アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシーとは、大学の入学者受け入れ方針のこと。子どもと大学の相性を考えるうえで、参考にすべき重要な資料です。どのように活用できるのか、詳しく見ていきましょう。

アドミッション・ポリシーの読み解き方

入学から卒業まで一貫した教育を行うための「方針」

大学改革の一環として、2017年度から全ての大学に対し、「アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)」「カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)」「ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)」の策定と公開が義務付けられました。この3つの方針は、それぞれ大学が「どのような人を入学させ」「どのように育て」「どのような力を身につけて卒業させるか」を示すものです。

大学はまず教育理念や建学の精神をもとにディプロマ・ポリシーを定め、その達成に必要な教育方針としてカリキュラム・ポリシーを定めます。この2つのポリシーをふまえ、どのような入学者を受け入れるか、アドミッション・ポリシーを定めます。こうして3つの方針が決まることによって、入口から出口まで一貫した質の高い教育が行われると期待されています。

アドミッション・ポリシーを読めば入学させたい人物像がわかる

3つの方針は、受験生や保護者が大学を知るうえで非常に役立ちます。その大学の教育の全体像が記されているため、志望校が決まっている場合も、迷っている場合も、一度は目を通しておくといいでしょう。

なかでもアドミッション・ポリシーは必ず読んでおきましょう。アドミッション・ポリシーは、どんな人に入学してほしいかを示した、大学からのメッセージです。求める人物像、求める力のほか、どんな入試を行うのかも書かれているので、大学と子どもの相性を考えるいい判断材料になります。特に総合型選抜・学校推薦型選抜を受験する場合、志望理由が関係するので、必ず目を通しておきましょう。

多くの大学は、大学、学部、学科のアドミッション・ポリシーを定めており、求める人物像や選抜基準など順に細かく、具体的な内容が記される傾向にあります。まずは大学のアドミッション・ポリシーを読み、その大学の大まかな校風を理解しましょう。次に学部のアドミッション・ポリシーを読みます。例えば経済学部と文学部では、求める人物像が大きく異なります。だからこそ、学部のアドミッション・ポリシーは端的かつ具体的に、求める人物像がまとめられています。ホームページや大学案内で探しやすいのもポイントです。ぜひ確認してください。

アドミッション・ポリシーはこう読む!

〈例〉九州大学文学部(九州大学ホームページより抜粋)

1.どのような力を発展・向上させるのか

どのような学生を育成するのかを、教育理念・教育プログラムに分けて説明しています。特に教育プログラムでは、学生をどのように育てるのか、具体的な内容に触れています。この部分を読んだうえで、大学パンフを通して詳しい内容を調べたり、他学部に書かれていることと見比べてみたりすると、その学部の特徴がよくわかるはずです。

2.入学者に求める資質・能力は何か

求める人物像について記されています。「筋道を立てて思考し」「他の人々と対話しつつ」「言葉への強い興味」など、わかりやすいキーワードがいくつかあるようです。こうしたキーワードが、子どもに当てはまるか考えてみましょう。

3.重きを置く能力とその評価のしかた

各入試方式によって測る力と、その評価方法が記されています。出題の背景にある大学の考えを知ることにより、一歩踏み込んだ対策ができるでしょう。大学によっては入試方式ごとのアドミッション・ポリシーを用意していることもありますので、あわせて確認してください。