高校生環境小論文コンクール

2016年度の課題と受賞作品

優秀賞(副賞:表彰盾+図書カード5,000円分)

紙と私たち【設定した立場】教師

済々黌高校1年 M.O


細田先生からのコメント

 身近な実体験をもとに、なぜうまくいかなかったのかを考え、改善方法を示すことができています。非常に小さな工夫ではありますが、その小さな工夫を積み重ねて何かを成し遂げるというのは、環境問題にまさに必要とされることです。そういう意味で、こうした自分の体験にのっとった積み上げを伝えていこうとするこの文章は、非常に好ましいです。
 改善点を挙げるとすれば、この方法を採用することでどの程度効果が出るのかが曖昧な点です。例えば、この小さな積み上げによって木の伐採がどの程度減るのか、または仮定でもよいのでリサイクル率が2割進めばどうなるのか、など効果に言及できれば、格段に説得力が高まります。

 

ページトップへ