部、絵本クラブ、Hokulele(ウクレレ)、料理部、音楽部、文化研究会、アナウンス研究会、大学祭運営委員会、English Speaking Club、KIDS ENGLISH、学生広報委員会、はるかのひまわり同好会、競技かるた同好会 ほか

閉じる

パンフ・願書

学び、留学、就職、先輩たちのキャンパスライフなど。神戸海星の魅力がたくさん詰まった大学案内です! ぜひ手にとってご覧ください。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●神戸市灘区青谷町2-7-1
阪急「王子公園」駅またはJR「灘」駅下車、徒歩約13分
阪神「岩屋」駅下車、徒歩約18分
阪急・阪神「神戸三宮」駅、JR「三ノ宮」駅から市バス2系統または、新幹線および地下鉄「新神戸」駅から市バス2系統・18系統で阪急六甲行き「青谷」下車、南へすぐ
阪急「六甲」駅前から市バス2系統三宮神社行きで「青谷」下車、南へすぐ

閉じる

問い合わせ先

住所

〒657-0805
神戸市灘区青谷町2-7-1
アドミッションセンター

電話番号

(078)801-4117 

URL

https://www.kaisei.ac.jp/

E-Mail

nyuushi@kaisei.ac.jp

その他

FAX:(078)801-3553
【Facebook】Kobe.Kaisei.College
【Twitter】‎KOBE_KAISEI
【LINE@】kobe_kaisei
【Instagram】kobe_kaisei_college

閉じる

みんなのQ&A

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ