×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

しがっかん

至学館大学短期大学部

私立短大 愛知県

大学トップ

2020/07/08NEW

ここに注目
  • 東海地区で唯一「体育」を専門的に学べる短期大学
  • 運動・スポーツの指導に関する11の免許・資格を取得可能
  • 卒業後、大学への第3年次編入学や専攻科への進学も可能

大学の特色

実技・実習を通して実践力を身に付けるカリキュラム

東海地区で唯一、体育を専門的に学べる短期大学。一人ひとりに合った運動・スポーツ指導者をめざす!

本学は体育学科のみで構成され、東海地区で唯一、体育を専門的に学べる短大です。2年間で「体育」「スポーツ」「健康」についての専門知識と実践力、各種指導法を学び、学校教育関係、生涯スポーツ関係あるいはスポーツ産業関係において活躍できる人材を育成しています。
併設する4年制大学の健康科学部に「運動・スポーツ」「栄養」「こどもの成長」を学べる3学科を設置。大学院には、健康科学研究科を設置しています。本学は大学・大学院と連携し、より高度な専門知識と技術を磨きます。

閉じる

何事にもチャレンジする精神

「挑戦」と「成長」。“やったことは自信になる”をモットーに

本学は、“やったことは自信になる”をモットーとした「実学」を重視しています。そのために、知識を知恵に変え、社会で役立つ実践力・行動力を養う教育を展開しています。

閉じる

アスリートをサポートしたい学生にとって実践の場

「アスリートサポートシステム」により競技力の向上をめざす

「アスリートサポートシステム」は、競技力向上に必要な2分野6サポートのノウハウを結集した、さらにレベルアップしたいアスリートと、アスリートをサポートする技術を身に付けたい人のためのシステムです。「コンディショニング分野」では、医療サポート、アスレティックトレーナーサポート、栄養サポートを設置し、アスリートの体づくりをサポート。「コーチング分野」では、メンタルマネジメントサポート、バイオメカニクスサポート、フィジカルフィットネスサポートを設置し、アスリートの競技力向上を支援。各クラブ指導者と連携し、「運動」パフォーマンスの向上を強力にバックアップします。
また、アスレティックトレーナーをめざす学生は「アスレティックトレーナー部会」に所属し、学生アスリートにテーピングやマッサージ、アスレティックリハビリテーションなどを施したり、試合帯同など、実践的な学びの機会となっています。

閉じる

アドミッションポリシー

人間力の形成

常に主体的に学び、何事にも積極的にチャレンジする

至学館大学は、「健康力」、「知的視力」、「社会力」、「自己形成力」及び「当事者力」の5つの力を総合して応用・展開できる『人間力の形成』を教育理念としています。すなわち、『真理と正義にもとづく価値観と倫理観をもち、広い視野と科学的な知識にもとづいた自己実現と人々の幸福のために寄与・貢献できる人間力の形成』です。
具体的には、『主体的な発想のもと、心身ともに健全でたくましく、「生きる力」、「行動力」、「仲間愛」に溢れ、そして諦めないで何ごとにも「チャレンジする精神」をもった学生をひとりでも多く育てる』ことを教育目標としています。
本学では、このような教育理念と教育目標を理解した上で、常に主体的に学び、何事にも積極的にチャレンジしようとする探求心旺盛な人の入学を望んでいます。

閉じる

教育環境

トレーニングルームをはじめとする各種施設が整っている

充実したスポーツ施設で学ぶ

スポーツ・サイエンス・センター(S.S.C.)は、3つのアリーナと武道場、弓道場、トレーニングルーム、トレーナールーム、保健室、人工気候室、体力テスト室、室内ランニングコース、シャワー室などを備えた複合スポーツ施設です。そのほかにも2つの体育館、野球場、多目的グラウンドなどのスポーツ施設を完備しています。

閉じる

学科

【2020年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

【2020年度入学者対象】初年度納入金

1,370,000円
※入学金250,000円を含む。

本学独自の奨学金制度をはじめ、安心して学べる奨学金制度でキャンパスライフをサポート

経済的理由により入学や学業の継続が困難な学生を支援する「修学支援奨学金制度」(給付型)(貸与型)や、特定のクラブ生を対象とする「スポーツ奨学特待生制度」のほか、「日本学生支援機構奨学金」などを設けています。

★至学館大学短期大学部修学支援奨学金制度(給付型)
家庭の経済状況および学業成績などを勘案した給付型の奨学金制度です。(専攻科生・大学院生・社会人入学生および外国人留学生を除く)
★至学館大学短期大学部修学支援奨学金制度(貸与型)
最高学年に在籍している学生で、学費不足のため修学の継続が困難になった学生に対して、学費を無利子で貸与します。貸与額は学期ごとに授業料と教育充実費を合計した金額となり、借用額の返還は、卒業後5年間を期限としています。(短大は後期が対象)
★至学館大学短期大学部奨学特待生制度(給付型)
・学業奨学特待生
前年度までの成績による席次が、学年の入学定員の上位2%に相当する順位までに該当した学生に対して、奨学金を給付しています(2年次生が対象)。
・スポーツ奨学特待生
本学の強化指定クラブに所属し、所定の競技成績を満たし、所属部長の推薦を受けた学生を対象に奨学金を給付します。
★至学館大学短期大学部 夢・チャレンジ奨励金(給付型)
学芸、スポーツ、地域貢献などのさまざまな分野で、将来に向けて目標を明確に持ち、その夢の実現をめざしてチャレンジしようとする学生およびその団体を対象に奨励金を給付しています。
★至学館大学短期大学部 教育ローン利子補給奨学金(給付型)
本学が提携する信販会社の教育ローンを利用し、学納金を完納した学生を対象に教育ローンに係る利子のうち、当該年度における利子支払い相当額の全部又は一部を奨学金として給付しています。
★日本学生支援機構奨学金(貸与型・給付型)
日本学生支援機構奨学金は、独立行政法人日本学生支援機構法に基づいて国の育英奨学金事業を行っている機関です。人物・学業ともに優秀であり、かつ経済的理由により修学が困難である学生を対象に奨学金の貸与ならびに給付を行っています。各奨学金の月額や申込資格および推薦基準などについては、日本学生支援機構ホームページをご確認ください。
・貸与奨学金
第一種(無利子貸与)/第二種(有利子貸与)※利率は年3.0%が上限
・給付奨学金
住民税非課税世帯およびそれに準ずる世帯への給付型奨学金
★その他奨学金制度
各都道府県・市町村および民間育英団体などが取り扱う奨学金制度もあります。詳しくは各都道府県・市町村の当該教育委員会もしくは本学学務課へお問い合わせください。

閉じる

住環境

女子学生が入寮できる学生寮はキャンパス敷地内に立地し、夜間(平日)は女性寮監が常駐しています。部屋は2人部屋で全室家具付き、共有の食堂や浴室はもちろん、電子レンジや冷蔵庫、テレビ、洗濯機なども設置されています(入寮費60,000円、寮費(光熱費など含む)336,000円、合計396,000円/年間※食費は別途です)。また、学生寮以外にも、本学学生専用のアパート・マンションが30~40軒あります。名古屋市と隣接していながらも、家賃は月額20,000~50,000円と経済的な家賃設定になっています。

閉じる

クラブ・サークル活動

全国トップレベルの体育会系クラブから、個性豊かな文化系クラブまで、多彩なクラブ、サークルが活躍中です。国際的なスポーツ大会をめざす人も、楽しさを追求したい人も、かけがえのない仲間との充実したキャンパスライフを送ることができます。

体育会系クラブ

レスリング部、陸上競技部、水泳部、バレーボール部、体操競技部、硬式野球部、軟式野球部、ソフトボール部、サッカー部、バスケットボール部、ハンドボール部、硬式テニス部、ソフトテニス部、バドミントン部、柔道部、剣道部、弓道部、創作ダンス部、HIP HOP DANCE部、ラクロス部、アルティメット部 など

文化系クラブ

軽音楽部、茶華道部、スポーツ栄養サポートチーム(SNST) など

サークル

AGO(フットサルサークル)、山岳・スポーツクライミング同好会、LOTTO(バレーボールサークル)、ワンダーフォーゲル同好会、アスレティックトレーナー部会、栄養ケアチーム、着付け・マナー同好会、食育同好会、文化研究同好会 など

閉じる

大学院・併設の大学

大学

■至学館大学
●健康科学部

閉じる

専攻科

専攻科

●アスレティックトレーナー専攻

閉じる

パンフ・願書

体育やスポーツを濃密に学べるカリキュラムや楽しいキャンパスライフなど、充実の2年間を紹介しています。

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

本学キャンパス

●愛知県大府市横根町名高山55

★JR東海道本線「名古屋」駅→JR「大府」駅(快速で約15分)、JR「大府」駅→本学(無料スクールバスで約7分)
★名鉄名古屋本線「知立」駅→本学(無料スクールバスで約25分)

閉じる

問い合わせ先

住所

〒474-8651
愛知県大府市横根町名高山55
入試・広報課

電話番号

(0562)46-8861(直)

URL

https://navi.sgk-u.net

URL(携帯)

https://navi.sgk-u.net/sp/

E-Mail

info-inv@sgk.ac.jp

その他

【FAX】(0562)44-0310

閉じる

みんなのQ&A

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ