お子様を守る!スマホモラル講座 用語集編

お子様を守る!保護者のためのスマホモラル講座 用語集

音楽・動画編

アップロード

通信回線やネットワークを介して、動画や写真などのデータをサーバに送信することを指します。アップロードすることにより、そのデータはアクセス可能な人物が自由に閲覧することが可能になります。データがアップロードされる環境は、インターネットに接続可能な人ならだれでも閲覧可能なもの、ID・パスワードがなければ閲覧できないものなどがあります。

ダウンロード

通信回線やネットワークを介して、動画や写真などのデータをサーバから受信することを指します。また、受信したデータをパソコンやスマホ内に保存することも指します。

ワンクリック詐欺

あるボタンをクリックしただけで、身に覚えのない高額請求画面やウイルス感染の警告画面が表示される詐欺の手口です。メールに添付されたURLや動画のダウンロードボタンに仕掛けられていることが多く、そのボタンを押すと「会員登録料」「ダウンロード料金」などの名目で、身に覚えのない高額請求画面などが表示されます。驚いて問い合わせをしたり、料金を振り込んでしまったりして被害に遭うケースが多いため、そのようなケースに遭遇した場合には、適切に対処する必要があります。

OS(オーエス)

Operating System(オペレーティング・システム)の略。パソコンやスマホなどを動作させるための基本的な機能を提供するシステム全般のことを指します。 例えば、AppleではiOS、GoogleではAndroidなど、スマホによって搭載されているOSが異なるため、スマホの機能や使用できるアプリの種類などが異なっています。

スマホゲーム編

ソーシャルゲーム

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)上で提供されるゲームのことです。インターネットを介して、複数の人が同時にゲームに参加します。対戦ゲームや協力ゲームなど、人と人とのつながりをうまく組み込んだゲームが多く、「アクション」「アドベンチャー」「ロールプレイング」ゲームなどに多く見られます。

オンラインゲーム

インターネット接続環境下で使用するゲームで、インターネット環境を使用しないオフラインゲームと対比されます。インターネットを介して、対戦ゲームや協力ゲームなど、人と人とのつながりを組み込んだゲームが多く、広義にはソーシャルゲームとほぼ同意ととらえられることもあります。

パスコード

多くの場合、「暗証番号」「パスワード」と呼ばれる認証キーと同じ意味で使われています。例えば、iPhoneの画面ロックなどで使用されており、4ケタの数字を設定することができます。

Facebook編

Facebookとは?

「実名登録」でやりとりをするSNSです。自身の情報を投稿したり、友達の近況や、企業・著名人から投稿された興味のあるニュースなどを入手したりすることができます。また、友達とメッセージのやりとりをしたり、グループでメッセージの交換や写真・動画の共有をしたりすることもできます。

SNS

ソーシャル・ネットワーキング・サービスのことで、人と人とのつながりの場となるコミュニケーションサイトのことです。多くのサイトは、自分のプロフィールや写真を友達に紹介したり、同じ趣味を持った友達とインターネット上でつながったりすることができます。

フィード

Facebookの「友達」の投稿や、Facebookからの広告記事などの情報が、常時アップデートされ表示される場所です。Facebookを利用する上で基本となるページで、フィードに流れてくる投稿をチェックすることで、友達の近況や更新情報などを入手します。

ネットストーカー

インターネット上で、特定の人に対してストーキング行為をする人のことです。被害者と加害者の間には面識がない場合も多く、加害者は特定の人の投稿を監視したり、個人情報を盗み取ったり、誹謗中傷をインターネット上に書き込んだりし、最終的には、実際にストーカー行為に及ぶこともあります。

タグ付け

投稿する写真に、その人のタイムラインへのリンクを張ることです。タグ付けすることで、Facebook上で写真を見た人には、写真に名札が付いているようにその人物の名前が表示され、さらに名前をクリックすると、その人のタイムラインを見ることもできます。この写真は投稿者だけでなく、タグ付けされた人のタイムラインにも表示されます。タグ付けされると、いつ、どこで、だれと、何をしていたのか、という情報が公開されます。

タイムライン

本人に関するアクティビティが表示される場所です。本人の投稿や、「いいね!」をした記事だけでなく、ほかの人がその人をタグ付けした投稿や、「いいね!」をしてもらったという情報など、本人に関する情報のみが表示されます。

友達

「友達」になると、公開設定によっては「友達」の投稿や「いいね!」をした記事などが、フィード画面に表示されます。「友達」になるためには「友達申請」が必要で、申請が承認されると「友達」になることができます。

いいね!

友達の投稿や気になる記事について、共感したり、気に入った場合に「いいね!」を押します。友達の投稿に「いいね!」をすると、「いいね!」をしたことが友達に通知されるので、簡単に気持ちを伝えることができます。

【コラム】なんで「実名登録」なの?

Facebook創始者であるマーク・ザッカーバーグが、ハーバード大学内で利用者を制限した「実名名簿」を作成したのが始まりです。当初は狭い範囲での利用だったので、「実名」でしか成り立たないシステムだったと言えます。この「実名名簿」が、他大学を巻き込む規模に広がり、コミュニケーションツールなどを伴う現在のFacebookに進化しました。

Twitter編

Twitterとは?

最大140文字の短い投稿(ツイート)を、みんなで共有するサービスです。特定のだれかに向けてではない、広くゆるいつながりが特徴で、高校生の間でも普及しています。

ツイート

英語で鳥の「さえずり」を意味し、日本語では「つぶやき」と意訳されます。実際の会話のように短い文章をリアルタイムで投稿すること、またはその投稿自体ののことです。

フォロー

特定のユーザのツイートが自分のホーム画面のタイムラインに表示されるようになる仕組みです。

フォロワー

あるユーザのことをフォローしているユーザのことです。

タイムライン

ホーム画面に表示される、ツイートの一覧表のことを指します。この一覧表には、フォローしている人のツイートが時系列に並んで表示されます。

#(ハッシュタグ)

それぞれのツイートをカテゴリに分別するためのタグを指します。「#○○」のように、「#」の後ろにキーワードが記述されています。例えば、「#マナビジョン」で検索すると、「マナビジョン」についてのツイートのみを閲覧することができます。

返信(リプライ)

特定のユーザの「ツイート」に対して、返事を送ることです。メールと異なる点は、「自分」と「相手」の両方をフォローしている人には2人のやり取りが見えている(公開のコミュニケーションである)という点と、自分がフォローしていない、全く知らない相手に対しても、返信することができるという点です。

リツイート(RT)

他のユーザーの「ツイート」を再投稿し、自分のフォロワーにも共有できる機能です。「リツイート」も「返信」と同様、自分がフォローしていない人の「ツイート」を「リツイート」することができます。

炎上

特定のユーザの不謹慎な「ツイート」に対し、不特定多数のネットユーザーによる批判や中傷が集まり、炎が燃え上がるかのように広がっていくことです。炎上によって、個人情報をインターネット上に拡散されるケースや、自分だけでなく関係者にまで影響が及ぶケースもあります。

【コラム】「@○○」「#○○」って何?

Twitterのつぶやきについてくる「@○○」「#○○」の記述。これはいったい何を表わしているのでしょうか?「@○○」とは、Twitter上でのユーザの名前を表します。返信やリツイートを行う際には、「@返信する相手」「@リツイートする相手」などの「@○○」という情報が添加されます。
「#○○」とは、それぞれのツイートをカテゴリに分別するためのタグです。「#○○」のように、「#」の後ろにキーワードが記述されています。ホーム画面の検索で、キーワード検索を行う際には、#(ハッシュタグ)をもとに関連ツイートが検索され、例えば「#マナビジョン」で検索すると、「マナビジョン」についてのツイートのみを閲覧することができます。

LINE編

LINEとは?

無料通話や手軽なメッセージの送受信ができるアプリです。スタンプや写真などの共有が簡単なことが大きな特徴で、中高生を中心に幅広い世代に人気です。

チャット

英語で「雑談」を意味し、インターネット上で実際の会話のように、短い文章でリアルタイムにやり取りするコミュニケーションのことを指します。

グループトーク

複数人でのトークが可能な機能です。グループを作成し、複数人の「友だち」を招待することによって、固定のメンバーのみが閲覧・書き込みできる場で、トークを楽しむことができます。また、ノートとアルバムによって共通のメモの保存や写真の共有を行うことができます。

LINEスタンプ

LINEの中で使用するイラストのことです。従来の絵文字よりも存在感があり、トークやノートの中でスタンプを使うと、スタンプひとつで喜怒哀楽などの感情を表現することができます。メールのように文字を打つことが苦手な人でも、スタンプひとつで手軽にトークできます。

既読

LINEは自分が送ったメッセージを相手が読むことで、既に読まれたメッセージに「既読」というマークがつきます。これによって、相手がメッセージを読んだか読んでいないかがわかります。

既読スルー(KS)

「既読」マークがつき、相手がメッセージを読んでいるにもかかわらず、メッセージが返ってこないことです。

LINE外し

グループトーク機能を利用して、グループから強制退会させられたり、その人以外でグループを作ったりして、特定のメンバーを仲間外れにすることです。閉鎖的なグループトークの機能によって、いじめが表面化しづらくなっています。

LINEユーザURL

離れたところにいる相手とも「友だち」になれるURLです。このURLをメールに添付して送ると、送られた相手は1クリックするだけで、そのURLの持ち主とLINEの「友だち」になれます。

タイムライン

自分や友だちのリアルタイムの投稿が時系列に表示される機能のことです。自分が何をしているか、友だちが何をしているかをタイムラインを通じて共有することができます。

【コラム】「KS(既読スルー)」「LINE外し」って何?

意図的に返信をしない「KS(既読スルー)」やグループから強制的に退会させられる「LINE外し」などLINEをきっかけに始まるいじめ。これまでのいじめより簡単に、面白さを優先した、軽い気持ちでのいじめが起こりやすくなっています。相手の顔が見えない分、いじめがエスカレートしてしまうことも多く、常にスマホを手放せないお子様が増えています。中には「LINE疲れ」や「ネット依存症」にまで発展してしまうケースもあるため、ネット上での友だち同士のつながりをお子様と一緒に考えることが大切です。

基本ルール

・スマホの使用時間を決める。
・自分が言われて嫌なことや、されて嫌なことを送らない。
・人が知られたくないことは、他人に伝えない。
・自分や友達の個人情報を、むやみに教えない。