[小論文教室] 頭の体操 ~進研ゼミの小論文対策~

ロジカル頭脳体操

ここがポイント

表を埋めながら、論理的に考えられたかな?

今回は初めから表が用意され、その表を使って考えるようになっていた。表を埋めながら、事実(根拠)と、それぞれが各一品ずつ注文しているという前提にもとづいて「論理的」に考えていたわけだ。「論理的」に考えるってことを体感できたかな?

挿絵

[答え] みんなは何を注文した?/難易度:2

  料理 デザート 飲み物
アヤコ グラタン プリン ウーロン茶
チサト オムレツ ケーキ ジュース
ヒロコ ステーキ パフェ ミネラルウォーター
ヤスコ ハンバーグ ワッフル コーラ
アキコ てんぷら ムース レモンスカッシュ

1.まず、わかっていることから

アヤコはグラタンを食べた。ヤスコはワッフルを食べてコーラを飲んだ。アキコはムースを食べてレモンスカッシュを飲んだ。また、ヒロコはハンバーグもてんぷらもオムレツも食べていない。

2.ヒロコの料理に注目すること

アヤコがグラタンを食べていることから、ヒロコはステーキを食べたことがわかる。そして、ステーキを食べたことから、ミネラルウォーターを飲んだこともわかる。

3.飲み物に注目すること

アヤコとチサトはそれぞれジュースかウーロン茶のどちらかを飲んだことになる。アヤコはジュースを飲んでいないから、チサトがジュースを飲んだことになり、アヤコがウーロン茶を飲んだことがわかる。

4.オムレツに注目すると

また、オムレツを食べた人はケーキを食べたことになっていて、オムレツとケーキ両方食べた可能性があるのはチサトだけである。よって、チサトはオムレツとケーキを食べたことがわかる。

5.デザートに注目すると

アヤコはパフェをたべていないので、ヒロコがパフェを食べたことになる。そしてプリンは残ったアヤコが頼んだことになる。

6.ヤスコに注目すると

最後に、ヤスコはてんぷらを食べていないからハンバーグを食べたことになる。残りから、アキコはてんぷらを食べたことがわかる。

一つひとつの事実を根拠にして、論拠にもとづいて考える。

「論理的」に考えるとは、根拠(事実)と論拠をもとに考えるということだ。
例えば、ヒロコはハンバーグもてんぷらもオムレツも食べていないということと、アヤコがグラタンを食べたという事実に、それぞれが各一品ずつ注文しているという前提を論拠とすると、ヒロコが注文した可能性があるのはステーキだけになる。
さらにわかったことを根拠として、次は何が「論理的」に言えるかを考えていこう。

  • 問題に戻る

↓

クローバーアイコン 小論文の「論理的思考力」についてもっと知りたい人は…