高校生環境小論文コンクール

2015年度の課題と受賞作品

優秀賞(副賞:表彰盾+図書カード5,000円分)

学生クールビズ政策【設定した立場】教育委員会

菅原 未帆


細田先生からのコメント

 「高校生はクールビズを行っていない」という指摘には、はっとしました。自分の日常体験にしっかりと根ざして問題を考えることで、引きつけられる小論文となっています。
 特によかったのは、「地球温暖化の対策は企業だけが努力しても意味がない」という最後の段落です。国や企業だけに努力を求める人が多いなか、自分も含めた「全ての世代の問題」としてとらえ、対策を提案している点はすばらしいと思います。環境問題の本質を突く提案です。
 ただ、クールビズに着眼し、エアコンに絞って論じることで、問題点が鮮明になった反面、「エアコンだけの問題か?」という疑問もわいてきます。切り口はエアコンでよいのですが、省エネ、節電問題にテーマを広げて、例としてエアコンを挙げるという形でうまく問題を広げることができれば、とてもよくなるでしょう。

 

ページトップへ