卒業までにかかる費用

入学後、卒業までの4年間(または6年間)、授業料などの学費を大学に納付します。 また、生活費や、それ以外に必要な費用も欠かせません。 継続して必要な費用として、しっかり見積もっておきましょう。

卒業まで

【学費】授業料以外の諸経費にも要注意

学費は、進学先によって大きく異なります。国立大学の授業料は年間53万5800円を標準として、この20%増の64万2960円が上限と定められています。公立大学の学費は国立大学に準じていますが、大学の所在地域の住民は、入学金が低額となるケースがほとんどです。一方、私立大学の学費は、大学間はもちろん、学部間でも大きな差があります。一般的に文系学部よりも理系学部や芸術系学部のほうが高額です。特に、医、歯、薬学部の学費は文系学部に比べ非常に高額で、在学年数も長いため、総額では大きな差になります。また、授業料のほかにも、実験・実習費、諸経費なども必要になることが多いです。大学や学部、履修選択などによって納付額は異なるので、早めに調べておきましょう。

【生活費】誰がどこまで負担するのか子どもと話し合う

特に差が大きいのは、主に食費、住居費です。下宿生活は費用がかさみますが、子どもにお金の使い方をアドバイスするいい機会とも言えます。無理なくバランスよく暮らせる節約方法など、家計管理能力を身につけさせましょう。

そのほか、学生生活にはさまざまな出費が発生します。運転免許の取得費用や旅行費、就職活動費などです。また、最近では卒業の要件に留学を課す大学もあり、その費用も必要です。保護者がどこまでサポートするのか、子どもと話し合っておくことが大切です。

保護者のサポートのほか、アルバイトも学生の収入源の一つです。アルバイトは自宅生、下宿生どちらにとっても、社会経験を積むいい機会です。大学によっては、授業のサポートを行うSA(スチューデントアシスタント)や図書館事務など、学内でアルバイトを募集しています。学業がおろそかにならない範囲で、ぜひ経験させておきたいものです。

学生寮や民間の学生会館の利用も検討を

大学の学生寮は、キャンパスに近く、安価で安全です。異なる学年や学部の学生との交流もできるなど、多くのメリットもあります。また、民間が運営する学生会館などもあり、バランスの取れた食事を提供してくれるなどの特徴があります*。

*学生会館により異なります。

成績上位者などが対象のスカラシップ制度

成績上位者や経済的困難を抱える学生を対象に、大学が授業料の減免や奨学金の給付・貸与を行う制度。例えば森ノ宮医療大学では、一般選抜前期の保健医療学部合格者の上位15名程度に、初年度の学納金(入学金除く)155万円を免除しています。