大学入試センター試験の最新情報をお届け!
パンサー 向井慧さん

パンサー 向井慧さん前編

お笑い芸人になるために、
あらゆる道を模索しました!

編集協力/竹倉玲子、写真/兒嶋章

Profile

向井むかい さとしさん

1985年愛知県生まれ。愛知県立瑞陵高等学校卒業。明治大学政治経済学部に在学中にお笑い養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」に入り、2008年に先輩の尾形貴弘さん、菅良太郎さんとトリオ「パンサー」を結成。最年少ながらツッコミ役としてグループを引っ張りながら、バラエティ番組やお笑いライブなどで活躍中。2015年には「よしもと男前ランキング」で優勝するなど、イケメン芸人としてもおなじみ!

お笑いまっしぐらだった高校3年間

学校が終わると家に飛んで帰り、前日に録画したお笑い番組を観て、夜7時からオンタイムでお笑い番組を観て、夜9時になったらお笑いのラジオを聴いて…。子どもの頃から「お笑い芸人になりたい」と夢見ていた僕の高校時代は、部活にも入らず、行事にもあまり熱中せずに、ひたすらお笑いに情熱を燃やした3年間でした。

といっても、ただテレビやラジオを楽しんでいたわけじゃなくて、「どうしたら最短でお笑い芸人になれるか」を模索していた感じ。録画や録音したネタの一言一句を“お笑いノート”に書き起こしては、音読したり、お笑いが好きだった幼なじみとネタをやってみてテンポを体に刷り込んだり、高校生のお笑いナンバーワンを決める「M-1甲子園」に挑戦したりと(撃沈でしたが!)、思いつく限りのことをとことんやった毎日でした。

高校卒業後はお笑い養成所へ…?

お笑いの"研究成果"が現れたのは、高3の時でした。お笑い情報誌を見ては番組観覧などに応募もしていた僕は、高校生の夢を応援する地元のテレビ番組に出させてもらえることになり、なんと進行役のスピードワゴンさんと共演する機会に恵まれたんです。

しかもそこでネタを見てもらったり、事務所のえらい方々にダメ出ししてもらったりする機会に恵まれたおかげで、番組で披露したネタが超ウケたわけです。となれば、そりゃあもう「イケるかも?」と有頂天になりますよね(笑)。だから、大学受験なんて他人事。「高校卒業後は東京に出てお笑いの養成所に入ろう」ということしか、考えられませんでした。

パンサー 向井慧さん

大学受験勉強

ところが、東京のお笑い養成所に入りたいという思いを親に打ち明けたところ、「大学4年間は好きなことをしてもいいので、大学だけは行きなさい」とバッサリ。それも、受験まで半年もないという時期に、ですよ!そりゃあもう、焦りました。でも、東京に行って養成所に入るには、大学受験を頑張るしかない。だから、長い時には1日10時間以上は机に向かい、使うペンからノートの書き方まで「どうしたら最短で勉強成果を出せるか」を模索しながら、ノートに大事なところをまとめ、覚えられなかったところだけをまた別のノートにまとめ…。わからないところをどんどん絞り、そこを集中的に勉強しました。おかげでなんと明治大学に合格して、晴れて、東京に来ることができたんです。

パンサー向井慧さんの
#ざっくばらん
質問コーナー

Club#部活

高校では部活にも入らずに“お笑い研究”に没頭していましたけど、じつは足には自信があって、中学時代は陸上部。それから運動らしい運動はしていないものの、先日テレビ番組の企画でぞうきんがけレースに参加したら、非公式ながら芸人のなかではトップだったみたいです。“昔とった何とやら”ですね(笑)。

Funny#お笑い

高校時代の僕の部屋は、ネプチューンさんとか、ココリコさんとか…アイドルならぬ、芸人のポスターがあちこちに貼ってありました(笑)。ちなみに当時好きだったのは、タカアンドトシさん。愛知県出身の僕にとっては、関西弁の漫才にすごく憧れがあったのですが…。そんななかで標準語で面白いというのが、すごく衝撃的で、標準語漫才のお手本のような存在でした!

Study#学習

英単語はひたすらつぶやきながらノートに書き、日本史は事柄を自分なりにわかりやすい文章にして、やはりノートに書きながら頭にたたき込みました! 数学の場合は、解けない問題だけをまとめるのが向井流。それを解いてまた解けなければ、別のノートにダメだった問題だけを集め、それでも解けなければまた別のノートに…と、できない問題をどんどんあぶり出して、ノートの濃度を濃くしていくんです。そうして積み上がったノートを見ることで、「これだけやった」って自信にもつながりました。あと、「暗記には青ペンを使うといい」なんて言う人がいたりしますが、うわさは信じず、自分であれこれ試してみました!その結果、赤いペンで書いた文字ほど脳に飛び込んでくる感じがして、徹底して赤ペンで書いて覚えていました!