学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!

中学までの知識で解ける! 大学入試問題中学までの知識で解ける! 大学入試問題

新高1のキミへ新高1のキミへ
国語
2014年度 
東北大

この問題に挑戦!

実際に大学入試で出題された語句だ。

国語語句出題画像

(入試問題より改題)

どうやって考える?

どの方法が使えそうか、1つ選んでみよう。

  • 語句の意味を思いつくままにすべて書き出す。
  • いつの時代から使われるようになった語句かを考える。
  • 同様の意味になるよう他の語で置き換えてみる。

回答を選んでください。

正解!よくわかったね!
実際にどう解けるか、次から見ていこう!

おしい!
実際にどう解けるか、次から見ていこう!

こうやって解く!

実際にどんなポイントで解いたらいいか見ていこう。

  • 中3レベル

POINT1

文中の語句の意味を答える問題だ。なじみのない語句の場合は、同様の意味になるように、傍線部を自分なりの表現で置き換えてみるといいよ。例えば、2の「やみくもに」は「やたらと」などに置き換えると近い意味になりそうだ。

POINT2

傍線部の前後の表現に着目するのも有効だ。例えば、1の「あるいは」の後には「~かもしれない」という、"そうなる可能性があるという気持ち"を表す言葉が続いている。この表現に自然につながるのはどんな意味か、と考えていくこともできる。

POINT3

このような意味かな? と見当をつけたら、その意味を解答として作成し、傍線部に当てはめてみよう。読んで違和感がある場合は、前後の表現に合うように解答を調整する必要があるよ。

解説を確認しよう。

  • 1 「あるいは」には、「または」や「あるものは」という意味もあるけれど、ここでは「もしかすると、ひょっとしたら」という意味で使われている。二つ以上の意味を持つ「多義語」が出題されることも珍しくないので、"ここではどんな意味か""この文脈ではどのように使われているか"に注意して解こう。
    「簡潔に説明せよ」とあるので、「もしかすると」などと答える。

  • 2 「やみくも」には、「あと先をまったく考えないで物事をする様子」という意味がある。「むやみやたら」と言い換えることもできる言葉だ。
    前後の表現にうまくつながるように、「むやみやたらと」などと答えればいいよ。

※この解答解説は、すべてベネッセで独自に作成しています。

考え方をまとめよう!

今回使った考え方をまとめよう。

今回出題された語句は、耳にしたことはあるけれど、会話の中で自分があまり使わないものではないだろうか。そういった語句の意味は、今回のように、前後の表現を手がかりに、近い意味になるよう知っている言葉を当てはめながら推測していくことでも解けるが、それにもやはり語い力は必要だ。

大学入試では、書き言葉や、やや昔によく使われた言葉(文語的表現)、評論用語と呼ばれる筆者が自分の考えを述べた「評論」という文章の中でよく使われる言葉など、なじみの少ない語から出題されることもある。

普段から、知らない語、意味があいまいにしかわからない語の意味を確認する習慣をつけておこう。その習慣をつけておけば、高校で多くの文章に触れていくうちに、自然と語い力を伸ばすことができる。