高校生環境小論文コンクール

2015年度の課題と受賞作品

優秀賞(副賞:表彰盾+図書カード5,000円分)

和食屋と環境問題【設定した立場】和食屋の経営者

太田 明紗日


細田先生からのコメント

 この小論文の一番の魅力は、多くの人は見ることができない和食屋の舞台裏を、自分の日常体験をもとに書いているところです。鰻重のたれご飯の話など、とても面白く読みました。こうした「自分ならでは」の日常に基づいた記述は、説得力を増すと同時に、文章の魅力ともなっています。
 また、提案内容も具体的です。「容器持参」「メニュー表の横にルールを書く」などは、十分に実現可能なシステムです。「ポイント制で割引や一品サービス」という客側のメリット、つまり「動機づけ」も考え、単に食べ残しをしないよう訴えるだけにとどまっていないところが、説得力を高めています。
 ひと工夫欲しかったのが最後の2つの文です。地球全体に話を広げたために、とってつけたような、漠然とした内容になってしまいました。最後が全体を締めるパンチのある文になれば、最優秀賞を争うレベルになるでしょう。

 

ページトップへ