高校生環境小論文コンクール

2015年度の課題と受賞作品

優秀賞(副賞:表彰盾+図書カード5,000円分)

今の現状をうまく利用した緑化推進活動【設定した立場】アメリカのワシントン州にあるベルビュー市の市長

裴 裕未


細田先生からのコメント

 「ベルビュー市の市長」の立場という発想はユニークで、とても面白く読めました。設定の面白さだけではなく、緑化推進のための「子どもへの教育→大人への教育→大衆に広げる」という流れのある提案は、説得力があります。また「次は大人の出番である」「そこで利用するのが、大衆化である」といった言葉の使い方も、高い文章技術を感じさせます。
 ただ、具体策として挙げている「ガーデニング」はありきたりで、小さくまとめてしまったという感じを受けます。プラスαとなる具体策をもう一歩考えたいところです。
 また、書き出しのインパクトに対し、文章の終わりが漠然としているのも気になります。書き出しの「ベルビュー市長」を受けたインパクトがある一文を最後に持ってくることができれば、ますます面白い小論文となります。

 

ページトップへ