高校生環境小論文コンクール

2013年度の課題と受賞作品

優秀賞(副賞:スープマグ+図書カード5,000円分)

農林水産業を環境教育に 〜自然環境を第一次産業で守る〜【設定した立場】文部科学大臣

宇都宮白楊高等学校 2年

栃木県

野澤 美祈

野澤 美祈さんからのコメント

農業経営科で作物、果樹、野菜などの栽培実習等を通し、農業の難しさ、面白さを味わっています。自然の中でこそ成り立つ農業は、自然に支えられた産業であり、それは生活の根底を支える第一次産業すべてに言えることです。
第一次産業の楽しさ、素晴らしさを、また、それを支える自然の大切さを伝えたく、書きました。

細田先生からのコメント

高校生らしからぬ成熟した文章に驚きましたし、農林水産業の重要性に関して真正面から取り組む姿勢はすばらしいと思いました。「声高に言うよりも体験してほしい」という訴えも心に響きます。
 欲を言えば、環境問題の“何”を解決したいのかを明らかにし、もっと論旨を明確にしてほしかったですね。短い文章ですから、曖昧な部分をできるだけ排除したほうがわかりやすくなります。また、「義務付ける」という言葉にもひっかかりを覚えました。結びでは「必修」となっているので、おそらく「カリキュラムに取り入れる」という程度の意味なのでしょうが、もう少し言葉を吟味して使ってほしかったなと思います。

 

ページトップへ