関関同立

産近甲龍

志望のキミへ

併願戦略 3つのポイント

勉強はもちろん、併願校探しや出願についても、きちんと戦略を立てることが志望校合格のヒケツ。その理由や具体的な方法を確認しよう。

競争を勝ち抜くには、
合格に向けた“併願戦略”が必須

合格者数が絞り込まれる
=合格のハードルが上がる!

「最近、私立大の入試が難しくなっているらしい」…そんなウワサを耳にしたことはないかな? たしかに、私立大入試は4年ほど前から「志願者が増え、合格者が減る」という激戦の時代に突入した。下の表を見てみよう。関関同立の志願者数は、2016年度を100とすると翌年以降のほとんどが100以上と志願者が増加している。一方で、合格者数は100を切っており減少していることわかる。
これは、2016年度入試から段階的に行われた「入学定員の厳格化」が大きな原因。人気のある都市圏の大規模大学ばかりに志願者が集まってしまうという問題を解消するため、入学定員を過度に超える合格者を出さない、というルールができた。合格者が減るということは、それだけ合格のハードルが上がるということだ。

表1志願者数推移(関関同立)

※数値は2016年度入試を100とした際の指数です
ベネッセ調べ

予測困難な2021年度入試
合格に向けて今やるべきことは?

合格者絞り込みによる難化は、その後、幅広い大学に波及した。2020年度入試ではやや落ち着き、前年を上回る合格者を出す大学も増えたが、だからといって油断は禁物! 2021年度は新入試元年、共通テストが導入されたり入試内容が変わったり、私立大入試も大小さまざまな変化があるだろう。さらに新型コロナウイルス感染症の影響もあって、2021年度入試は予測困難な状況が続きそうだ。
だからこそ今、勉強に力を入れることはもちろん、受験を勝ち抜くための“戦略”を練っておくことが大切なんだ。例えば、併願校選びや出願の仕方をうまく工夫することで、有利な条件で本命の入試に臨むこともできるだろう。志望校以外にも気になる大学があれば、入試傾向や過去問題、公開されている合格最低点などを確認してみよう!

表2合格者数推移(関関同立)

※数値は2016年度入試を100とした際の指数です
ベネッセ調べ

戦略のポイントは
「どう併願するか」にある!

ポイント1志望校より先に併願校を受験する!

誰だって入試本番は緊張する。それが本命の志望校ならなおさらだ。そのため、いきなり志望校の入試を受けるのではなく、合格できそうな併願校を先に受験して入試の空気に慣れておこう。
具体的には、「安全校」「併願校」から受験するようスケジュールを組むといい。先に併願校の合否がわかると自信もつくぞ。また、入試が連続すると疲れてしまうので、適度に間隔を空けることも大切だ。

志望校と併願校の入試スケジュール例

ポイント2志望校と同じ科目で受験する!

1つめのポイントで触れたとおり、併願校の入試は志望校の入試のリハーサルとして活用できる。なるべく志望校と同じ科目で受験し、問題を解く感覚を磨いておこう。
また、たくさんの科目をバラバラ勉強するのは効率が悪い。受験勉強をスマートに進めるためにも、早めに受験予定の大学の入試を調べ、勉強する科目をそろえておこう。

志望校と併願校の入試科目の例

ポイント3受験費用をなるべく抑える!

受験料はもちろん、交通費や宿泊費など、受験には何かとお金がかかる。併願校を多めに受験する場合は保護者とよく相談しつつ、安く受験できる方法がないか調べておこう。大学によっては、複数の日程に出願すると受験料が安くなったり、地方に受験会場を設けたりしていることがある。

1大学あたりの受験料(遠方の私立大を受験した場合)

※金額は大学によって異なります。

Recommended University例えばこんな併願校を選ぼう!

PR

追手門学院大学

経済学部、経営学部、地域創造学部、社会学部、心理学部、国際教養学部の6学部を抱える大阪府の私立総合大学。入試にかかる費用の軽減をはじめ、受験生が入試を受けやすい工夫を多く行っている。

この大学の併願ポイント

入学金は16万円。さらに、入学金と学費等を2回に分割納付できる!

入学金さえ納付していれば、残りの学費等は国公立大学や難関私立大学にチャレンジしてからでも間に合う分割払いができる。公募制推薦入試(学校推薦型選抜)でも一般入試(一般選抜)でも対象となるので、併願プランが立てやすい。さらに、入学金は全国私立大学の平均額に比べて少ない16万円に抑えられており、経済的な負担を軽減。

大学入学共通テスト利用入試は一般入試(一般選抜)と同時出願がお得!

一般入試(一般選抜)に第一志望で出願した学科・専攻であれば、大学入学共通テストの検定料は無料に。さらに2出願目以降は、1出願につき5,000円で出願が可能で、学内併願もしやすい。時間と費用を抑えながら、併願のチャンスを広げることができる魅力的な出願制度だ。

返済不要!授業料85万円が全額免除になる「桜みらい奨学金」

対象の入試を優秀な成績で合格すれば、1年間の授業料相当額85万円が全額免除される。また、毎年学力基準の審査を通過できれば、4年間継続して奨学金を得ることも可能だ。

2020年度入試「英語」の出題傾向

出題傾向
教科書レベルの読解問題が中心!
文法・語いと英作文は基本を確実に!

大問1と大問2は長文読解の問題で語数は500~600語。2題とも空所補充と文章中の内容を問う問題が多い。文法・語いについては文法・語法を問う空所補充が4問で、間違いを指摘する問題が3問。英作文は整序英作で、そのうち1か所に入る語(句)を解答する問題。文法・語いと英作文ともに難易度は標準レベルだ。

出題形式
60%が空所補充と文脈把握問題
文章の前後を丁寧に読み解こう

大問1は地図の歴史、大問2は集団に関する問題がそれぞれ出題。長文読解については2題とも専門用語はないので読みやすく、長文の表題を解答する問題がある。各段落のテーマを理解し、何が言いたいのかを把握しながら読む必要がある。大問2の問1の空所補充は、大問1と比べると長い英文を入れなければならないので丁寧に読む必要がある。

※ 進研アド調べ

賢く受験するための!併願日程シミュレーション

本命大の合格発表より早く併願校の入学手続きがある場合、実際は入学しない場合も、入学金や学費を払わなければいけなくなる。図のように、入学手続きが遅い大学を併願校に選ぶと、お金の面での心配はぐっと減るだろう。

※下の図は右にスクロールできます→

併願戦略のポイントまとめ

併願校をどのように受験するか、きちんと戦略を立てて考えることで、本命の入試も安心して受けられるようになる。さあ、キミなりの併願戦略を考えてみよう!

  • データサイエンス系学部・学科を徹底リサーチ
  • AIは人を幸せにできるのか?大学教授にインタビュー
PAGETOP