高1カレンダー

中学生から高校生になり、子どもの成長が感じられる1年生。無事に高校生になれた、とホッとしたのもつかの間、進路選択にかかわる学校行事が次々とやってきます。

※下記は一般的な3学期制の高校(普通科)の例です。高校によってカリキュラムは異なります。

April

  • 入学式
  • 新入生課題テスト
オススメコーナー
4月・5月のかかわり方のポイント

中学時代とは生活リズムが変わり、親子ともどもとまどいがある時期です。意識して起床・就寝時間を守らせるようにし、高校での生活パターンに慣れさせていきましょう。

June

  • 進路希望調査
オススメコーナー
6月のかかわり方のポイント

高2からの履修科目が決まる「文理選択」に向けて、進路希望調査が行われます。多くの高校では秋ごろに最終締め切りを設けています。早期に子どもの適性を把握しておくことが大切です。

7月・8月のかかわり方のポイント

初めての夏休み、親子でオープンキャンパスに参加したいものです。子どもにとっては「大学」に触れる良い機会です。ぜひ活用してください。

September

10October

  • 中間テスト
オススメコーナー
9月・10月のかかわり方のポイント

文化祭や部活の大会など、学校行事が多い季節です。忙しくても、毎日1時間だけでもいいので机に向かう時間をつくるように、保護者としても心がけたいもの。学習習慣を定着させておくことが大学受験につながります。

11November

12December

  • 期末テスト
11月・12月のかかわり方のポイント

文理選択は、子どもの大学受験やその先の将来にかかわってきます。保護者もBenesse マナビジョンなどを通じて情報を収集し、適切なアドバイスができるよう準備しておきましょう。

February

1月・2月・3月のかかわり方のポイント

高2は部活などでの中心学年となる一方、中だるみになりがちです。進級前に、高2の目標や、将来のことを今一度子どもと話し合っておくといいでしょう。

保護者の声

高校に入学して最初のテストでの成績が思わしくなく、本人が非常に落ち込んでいました。先生によると、同じくらいの成績の子どもが集まる高校ではよくあることだそう。子どもには、まだ始まったばかりだからだいじょうぶよ、と声をかけました。(広島県/K・M/女性保護者・45歳)

保護者の声

このころから、子どもが家に帰って勉強するようになりました。授業の進み具合が速く、予習しないとついていけないとか。定期テストの範囲も広くなり、夜遅くまで勉強していましたね。(東京都/A・S/女性保護者・47歳)

保護者の声

文系と理系のどちらに進めばいいのか相談され、主人も含めて家族会議に。子どもの将来を考えるためにも、大学について母親自身も詳しくならねば、と感じました。(滋賀県/S・W/女性保護者・44歳)

保護者の声

家の近所の大学のオープンキャンパスに参加しました。子どもは初めて大学に足を踏み入れたことが新鮮だったようで、大学生活のイメージを持てたようです。(愛知県/T・H/男性保護者・52歳)

保護者の声

文化祭の準備に夢中になっている様子で帰宅時間が19時を過ぎることがあり、心配しました。そこで、18時を過ぎる場合は必ず電話かメールをすること、などルールを決めました。(埼玉県/M・S/女性保護者・45歳)

保護者の声

文理選択で最後の最後まで迷っていたようです。心理学に興味があるが、苦手な数学が必要とのことで、何度か相談を受けました。私自身も、インターネットなどの情報収集を手伝うなど、保護者としてできることを探る日々でした。(宮城県/S・N/男性保護者・48歳)

他の学年のカレンダーを見る

高2カレンダー

高3カレンダー