よくある質問

偏差値を1アップさせるには、何点くらい必要ですか?

「標準偏差÷10」が偏差値1アップさせるのに必要な得点です。

標準偏差とは

受験生個々の得点が、平均点からどのくらい離れているかという「得点の散らばり具合」を示す数値です。
得点の散らばり具合が大きいほど、標準偏差も大きくなります。標準偏差の値は模試や科目によって異なります。

計算例

例えば、2017年度1年11月記述模試では、偏差値1アップするのに、国数英総合で約4.5点、教科別では約1.5~2.0点ほどが必要と言えます。
例えば、国数英総合偏差値45だった受験生が偏差値50をめざすには、およそ23点(4.5×5=22.5)が必要です。
この得点をそれぞれの教科に振り分けると、具体的な学習目標にすることができます。

参考データ:2017年度1年11月記述模試結果より
平均点 標準偏差 偏差値を1アップさせるのに必要な得点
国数英総合(300点満点) 110.9 44.7 4.47
国語(100点満点) 42.6 16.1 1.61
数学(100点満点) 35.8 19.9 1.99
英語(100点満点) 32.5 15.3 1.53