入試の仕組み 学校推薦型選抜

高校生活全般の努力を評価する学校推薦型選抜。概要をしっかりチェックしていきましょう。

学校推薦型選抜

私立大学の約4割は学校推薦型選抜での入学

受験方式として年々存在感を増している学校推薦型選抜(旧・推薦入試)。特に私立大学全体では、入学者の4割が旧・推薦入試で入学しています。

学校推薦型選抜は「指定校推薦」と「公募制推薦」の2種類に分けられます。保護者の世代によく知られているのは「指定校推薦」でしょう。夏休み明けに校内選考を行う高校が多いので、受験を希望するのであれば、三者面談などで担任の先生に相談しておきましょう。

「公募制推薦」は、学校長の推薦があり、大学が定めた条件を満たしていれば、誰でも出願することができます。公募制にも種類があり、「一般推薦」は高校の卒業成績に基準を設け、面接や小論文の試験結果を加味して選抜を行います。一方の「特別推薦」は、部活動や資格取得などの実績、経験などから受験生の個性や能力を評価します。

医学部医学科や教育学部は、地元で活躍する人材を確保するために、地元や近隣出身者などを対象とする「地域枠」を設けているケースもあります。

学力だけでなく日ごろの努力も評価する

学校推薦型選抜は主に書類審査で合否が決定されます。調査書に記載される学習成績の状況や学習成績概評(下図)、生徒会活動や課外活動の実績などが評価されます。

高校の成績や部活動の実績に自信があるのであれば、合格のチャンスを増やすためにも、ぜひ学校推薦型選抜での受験を考えてみてください。ただし、国公立大学の学校推薦型選抜は学力試験として共通テストも課すことが多いです。日頃から勉強を欠かさず、共通テストでも実力を発揮する準備をしておくことが大切です。

学校推薦型選抜は他大学との併願が認められない「専願」条件があります。「専願」で合格すると入学辞退は認められません。国公立大学のほとんどの学校推薦型選抜は「専願」で実施され、私立大学の指定校推薦も原則「専願」です。ただし、私立大学の公募制推薦は併願が可能な場合もあります。