高校生環境小論文コンクール

2012年度の課題と受賞作品

優秀賞(副賞:電子メモパッド+図書カード5,000円分)

無駄を省くこと【設定した立場】雑誌の編集長

佐野日本大学中等教育学校 5年

栃木県

中野 莉理香

中野 莉理香さんからのコメント

自分の生活の中で実行できることを書こうと思い、自分にとって身近な「洋服」を題材として取り上げました。そして、今の若い人に影響力の大きい「雑誌」を通じて発信すればより多くの人にメッセージが伝わるのではないかと考えを進めていきました。この小論文を読んでくれた人が、「自分にもできるかも」と思ってもらえればいいな、と思います。

細田先生からのコメント

身近で簡単なエコ活動としての「着回し」を、雑誌の編集長として発信するというアイデアです。服に着目し、なかなか日本で進まないリユース、リデュースを自分の日常生活に引きつけながら考えています。「愛着」「気持ち」「思い入れ」など、心のつながりやあたたかさを感じさせる言葉がちりばめられ、読む人をほっとさせる文章に好感を持ちました。とくに「節約というよりも自身の工夫が洗練されていく」という一節には、大人の感性が感じられます。いつもこうした事柄に興味を持ち、考えているということがよく伝わってきます。
しいていえば、雑誌の編集長という立場や雑誌の発進力を活かした具体策を提案してほしかったですね。なぜ雑誌というメディアを選んだかも知りたいと思いました。

 

ページトップへ