くらしきげいじゅつかがく

倉敷芸術科学大学

私立大学 岡山県

危機管理学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

危機管理学科(90名)

所在地

1~4年:岡山

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●「民間企業と公務員」3つのコースを設定、将来像に合わせて選択
●「6分野のリスク管理」経済・経営学をベースに、幅広く危機管理を学ぶ
●「各専門家が集結」スペシャリストたちから最先端の“今”を教わる

現在、危機管理学は各方面から注目されている分野です。本学部の特徴は、経済・経営学を深く学び、世の中の仕組みを理解したうえで「何をすべきか」を見据えた危機管理に関する確かな知識とマネジメント力を培うところにあります。

【キャンパス】岡山県倉敷市連島町
【学生数】67名(2017年5月1日現在)※2017年度開設のため1年生の人数
【専任教員数】11名(2017年5月1日現在)

危機管理学科

講義・学問分野

将来の目標に合わせて3コースを設定しています。
●現代ビジネスコース/事業継続計画(BCP)などの専門知識を学修
●行政マネジメントコース/自治体での活躍をめざし、市民防災などの専門知識を学ぶ
●警察・消防キャリアコース/災害に対する危機管理の専門知識を修得

閉じる

学部の特色

地域防災に取り組む学部生主体の防災組織「学生消防隊」

「民間企業と公務員」3つのコースを設定、将来像に合わせて選択

卒業後の進路を明確にするため、「現代ビジネス」「行政マネジメント」「警察・消防キャリア」の3つのコースにより学びます。2年次からコースに合わせて授業を選択。選べるカリキュラムにより、目標に応じた学び方ができます。

閉じる

グループワーク中心の1年生ゼミで課題解決能力を身に付ける

「6分野のリスク管理」経済・経営学をベースに、幅広く危機管理を学ぶ

経済・経営学の知識をベースとして、「経済」「金融」「企業不祥事」「自然災害」「産業安全」「情報」の6分野のリスクマネジメントについて学びを深めます。

閉じる

学科独自に開講している公務員講座

「各専門家が集結」スペシャリストたちから最先端の“今”を教わる

自然災害、商取引、情報管理、マーケティングなど、さまざまな専門家が豊富な現場経験をもとに、親身に指導します。RMCA-J(R)リスクコンサルタント-A、防災士など多様な資格取得もサポート。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

学べること

危機管理学科

6つのリスクを中心に幅広く危機管理について学ぶ

経済・経営学をベースに「経済リスク」「金融リスク」「企業不祥事リスク」「自然災害リスク」「産業安全リスク」「情報リスク」といった6つのリスクと危機管理をマネジメントする力を身に付けることによって、課題を見つけ、問題解決のために自ら行動できる力を養います。想定外の問題から企業の存続を守る人材、災害や事故への対応を通して地域を守る人材を育成します。

【授業・講義】
観光危機管理概論

旅行、特に海外旅行では何に気をつけて行動しなければならないのか、健康管理や事前準備とは具体的にどういうことなのかなど、実践的な方法論について紹介します。

閉じる

アドミッションポリシー

危機管理学部のアドミッションポリシー

危機管理学部は、危機管理の素養を身につけ企業や社会の持続的発展を図るために、1)幅広い教養を身につけ、2)危機管理の基礎知識と経営・経済活動に影響をおよぼす事象に関する専門的知識・技能を学び、3)将来、学生が活躍する企業、自治体、各種団体などにおける課題を発見し、4)主体的にさまざまな人々と連携して問題解決のために自ら行動できる人材を養成します。本学部では、自分の可能性を信じさまざまな分野に興味や関心を持って、積極的に行動する人を受け入れます。

閉じる

この学部のことを詳しくチェック

問い合わせ先

【住所・電話番号】〒712-8505 岡山県倉敷市連島町西之浦2640 入試広報部 【フリーダイヤル】0120-001163
 【URL】http://www.kusa.ac.jp/crisis/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ