高校生環境小論文コンクール

2015年度の課題と受賞作品

優秀賞(副賞:表彰盾+図書カード5,000円分)

登山者が行うカシノナガキクイムシの防除【設定した立場】登山者

藤原 伸


細田先生からのコメント

 「カシノナガキクイムシの防除」というピンポイントなテーマですが、とても面白く読みました。書き手の一生懸命さが伝わってきます。
 提案も、今までの粘着シートの問題点を克服するという、具体的ですぐに実行可能なものが考えられています。
 一つ惜しかったは、この活動の話題だけで完結していることです。こうしたピンポイントの問題を取り上げる際は、その活動だけに終わらず、環境に対する運動としてどのように広げていけるのかも考えるとよいでしょう。例えば、この活動に参加した登山者の環境意識は高まると期待できるので、それを具体的に示し、そこからどう広がるのかを考えたり、あるいはほかの生物の防除への応用について考えたりといった方向が挙げられます。そうした環境問題全体へと意識を広げることで、より共感を生む小論文となります。

 

ページトップへ