学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!

中学までの知識で解ける! 大学入試問題中学までの知識で解ける! 大学入試問題

新高1のキミへ新高1のキミへ
理科
2012年度 
九州大 (生物)

この問題に挑戦!

実際に大学入試で出題された問題だ。

次の文章を読み,に答えよ。


 我々の生命活動に欠かすことのできない食品には,五つの栄養素,すなわち,炭水化物,タンパク質,脂質,ビタミン,無機塩類が含まれている。これらのうち,特に三大栄養素(炭水化物,タンパク質,脂質)は,摂食後,消化器官において分解を受け,分解物は種々の生命活動に利用される。
 主に穀物から供給される炭水化物の一種であるデンプンは,唾液ならびにすい液に含まれる酵素〔 (ア) 〕の作用によりデキストリンを経て,二糖であるマルトースとなり,最終的には,酵素〔 (イ) 〕の作用によって単糖のグルコースまで分解される。その後,腸管で吸収され,エネルギー源として利用されるほか,主に肝臓中でグリコーゲンへと変換され,貯蔵される。
 脂質の分解酵素である〔 (ウ) 〕は食事成分として摂取された脂質を胃や小腸において,その基本骨格であるグリセリンと脂肪酸に加水分解する。これらの分解生物は吸収後,エネルギー源として利用されるほか,生体膜の構成要素などになる。
 タンパク質は,胃で分泌される酵素〔 (エ) 〕,すい液に含まれる酵素〔 (オ) 〕,その他のペプチターゼにより,ペプチドやアミノ酸にまで分解を受け,腸管で吸収される。


問1 文中の〔 (ア) 〕~〔 (オ) 〕に適切な酵素名を記せ。

(問題の一部を抜粋)

どうやって考える?

どのようにアプローチすればよいか、考えてみよう。

  • 問1の問題文を先に読んでみる。
  • 問題文を、初めから順に全部読んでみる。
  • 問題文の空欄の前後を中心に見て、あてはまる酵素名を考える。

回答を選んでください。

正解!よくわかったね!
実際にどう解けるか、次から見ていこう!

おしい!
実際にどう解けるか、次から見ていこう!

こうやって解く!

実際にどんなポイントで解いたらいいか見ていこう。

  • 中3レベル
  • 高校生レベル

POINT1

問1は、消化液にふくまれる消化酵素の名称を答える問題だ。
「消化」についての基本知識があれば、ア~オの中のいくつかは答えることができる!

POINT2

●「消化」のしくみと「消化酵素」の種類を思いだそう!

消化液に含まれる消化酵素はいくつかあり、この問題の解答になっているものがあるはずだ。
唾液・すい液に含まれるアミラーゼ、脂肪(脂質)を分解するリパーゼ、胃液に含まれるペプシン、すい液に含まれていてタンパク質を分解するトリプシンなどは聞いたことがあるのではないだろうか。ア、エは解けた人が多いだろう。
ちなみに、大学が発表した解答は、
ア アミラーゼ
イ マルターゼ
ウ リパーゼ
エ ペプシン
オ トリプシン
だよ。
※イのマルターゼは中学校の理科では未習だが、ウやオは記載している教科書もあるので、解けた人もいるかな?

詳細な解き方を確認しよう。

代表的な消化酵素のはたらきを、整理しておこう。


  • アミラーゼ

     唾液とすい液に含まれており、デンプンを分解する。

  • リパーゼ

     すい液に含まれており、脂肪(脂質)を分解する。

  • ペプシン

     胃液に含まれており、タンパク質を分解する。

  • トリプシン

     すい液に含まれており、タンパク質を分解する。

特に、アミラーゼとペプシンは、高校入試でも問われることが多いので、きちんと覚えておきたい。

※この解答解説は、すべてベネッセで独自に作成しています。

高校生レベル

※この解答解説は、すべてベネッセで独自に作成しています。

考え方をまとめよう!

今回使った考え方をまとめよう。

中学校の理科で学んだ、「消化」のしくみや「消化酵素」については、正しく理解できているだろうか。
消化酵素の種類がいろいろあり、なまえも何となく似ているために覚えにくいという人もいるかもしれない。高校ではさらに多くの語句や知識を学ぶことになるので、覚えたものは、自分なりの工夫をして整理しておこう。