後悔のない大学選びのポイントとは?大学・学部の特徴を理解して志望校を選ぼう

志望校選びにおいて、皆さんはどのような基準をもっているだろうか。自分だけの基準をどのくらいの数もてているだろうか。多くの大学に同じような学部名が存在するなかで、それぞれの大学・学部がどのような特徴をもっているか知るためには、偏差値や知名度だけではなく、新たな視点で志望校を探し、検討することが大切だ。

志望校選びでは「社会とのつながり」にも注目してみよう

大学で学べる学問は学部学科名が同じでも、大学によって学べる学問や学び方は違う。志望校選びの際に重要なポイントは、「自分が学びたい具体的なテーマ」まで掘り下げること。入学後にどのような研究がしたいのか、どのように社会に結びつくのかまで考えて、大学・学問研究をするとよい。

社会で必要とされる力が身につく東京都市大学の「研究」を紹介!

社会環境も大きく変わり、企業には「今までにないもの」「社会をよりよくするもの」を生み出す力が必要になった。それは、新たなサービスや商品の開発、社会環境の変化に合わせたインフラ整備など、「正解のない問い」に挑み続ける力である。今、そうした力を持った人材が、企業から求められている。

AIが非常に少ない学習量でネットワークの異常を検知!

コンピュータとネットワーク技術の進歩により、大容量のデータを高速で伝達できる時代が到来し、移動しながらネットを使うことが今や日常になった。コンピュータや技術はこれからも発展し、さらに膨大なデータ量を高速で伝達することが可能になるだろう。

塩本先生は大学院で情報工学を専攻した後、NTT研究所で長く通信ネットワークの研究に携わってきた。現在は東京都市大学で、通信技術に加えてAI(人工知能)に関する研究にも取り組んでいる。

その一つが、ネットワーク侵入検知システムの開発だ。AIにマルウェア(悪意あるソフトウェア)のパターンを機械学習させることにより、1000分の1のサンプル数で従来と同レベルの検出ができるようになったという研究成果を発表した。正常な状態と異常な状態のサンプルデータは専門家がラベル付けをする必要があるが、そのデータをAIによって劇的に減らすことができるという画期的なものだ。

誰も解いたことのない課題の答えを見つけ出す

日々進歩するコンピュータの世界では、わずか数年後の世界すら予測するのが難しい。塩本先生の研究室は、AIという最先端の技術を用いて「まだ誰も解いていない課題・テーマ」に取り組んでいる。研究室では、人の移動データから動きのパターンを研究する学生もいれば、大容量データ時代に個人情報などを安全にやりとりするための研究に携わっている学生もいる。

大学での学びを生かして、卒業後は情報通信産業で活躍する学生が多い。中には、自動車や精密機器などの電子部品の開発に携わっている卒業生もいる。塩本先生の研究室で学んだ知識と技術は、あらゆる産業に生かすことができるものだ。

「試行錯誤をしながら、答えを見いだせるのがこの分野の魅力。その成果を使って世の中をどうよくしていくか。皆さんと共に考えたいですね」(塩本先生)。

AIが社会にもたらす快適で安全な未来の暮らし

「私の研究室では、渋谷を歩く人々のデータから『移動のパターン』を類型化し、未来の動きを予測する研究を行っています。例えば、ある高校生が、渋谷から自由が丘に移動したとします。膨大な移動データからAIが同じような動きをしている共通の『パターン』を見つけることができれば、人の動きの予測を、混雑の緩和、震災時の避難経路、都市計画などに生かすことができます。

この研究は、ほかにも応用ができます。自動車の移動パターンを見つければ、渋滞の緩和にもつながります。あらゆるものがネットにつながれば、そこから得たビッグデータをAIが分析できます。これまで以上に快適で安全な社会を築く研究だといえます」(塩本先生)。

最新のAI技術を学んで、社会に役立てよう

「大学で通信技術やAIを学びたいと思っている高校生の皆さん。高校での学習が、大学での学び・研究のベースになります。数学や物理、英語の勉強を大切にしてください。英語の論文からは最先端の知識が得られます。今後、コンピュータやネットワークの技術はさらに進化するはずです。私たちと一緒に、AIを使って世の中をよりよくする方法について考えていきましょう」(塩本先生)。

プロフィール / 塩本公平先生

東京都市大学 情報工学部 知能情報工学科 教授
大阪大学大学院修了。博士(工学)。NTT研究所に勤務後、2017年から東京都市大学で教鞭を執る。専門は通信・ネットワーク工学。

おすすめ記事