関関同立

産近甲龍

志望のキミへ

出願戦略 3つのポイント

過去問題の傾向を分析し学習に生かすことは、戦略的な受験勉強の1つ。ベネッセによる過去問分析をもとに、受験後半戦を乗り切ろう!

志望大学別に見てみよう!

過去の入試問題分析は、2020年7月末までに発表されている情報をもとに制作しています。2021年度入試に向けた最新情報は、必ず各大学の公式サイトなどで確認してください。

関西大学
#文系 #理系
関西学院大学
#文系 #理系
同志社大学
#文系 #理系
立命館大学
#文系 #理系

過去問分析講座【関西大学】

過去の入試問題から見えてきた、各大学の英語・数学・国語の出題傾向を紹介する。どの教科で、どんな問題が出題されているのか、詳細は大学別のページをチェックしよう。

関西大学【文系】

  • 英語

    入試傾向

    設問形式別出題率
    読解問題のみの構成
    速読・即解力が求められる

    設問はすべてマーク式で、難度は標準レベル。会話・対話文と説明・評論文は例年出題されていて、小説・随想文が出されることもある。語数、設問数のどちらも多く、900語以上の長文が出ることも。段落ごとの論旨を理解する力が欠かせない。

    2019年度入試詳解
    大問分野出題内容・形式
    1A 読解(会話・対話文) 「オーストラリアからの留学生と日本人大学生の会話」
    会話のセリフを適文補充形式で埋める問題。語いレベルは高くないので取り組みやすい。語い力や文法力よりも、会話から文脈を素直に読みとる力が必要だ。
    1B 読解(随想・随筆文) 「ベビーブーマーたちの置かれた状況」
    30~60語程度の6つの段落を正しい順番に並べ替える問題。マーク式だが解答の表記方法に慣れておこう。語いレベルは高くないが、丁寧に話の筋を追う必要がある。
    読解(説明・評論文) 「急激に発達した旅行産業の弊害と、求められる行政の対応」
    語いレベルは難しくはない。空所補充が15問と内容一致文の完成が7問。難解な英文ではないが、文脈を正しくとらえる力が欠かせない。
    読解(説明・評論文) 「第一言語と第二言語の習得過程の違いとその影響」
    語いレベルは少し高めで、下線部の言い換えや意味を問う問題が10問と、内容一致問題が7問。極端に高度な語い力は必要ないが、専門的な用語や挿入語句も少なくないので、ネイティブの英文に対する十分な慣れが必要。

    ※全学部日程(2/7実施)入試より

  • 数学

    入試傾向

    大問別出題分野
    全分野の基礎を固め
    典型問題を解く力をつける

    空所補充と記述式の問題が組み合わされており、特に関数の分野からの出題が多い。大問3題の出題なので、1つでも苦手分野にあたると大きく失点してしまう可能性がある。頻出分野はもちろん、すべての分野の典型問題を確実に解けるようにしておくことが重要だ。

    大問201720182019
    図形と計量
    三角関数
    数列 数列
    整数の性質
    指数関数と対数関数
    複素数と方程式 図形と方程式
    三角関数
    図形と方程式 三角関数 空間ベクトル
    2019年度入試詳解
    大問分野出題内容・形式
    数列 連続した2つの0以上の整数の間にある既約分数の和を考える問題。小問の誘導に乗って解いていくとよい。
    記述式〈標準〉
    図形と方程式
    三角関数
    原点を中心とする半径1の円と円外の定点を通る2直線との交点、原点とを結んでできる三角形の面積の最大値を求める問題。問題文で与えられた条件などを正確に把握する力が求められた。
    記述式:空所補充〈標準〉
    空間ベクトル 1辺の長さが1の立方体の辺上にある3点を結ぶベクトルや内積、三角形の面積などを求める問題。解法は難しくないが、3つの文字を含む式を扱うので、煩雑な計算を正確にこなす力が必要。
    記述式:空所補充〈標準〉

    ※学部個別日程(2/3 実施)入試より

  • 国語

    入試傾向

    設問形式別出題率
    構成は評論と古文の2題から
    どちらも記述式問題に注意

    一部を除き、評論と古文の2題で構成される。漢字や現代語訳以外に傍線部がないため、設問の対象となる文章を的確にとらえる必要がある。多くは選択式だが、漢字の書き、50字程度の説明問題、現代語訳と、頻出の記述式問題もあるので注意しよう。そのほか、古文は中古の有名作品からの出題が多い。

    2019年度入試詳解
    大問分野出題内容・形式
    現代文(評論) 宇野常寛『日本文化の論点』
    情報技術、なかでもソーシャルメディアの発展により、人間関係が可視化されて計量可能なものになったことについて、ゲーミフィケーションをキーワードに論じた文章。表現は明快だが、なじみのない概念を扱っており、正解を導くには、正確な内容読解が求められる。最終設問は、筆者の考えを説明させる記述問題。指定字数内にまとめるのに時間が必要。
    マーク式:漢字の書き/内容読解
    記述式:漢字の書き/内容読解(50字)
    古文(歌物語) 『大和物語』
    平安時代の歌物語からの出題。摂津の国で貧しく暮らす夫婦の物語で、男は女に和歌を詠む。女主人公の心情・様子等を答える設問が多い。男の行動を答える設問では、内容理解のほか、和歌の解釈が求められた。記述式の現代語訳では、文脈から多義語の語義をとらえる必要があった。
    マーク式:内容読解/和歌の解釈
    記述式:現代語訳

    ※文・経済学部他 学部個別日程(2/1実施)入試より

  • 関西大学【理系】

  • 英語

    入試傾向

    設問形式別出題率
    読解問題のみの構成
    速読・即解力が求められる

    設問はすべてマーク式で、難度は標準レベル。会話・対話文と説明・評論文は例年出題されていて、小説・随想文が出されることもある。語数、設問数のどちらも多く、900語以上の長文が出ることも。段落ごとの論旨を理解する力が欠かせない。

    2019年度入試詳解
    大問分野出題内容・形式
    1A 読解(会話・対話文) 「オーストラリアからの留学生と日本人大学生の会話」
    会話のセリフを適文補充形式で埋める問題。語いレベルは高くないので取り組みやすい。語い力や文法力よりも、会話から文脈を素直に読みとる力が必要だ。
    1B 読解(随想・随筆文) 「ベビーブーマーたちの置かれた状況」
    30~60語程度の6つの段落を正しい順番に並べ替える問題。マーク式だが解答の表記方法に慣れておこう。語いレベルは高くないが、丁寧に話の筋を追う必要がある。
    読解(説明・評論文) 「急激に発達した旅行産業の弊害と、求められる行政の対応」
    語いレベルは難しくはない。空所補充が15問と内容一致文の完成が7問。難解な英文ではないが、文脈を正しくとらえる力が欠かせない。
    読解(説明・評論文) 「第一言語と第二言語の習得過程の違いとその影響」
    語いレベルは少し高めで、下線部の言い換えや意味を問う問題が10問と、内容一致問題が7問。極端に高度な語い力は必要ないが、専門的な用語や挿入語句も少なくないので、ネイティブの英文に対する十分な慣れが必要。

    ※全学部日程(2/7実施)入試より

  • 数学

    入試傾向

    大問別出題分野
    微分法・積分法中心の出題
    正確な計算力が攻略のキモ

    数学Ⅲの出題率が最も高い。難度自体は標準レベルだが、複雑な計算や工夫が必要な問題もあり、素早く正確な計算力が求められる。また例年大問4が小問集合で、さまざまな分野の問題が出題される。基本的な問題が多いので、ここでしっかり得点することが重要だ。

    大問201720182019
    微分法・積分法(数Ⅲ)
    極限
    微分法・積分法(数Ⅲ) 微分法・積分法(数Ⅲ)
    図形と方程式
    数列
    極限
    微分法・積分法(数Ⅲ) 複素数平面
    複素数平面
    極限
    複素数平面
    複素数と方程式
    図形と方程式
    数列
    整数の性質
    指数関数と対数関数
    空間ベクトル
    三角関数
    整数の性質
    指数関数と対数関数
    微分法(数Ⅲ)
    三角関数
    空間ベクトル
    場合の数と確率
    整数の性質
    三角関数
    場合の数と確率
    図形の性質
    関数(数Ⅲ)
    整数の性質
    2次関数
    2019年度入試詳解
    大問分野出題内容・形式
    微分法・積分法(数学Ⅲ) 与えられた関数f(x)の極値を求め、極小値を用いた式の和の極限を求める問題。区分求積法を適切に使えるかが試された小問も出題された。
    記述式:(3)は答えのみ記述〈標準〉
    複素数平面 複素数平面上の点が描く図形について考える問題。円を表す式に持ち込むなどの式変形をこなす必要があり、複素数平面における正確な計算力と、式を処理する力が問われた。
    記述式:空所補充〈標準〉
    数列
    整数の性質
    指数関数と対数関数
    数列と整数の性質の融合問題。漸化式で与えられた数列の項を2進法で表したときの桁数や各位の数の和を求め、さらに一般項の2乗を、数列の各項の積を用いた整数で割ったときの商と余りを求める。2進数と数列の「n」とのつながりを把握することがポイント。
    記述式〈標準〉
    三角関数/場合の数と確率/図形の性質/関数(数Ⅲ)/整数の性質/2次関数 (1)三角関数の最大・最小、(2)さいころを投げたときの確率、(3)分数関数のグラフ、(4)1次不定方程式の整数解の個数、(5)3変数関数、からなる小問集合。
    記述式:空所補充〈標準〉(1)(2)はやや易、(5)はやや難

    ※学部個別日程(2/2 実施)入試より

  • 参考:進研ゼミ「大学入試分析Web」(別ウィンドウで開きます)

    Recommended University併願校も考えよう!

    志望校合格のチャンスを高めたいなら、併願校をしっかり考えることが大切。出願までまだ時間のある今のうちに、自分に合った併願校を探してみよう!

    PR

    追手門学院大学

    経済学部、経営学部、地域創造学部、社会学部、心理学部、国際教養学部の6学部を抱える大阪府の私立総合大学。入試にかかる費用の軽減をはじめ、受験生が入試を受けやすい工夫を多く行っている。

    この大学の併願ポイント

    入学金は16万円。さらに、 入学金と学費等を2回に分割納付できる!

    入学金さえ納付していれば、残りの学費等は国公立大学や難関私立大学にチャレンジしてからでも間に合う分割払いができる。公募制推薦入試(学校推薦型選抜)でも一般入試(一般選抜)でも対象となるので、併願プランが立てやすい。さらに、入学金は全国私立大学の平均額に比べて少ない16万円に抑えられており、経済的な負担を軽減。

    大学入学共通テスト利用入試は一般入試(一般選抜)と同時出願がお得!

    一般入試(一般選抜)に第一志望で出願した学科・専攻であれば、大学入学共通テストの検定料は無料に。さらに2出願目以降は、1出願につき5,000円で出願が可能で、学内併願もしやすい。時間と費用を抑えながら、併願のチャンスを広げることができる魅力的な出願制度だ。

    返済不要!授業料85万円が全額免除になる「桜みらい奨学金」

    対象の入試を優秀な成績で合格すれば、1年間の授業料相当額85万円が全額免除される。また、毎年学力基準の審査を通過できれば、4年間継続して奨学金を得ることも可能だ。

    2020年度入試「英語」の出題傾向

    出題傾向
    教科書レベルの読解問題が中心!
    文法・語いと英作文は基本を確実に!

    大問1と大問2は長文読解の問題で語数は500~600語。2題とも空所補充と文章中の内容を問う問題が多い。文法・語いについては文法・語法を問う空所補充が4問で、間違いを指摘する問題が3問。英作文は整序英作で、そのうち1か所に入る語(句)を解答する問題。文法・語いと英作文ともに難易度は標準レベルだ。

    出題形式
    60%が空所補充と文脈把握問題
    文章の前後を丁寧に読み解こう

    大問1は地図の歴史、大問2は集団に関する問題がそれぞれ出題。長文読解については2題とも専門用語はないので読みやすく、長文の表題を解答する問題がある。各段落のテーマを理解し、何が言いたいのかを把握しながら読む必要がある。大問2の問1の空所補充は、大問1と比べると長い英文を入れなければならないので丁寧に読む必要がある。

    ※ 進研アド調べ

    賢く受験するための!併願日程シミュレーション

    本命大の合格発表より早く併願校の入学手続きがある場合、実際は入学しない場合も、入学金や学費を払わなければいけなくなる。図のように、入学手続きが遅い大学を併願校に選ぶと、お金の面での心配はぐっと減るだろう。

    ※下の図は右にスクロールできます→

    併願戦略のポイントまとめ

    併願校をどのように受験するか、きちんと戦略を立てて考えることで、本命の入試も安心して受けられるようになる。さあ、キミなりの併願戦略を考えてみよう!

    • データサイエンス系学部・学科を徹底リサーチ
    • AIは人を幸せにできるのか?大学教授にインタビュー
    PAGETOP