受験費用スリム化大作戦 いくらかかる?受験費用

子どもの大学受験にあたって「受験料、交通費に宿泊費、入学金に授業料…いったいいくらかかるの?」と心配な方も多いのではないでしょうか。実は、やり方しだいでお金が大幅に節約できます。さて、その方法とは…?

いくらかかる?受験費用

スリム化大作戦で受験費用が大幅減!

子どもの大学受験に際しては、受験する大学・学部分の受験料や交通費、遠方の場合は宿泊費などがかかり出費がかさみます。さらに、併願大の入学手続き締切日が第一志望大の合格発表前にある場合、入学金などの定められた金額を納付しなければ入学資格が消滅してしまいます。
「このままでは、お金がいくらあっても足りないのでは…」と心配する方も多いことでしょう。しかし、下記のように“作戦”しだいでは、大幅に受験にかかるお金をスリム化することが可能です。

シミュレーションしてみましょう

一般的な例をシミュレーションしてみましょう。
子どもが下記の大学を受験した場合…

シミュレーション1: 上記の例で受験した場合の、受験にかかるお金


どうやってスリム化するの?

※1 受験大を見直し、遠方私立C大の受験を取りやめたと想定。
※2 遠方私立A大について、1検定料(35,000円)の支払いで大学入学共通テスト利用入試も受験可能となる制度を利用。志望度の低い遠方私立C大を取りやめたため、結果、2大学分の検定料35,000円×2校=70,000円。
※3 遠方私立A大について、地方試験を利用し、自宅から自家用車で保護者が送迎したと想定。

シミュレーション2: 上記の例で受験後、私立の2大学に合格した場合の入学手続きにかかるお金


どうやってスリム化するの?