学校パンフ取り寄せで図書カードGET

ならがくえん

奈良学園大学

私立大学 奈良県

注目情報

奈良学園大学の新設情報

2019年4月、リハビリテーション学科(仮称・設置認可申請中)誕生

保健医療学部に新設するリハビリテーション学科※は、これからのリハビリの専門家を育成する次世代型の学びを構想中です。「地域全体」が健康な暮らしを支える「地域包括ケアシステム」が注目されるなか、他職種との連携によるチームの中で活躍できる理学療法士と作業療法士の養成を目標とします。

閉じる

リハビリテーションへの社会ニーズの高まりに応える学科を新設

超高齢社会を迎えた今、医療現場の高度化・複雑化・グローバル化が進み、保健医療に対するニーズも多様化・個別化しています。このような背景から、ヒューマンケアの実践能力と指導・調整能力を備えたリハビリテーションの専門家に対する社会からのニーズがますます高まっています。
こうした社会背景に応えるため、本学では、2019年4月、看護学科を設置している保健医療学部にリハビリテーション学科※(理学療法学専攻、作業療法学専攻)の開設を予定しています。

※仮称・2019年4月設置認可申請中。学科・専攻名など記載内容は変更になる場合があります。

リハビリテーション学科※の本学公式サイトはこちら

閉じる

次世代療法士を輩出するための4つの学びポイント

最先端の設備と新しいリハビリテーション理論を備え、これからの現場に直結する学びを提供します。
Point1>チーム医療の学び
同じキャンパスで学ぶ看護学科との連携によるチーム医療に関する演習科目の開講を予定しています。
Point2>最先端ケアの学び
先端的な医療に取り組む企業と連携し、VR(バーチャルリアリティ)とロボット技術を活用したリハビリテーションシステムを学ぶことを想定しています。
Point3>国際視点の学び
海外の大学と連携し、日本とは異なる医療ケアシステムについて海外現地で研修を受ける機会を提供する予定です。
Point4>注目される「痛み」「呼吸」の学び
リハビリテーション分野は専門化が進んでいます。「痛み」緩和への新たなアプローチや、お年寄りの肺炎を防ぐ「呼吸リハビリテーション」など、特化した分野も学べる予定です。

  • 先端医療技術を身に付けた理学療法士をめざす

  • 心身にアプローチするスキルを備えた作業療法士をめざす

閉じる

卒業後の活躍の場は?

〈理学療法学専攻〉
■ スポーツ  スポーツ団体、トレーナーなど
■ 医療  リハビリテーション病院、総合病院など
■ 子ども  小児専門病院、児童福祉施設など
■ 福祉  老人福祉施設、訪問リハビリテーションなど

〈作業療法学専攻〉
■ 医療  精神科病院、リハビリテーション病院など
■ 子ども  小児専門病院、児童福祉施設など
■ 福祉  生活介護支援施設、老人福祉施設など
■ 障害支援  児童発達支援センター、精神保健福祉センターなど

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

注目情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ