×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

急速な技術革新、自然との共生、持続可能な社会の実現...。社会の課題が複雑化しており、確かな専門性を磨くことに加えて、イノベーションを起こす創造的思考力や多様なメンバーと協働できるコミュニケーション力などを身に付けることも必要になると予想されています。
「異質なものとのコラボレーションにより新しいものの創造を目指す」。そんな傾向が高まるであろうなか、課題解決に向けた自分のビジョンを提示し、新たな価値を創造する力が求められると考えられます。

社会の課題が複雑化する時代に
理系に必要とされるのは
3つの資質
2022年4月に新しくなる
成蹊大学理工学部
1学科5専攻になり、
「新しい理系」を養成
理工学部理工学科の学びの特徴

※2022年4月開設予定。記載内容は変更となる可能性があります。

1

学問分野を明確にした5つの専攻で

深い専門知識を身につける

1学科5専攻に変わり、突出した専門性と幅広い視野を身に付けるカリキュラムを展開します。

  • データ数理専攻
  • コンピュータ科学専攻
  • 機械システム専攻
  • 電気電子専攻
  • 応用化学専攻
2

全ての専攻で基礎力を鍛える

高度な専門性とICTで課題を解決する
ICT活用力

すべての専攻で、プログラミング、人工知能、データサイエンスといった科目を学び、確かなICT活用力を養成。各専攻の専門知識とICTを組み合わせて課題を解決する能力を身に付けます。

詳しく知る

理系人財としての基礎を固める
理工学基礎力・社会人基礎力

数学・物理・化学・生物といった理工学の基礎力だけでなく、読解力、文章作成力、プレゼンテーションスキル、コミュニケーション力といった社会人基礎力も鍛えます。

詳しく知る
3

専攻の垣根を越えて

融合分野を学ぶ

企業や地域と連携して実践力を鍛える
連携プロジェクト

「連携プロジェクト」科目では、専攻間の垣根を越えて学生同士が協働し、企業や地域における課題をチームで解決するための実践力を磨きます。

詳しく知る

時代のニーズを捉えた専攻融合型の先進教育
特別プログラム

学修意欲の高い学生を対象に、各専攻分野にとらわれない社会的要請の高いテーマについて重点的に学びます。異分野からの視点による気付きや、異分野の意欲の高い学生との知的な交流を通して、社会で活躍するための視野や柔軟な発想を養います。

詳しく知る
未来を拓く研究者が語る、
「新しい理系」とは
突出した専門性と、
異分野への好奇心が未来を拓く

突出した専門性と、それを水平展開するイマジネーションを身につけることが大切です。それはすなわち、得意分野への強いこだわりと周辺分野への広い興味を併せ持つ人材と言えます。これからの新しい研究は複合領域で花開くため、広い興味と人的ネットワークを持つことが不可欠ですが、異分野の人と連携する際に「頼りになる人」であるためには、専門分野で一目置かれる力を持つことも必要です。

生体分子化学研究室

戸谷 希一郎 教授

新しい情報技術を作り出すには、
異分野の人との協働が必要

人手不足の社会や、コロナ禍のように対面でのサービスが難しい社会においては、すべての人によりきめ細かいサービスが提供できるような情報技術が必要です。情報システムを作り上げるためには、多くの異分野の人と協力する協調性やコミュニケーション能力、そして、情報システムを使用するさまざまな業種のユーザーのニーズを聞き、課題を正確に分析することが重要となります。

知的インタフェース研究室

中野 有紀子 教授

496社にアンケート
企業に期待される
成蹊大学新理工学部の魅力

所属専攻以外の
科目も履修可能

すべての専攻で確かな
ICT活用力を身につける

企業や地域における課題をチームで
解決するための実践力を磨く

成蹊大学の理工学部はこれからの
社会にとって必要だと思う

成蹊大学の理工学部を卒業した
学生を採用したい

各専攻の学びや特色ある
カリキュラムの詳細はこちら

成蹊大学 新理工学部 特設サイト