世界屈指の一大集積地で学ぶ。天空へ。宇宙へ。 天空へ。宇宙へ。 名古屋大学と中部大学が位置する中部地区は国際戦略総合特別区域「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」に指定されています。
世界屈指の一大集積地で学ぶ。天空へ。宇宙へ。 天空へ。宇宙へ。 名古屋大学と中部大学が位置する中部地区は国際戦略総合特別区域「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」に指定されています。
次代の航空宇宙産業を創る技術者が終結する中部地区。 次代の航空宇宙産業を創る技術者が終結する中部地区。
2011年より、愛知県・岐阜県・名古屋市など中部地区は、国際戦略総合特別区域「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」の指定を受けています。日本の“ものづくりの拠点”として発展してきたこの地区には、機体生産や新材料の開発・製造を手がける大手メーカーをはじめ、高度な品質要求に応える部品加工技術を有する中小企業が多数存在。研究開発から設計・製造・保守管理までの一貫した機能を持つ、国内で唯一、世界でも屈指の一大集積地として発展しています。
名古屋大学 はこの特区に指定されており、JAXAとの連携協力協定の締結、 「航空開発グローバルプロジェクトリーダー養成講座」の開講、 さまざまな研究成果を挙げるなど、特区の目標に貢献しています。 さらに同エリアに位置する 中部大学 も、2018年4月に宇宙航空理工学科を開設。地域の産業とつながりが深く、現場と連携した教育によってニーズに応えた技術者が輩出してきた伝統を生かして、航空宇宙産業に求められる人材を育成する計画です。
特区の企業・団体・自治体と、大学の教員や研究グループ・学科とが連携し、研究推進や研究資源の配分、今後の宇宙航空分野をけん引する人材の教育を行うことは、中部地区だからこそ可能なのです。
アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区 アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区 中部地区だからこそ実現する学びがあります。 中部地区だからこそ実現する学びがあります。
2017年4月、学部および大学院を一体で改組。 国際社会でリーダーシップを発揮する次世代の機械・航空宇宙系エンジニアを育成 名古屋大学 工学部 機械・航空宇宙工学科 何を、どう学ぶ? 多種多様な工業製品や航空宇宙機といった複雑なシステムを創りあげるために必要な、すべての自然科学分野の基礎・応用技術を探究します。最先端設備のもと、大学院に所属する教員が主体となって教育および研究指導にあたります。 卒業後の進路 学科卒業後は、大学院(博士前期・後期課程)へ進学し、より高度な機械・航空宇宙工学の知識を習得、統合する能力を涵養することが期待されています。大学院修了後は、航空宇宙機・自動車・輸送用機械をはじめとする民間企業、官公庁、教育機関、研究機関などに就職しています。キーワードとなる学問領域 研究の最先端に貢献する名大の実績 極超音速燃焼を使った新ロケットの飛行 衝撃波を含んだ極超音速燃焼(デトネーション)を使用すると、ポンプ・圧縮機なしでも高い推進力を得ることができます。極超音速燃焼を用いたデトネーションロケットエンジンの世界初の垂直飛行に成功しました。 ロボット搭載チップで細胞を測定 “細胞1個の測定”を可能とするのが、MEMS技術によって作製したロボット統合型マイクロ流体チップ。マイクロ流路内を流れる細胞の反力を、力センサで測定することに成功しました。 切替時補償で臨機応変な制御を可能にする 状況や環境が変わると制御の目的も変わります。そこで、目的に応じた制御をするために、コントローラの切替を安全かつスムーズに行うための補償手法を提案しました。これによって臨機応変な制御が可能になります。
2017年4月、学部および大学院を一体で改組。 国際社会でリーダーシップを発揮する次世代の機械・航空宇宙系エンジニアを育成 名古屋大学 工学部 機械・航空宇宙工学科 何を、どう学ぶ? 多種多様な工業製品や航空宇宙機といった複雑なシステムを創りあげるために必要な、すべての自然科学分野の基礎・応用技術を探究します。最先端設備のもと、大学院に所属する教員が主体となって教育および研究指導にあたります。 卒業後の進路 学科卒業後は、大学院(博士前期・後期課程)へ進学し、より高度な機械・航空宇宙工学の知識を習得、統合する能力を涵養することが期待されています。大学院修了後は、航空宇宙機・自動車・輸送用機械をはじめとする民間企業、官公庁、教育機関、研究機関などに就職しています。キーワードとなる学問領域 研究の最先端に貢献する名大の実績 極超音速燃焼を使った新ロケットの飛行 衝撃波を含んだ極超音速燃焼(デトネーション)を使用すると、ポンプ・圧縮機なしでも高い推進力を得ることができます。極超音速燃焼を用いたデトネーションロケットエンジンの世界初の垂直飛行に成功しました。 ロボット搭載チップで細胞を測定 “細胞1個の測定”を可能とするのが、MEMS技術によって作製したロボット統合型マイクロ流体チップ。マイクロ流路内を流れる細胞の反力を、力センサで測定することに成功しました。 切替時補償で臨機応変な制御を可能にする 状況や環境が変わると制御の目的も変わります。そこで、目的に応じた制御をするために、コントローラの切替を安全かつスムーズに行うための補償手法を提案しました。これによって臨機応変な制御が可能になります。
2018年4月、地域の要請に応えて新学科を開設。 宇宙機・航空機の生産現場のリーダーとしてグローバルに活躍できる技術者を育成 中部大学 工学部 宇宙航空理工学科 何を、どう学ぶ? 中部大学は地域の産業界と強い連携があるため、宇宙機・航空機の生産現場を体験しながら第一線で活躍する技術者から学ぶことができます。また学内には、即戦力を養うために現場と同様の施設・設備で学ぶ環境を用意するほか、本格的な実験や研究が可能な施設・設備も随時導入していく予定です。 卒業後の想定される主な進路 ・進学 国内外の大学院 ・就職 宇宙、航空、自動車、電子、機械、情報、通信、材料などの各種企業、公務員 専門性と創造性を兼ね備えたグローバルな技術者に近づくカリキュラム 少人数教育で一人ひとりをサポート 定員は80人、専門必修科目の講義は40人×2クラスで実施します。 宇宙機・航空機づくりの現場で学ぶ 生きた現場での学びを重視し、2年次には、さまざまな企業で「工場見学」と「工場実習」を実施します。 第一線の技術者を招く「特別講義」 開発や設計・生産の第一線で活躍する技術者の方々を講師に招く「特別講義」を開講します。 CATIAとMATLABをマスター 宇宙航空業界の標準ツールである3D-CAD“CATIA”や数値解析ソフト“MATLAB”を本学科の全学生数分導入します。 宇宙航空工学の専門分野を核として電子情報・機械分野を総合的に修得 宇宙航空の専門科目を学ぶとともに英語力を身につけます。また、電子情報・機械・材料なども幅広く学びます。 米国航空機産業の集積地での海外研修(予定) ボーイング社を中心とした航空産業の集積地であるワシントン州の大学などと連携協定を結び、希望者は海外研修に参加できます。
2018年4月、地域の要請に応えて新学科を開設。 宇宙機・航空機の生産現場のリーダーとしてグローバルに活躍できる技術者を育成 中部大学 工学部 宇宙航空理工学科 何を、どう学ぶ? 中部大学は地域の産業界と強い連携があるため、宇宙機・航空機の生産現場を体験しながら第一線で活躍する技術者から学ぶことができます。また学内には、即戦力を養うために現場と同様の施設・設備で学ぶ環境を用意するほか、本格的な実験や研究が可能な施設・設備も随時導入していく予定です。 卒業後の想定される主な進路 ・進学 国内外の大学院 ・就職 宇宙、航空、自動車、電子、機械、情報、通信、材料などの各種企業、公務員 専門性と創造性を兼ね備えたグローバルな技術者に近づくカリキュラム 少人数教育で一人ひとりをサポート 定員は80人、専門必修科目の講義は40人×2クラスで実施します。 宇宙機・航空機づくりの現場で学ぶ 生きた現場での学びを重視し、2年次には、さまざまな企業で「工場見学」と「工場実習」を実施します。 第一線の技術者を招く「特別講義」 開発や設計・生産の第一線で活躍する技術者の方々を講師に招く「特別講義」を開講します。 CATIAとMATLABをマスター 宇宙航空業界の標準ツールである3D-CAD“CATIA”や数値解析ソフト“MATLAB”を本学科の全学生数分導入します。 宇宙航空工学の専門分野を核として電子情報・機械分野を総合的に修得 宇宙航空の専門科目を学ぶとともに英語力を身につけます。また、電子情報・機械・材料なども幅広く学びます。 米国航空機産業の集積地での海外研修(予定) ボーイング社を中心とした航空産業の集積地であるワシントン州の大学などと連携協定を結び、希望者は海外研修に参加できます。
中部大学詳しい情報はこちらから中部大学詳しい情報はこちらから