法政大学 経営学部

大学生 No.0099

神奈川県立生田高等学校出身

#関東・甲信越エリアの大学

#旅行(バックパッキング)

進路インタビュー

※記事内のインタビュー内容は2020年8月時点のものです。入試科目や制度などの最新情報はマナビジョンの大学情報ページや大学HPをご確認ください。

1「大学で学びたいこと」を決めたきっかけはどんなことでしたか?

高校時代に学園祭で「消費者行動」のようなことを学べるようなきっかけがあり、面白かったことがあった。そのため、「経営」や「マーケティング」に興味を持つようになった。

2「決め手となった項目」をおしえてください。(特に当てはまるものを5つまで選択可)

入試科目

入試方式

偏差値

知名度

学部学科など学べること

アドミッションポリシー

留学プログラム

研究室や教授

就職サポート

卒業後の就職状況

取得できる資格

学費・奨学金制度

キャンパスの場所

キャンパスの広さや施設・設備

男女比率

学生総数

その他(フリーアンサー)

3上記のなかで「最も決め手となった項目とその理由」は?

その他(フリーアンサー)

理由:回答なし

4「この大学を選んでよかった」と思うことは?

自由と規律のような理念があると感じること。

5これから「進路を決める高校生」にひと言!

とにかく遊んで遊んで遊んで遊びまくってください。そして、しっかりと勉強をして、志望校合格を勝ち取り、夢がある大人になってください!

キャリアインタビュー

dodaキャンパスの登録ユーザーが就活で企業にアピールしている自身のキャリアを紹介します

#旅行(バックパッキング)

「世界で感じた差。それから始まった旅」

2018.02~

「世界で感じた差を埋める旅」 
大学1年生の春休み、イギリスにて3週間の短期語学留学をした。そこで、2つの危機感を抱いた。(1)異なる価値観を持つ人と接する機会が少ないこと(2)意見に対して同調することが良いという雰囲気がある環境に身を置いていること。
そのため、2年次に多様な価値観、考え方に触れるため、長期休暇を利用し、様々な職種の日本人の方とお会いした。
そして、2年次に社会人と会い感じたことをアウトプットすること、中国人の留学生の方と会った時に感じた意識の差を埋めるため、3年生の夏休みにカンボジアで「72時間でビジネスを立ち上げる」という短期インターンシップに参加をした。6人1チームで、営業代理のミッションに対し、市場調査、店舗との交渉、企画、NPOの代表でもあり、起業家でもある代表の方に企画のプレゼン、営業ということを行った。
すべてのフェーズで壁が立ちはだかったが、チームで乗り越えた。結果として、私たちのチームは、お酒の販売代行と日本人交流会を開催し、約45ドルの利益を上げることに成功した。

この先輩のお話が参考になったら「いいね」をタップ!
いいね

他のセンパイインタビューも読む