大学入試センター試験の最新情報をお届け!

ひろしまこうぎょう

広島工業大学

私立大学 広島県

生命学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

生体医工学科(60名)
食品生命科学科(80名)

所在地

1~4年:広島

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●最新の機器を用いた、実践的な実験・実習
●現場での実績豊富な教授陣による最先端の学び
●一期生から高い就職率を継続中!各分野で活躍する卒業生

生体医工学科では医療のエンジニア、臨床工学技士を養成します。工学と医学、両方の専門知識を学べるのは、工学系大学の特徴です。食品生命科学科では、食品製造とバイオで生命を育む技術者を育成。工学の力で「生命」を支えます。

【キャンパス】広島市
【学生数】487名(2017年5月現在)
【専任教員数】22名(2017年5月現在)
【大学院】工学系研究科/電気電子工学専攻(M)、機械システム工学専攻(M)、建設工学専攻(M)、情報システム科学専攻(M)、環境学専攻(M)、生命機能工学専攻(M)、知的機能科学専攻(D)

生体医工学科

講義・学問分野

医療技術、先端医療、操作技術、医療事故防止、チーム医療、保守点検・管理、体外循環技術、血液浄化技術

閉じる

食品生命科学科

講義・学問分野

生物学、食物学、農芸化学、品質管理、衛生管理、バイオテクノロジー、発酵技術、遺伝子組換え

閉じる

学部の特色

最新の医療機器を扱える臨床工学技士をめざす

最新の機器を用いた、実践的な実験・実習

発酵や醸造、加工など食品製造の実験を行う食品実験棟に加え、2017年秋に新棟が完成。専門分野を実践的に学ぶ環境がますます充実します。

●生体医工学科:人工心肺装置や人工呼吸器、人工透析装置など病院で実際に使用されている機器を用い、その操作方法・保守点検方法を学びます。実践的体験学習の中から、年次とともに一歩一歩確実な専門知識の修得が可能です。

●食品生命科学科:動物、植物、微生物の力を活用するバイオテクノロジーに関する実験や、食品の成分や機能について分析する実習などを、工業大学ならではの設備・装置を使って実践的に行っています。

閉じる

食品の成分や機能性を実践を通して深く学修

現場での実績豊富な教授陣による最先端の学び

「アカモク」などの海藻をはじめとした、さまざまな食品の機能性を研究している村上准教授、食品メーカー大手「アンデルセングループ」と新しいパンの開発に取り組んでいる角川教授など、社会のニーズが高まっている分野で数々の研究実績を上げている教授陣がそろっています。工学、情報など他学部、学科の教員とも情報交換しながら、常に高いレベルの技術開発をめざして切磋琢磨しています。

閉じる

一期生から高い就職率を継続中!各分野で活躍する卒業生

2016年3月に一期生が卒業以降、毎年、中・四国エリアを中心とした食品、医療、バイオ関連の企業や、臨床工学技士を必要とする医療機関に多数内定をしています。工学技術と生命分野の知識を身に付けた新しい時代の技術者の活躍に注目と期待が集まっています。

●生体医工学科:高度医療システムを使用した最新医療に携わる臨床工学技士として、県立広島病院をはじめとする全国の医療機関で活躍しています。
<臨床工学技士合格率91.9%(全国平均81.9%)> ※2017年度実績

●食品生命科学科:食品製造業や食品製造機械メーカー、食品流通業など、食の安心・安全に関わる企業において、食の専門技術者、環境分析、医薬品の販売業など、生活に密接した技術者として求められています。

閉じる

学べること

生体医工学科

チーム医療の一員を担う、高度な臨床工学技士を養成

「医工学」「臨床工学」「医学」の3分野を修得します。人工心肺装置など医療現場で使用されている生命維持装置を用いて、操作・保守点検・管理を学習し、高度医療に不可欠な臨床工学技士(国家資格)を育成します。

■めざせる進路
総合病院、診療所、透析クリニック、大学・専門学校などの教員(5年の実務経験後)、医療機器メーカー、医薬品メーカー、福祉機器メーカー、医療機器ディーラー、医薬品ディーラー、福祉機器ディーラー、公務員、研究所・大学などの研究員、大学院

【授業・講義】
「携帯型心電計」で外出の不安を軽減

最近開発された「携帯型心電計」は、外出時の着用も可能。心疾患者の心電図を自動で取得し、遠隔で医師が心機能状態を診断することができます。この心電計以外にも多くの医療機器の開発について学びます。

閉じる

食品生命科学科

“いのち”を育む「食品」のスペシャリストを育成

「生命科学」「食品科学」の2分野を修得します。食品工場と同じ装置、設備を用いて実験・研究を重ね、食品開発・製造に必要な発酵、醸造、加工、バイオテクノロジーなどを学び、食の安心・安全、健康を支える食品開発・製造技術者を育成します。

■めざせる進路
食品製造・加工会社、栄養・食品安全検査業界、医薬品製造企業、環境・化学関連業界、製薬・化粧品業界、医療・福祉関連業界、公務員(技術系)、教員(理科)、大学院

【授業・講義】
広島工業大学発の新食品を開発

乳酸菌など、私たちの身の回りには微生物を利用した食品があふれています。そんな微生物の力を利用し、日常に役立てる方法を考えます。食品製造や開発を手がけるさまざまなメーカーと協力し、新食品を開発しています。

閉じる

アドミッションポリシー

生命学部のアドミッションポリシー

生命学部では、健康な社会の形成に関するものづくり関連知識と技能に深い関心を持ち、その課題発見と解決の意欲に溢れ、人間力豊かな人材を育成するために、次のような入学者を求めています。

<知識・技能>
生体医工学又は食品生命科学を学ぶ上で必要な数学、理科、英語などの基礎科目について、高等学校の教科書レベルの基礎的な知識を有し、主体的な学修に意欲を持つ人。
<思考力・判断力・表現力等の能力>
生体医工学又は食品生命科学を志向し、物事を多面的に思考して判断した上で、自分の考えを論理的に表現し、伝える能力を持つ人。
<主体性を持ち多様な人々と協働して学ぶ態度>
健康な社会の形成における様々な問題に関心を持ち、課題を解決するために、他者と協働しながら、身に付けた知識を役立てたいという意欲を持つ人。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】広島市佐伯区三宅2-1-1
 入試広報部
 フリーダイヤル 0120-165215
 【URL】http://www.it-hiroshima.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ