×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

こうべときわ

神戸常盤大学

私立大学 兵庫県

神戸常盤大学/注目情報

神戸常盤大学の新設情報

優れた技能と豊かな人間性を持つ医療人を育成する新学科が誕生!

本学では2022年4月、保健科学部に口腔保健学科〈仮称〉*を開設予定です。口腔の健康を通して人々の健康で豊かな生活を実現するために支援できる確かな医療技術と学識を兼ね備え、国際的にも活躍できる歯科衛生士の養成を目指しています。
*2022年4月開設に向けて設置構想中
※記載内容は変更になる場合があります。

閉じる

全てのライフステージの人々に対応できる能力を身に付ける


歯科衛生士とは、口腔の健康を通して人々の生涯の健康に貢献できる国家資格の医療専門職です。乳幼児から高齢者までの全てのライフステージにあった適切な支援を提供するため、歯科診療所をはじめ、病院・行政・高齢者施設などで活躍しています。
本学では口腔の健康を通して、人々の健康で豊かな生活実現を支援できる確かな医療技術と学識を兼ね備え、国際的にも活躍できる歯科衛生士を養成します。
また、4年制として生まれ変わることにより、保育士※や社会福祉主事任用資格、食育指導士等の資格も取得可能になり、病院や歯科クリニック以外の職場でも活躍することができます。
※人数制限あり

閉じる

チーム医療の一員として、多職種と連携できる能力を身に付ける


1・2年次にマネキンを使った実習や臨床実習室で学生同士の相互実習を行い、技術はもちろん患者さんの気持ちを理解します。学内実習の指導は、長年第一線で活躍してきた歯科衛生士の教員が担当。歯科衛生士業務を理解し技術を修得するうえで、とても恵まれた環境といえるでしょう。2年次後期からは、学外での臨地実習が本格的にスタート。歯科診療所や総合病院に加え、障がい者や高齢者が利用する社会福祉施設、口腔保健センターなど、歯科医療の現場で患者さんと直接関わりながら実践的に学びを進めます。関連病院であるときわ病院の病棟などで、看護師やそのほかの専門職の方々と連携して働く「チーム医療」も体験。口腔の疾患が全身へどのように影響するのかを目の当たりにできるほか、さまざまな医療現場で生かせる実践力を磨くことができます。

閉じる

最新設備の学習環境で口腔保健の向上に貢献できる能力を培う


実習室には、人間工学に基づいて作られた最新設備を完備。48台のマネキンと21台の診療台を備え、各席にはAV機器を設置しています。教員のテーブルにはカメラも設置され、そこで撮影・録画した映像を学生が自分の席のモニターで見ることもできます。また、学内に歯科診療所(口腔保健研究センター)があり、学生の実習はもとより卒業生や一般歯科衛生士の学習・研修のほか、地域の方々への啓発活動の場としても活用されています。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ