高2カレンダー

部活に学校行事にと高校生活を満喫できる1年間です。勉強面では「中だるみ」になりがちな時期なので、子どもにいかに将来の目標を持たせるかが重要です。

※下記は一般的な3学期制の高校(普通科)の例です。高校によってカリキュラムは異なります。

April

  • 文理別授業がスタート

May

  • 中間テスト
  • 体育祭
4月・5月のかかわり方のポイント

文理別で授業が始まると、「理系(文系)に行けばよかった」と後悔する子どもが出てきます。将来の進路がより具体的になった結果、新たな迷いが生まれる場合もあるので、子どもの話に耳を傾け、必要に応じて、早めに学校の先生などに相談しておくことがおすすめです。

June

6月のかかわり方のポイント

部活でも高2が中心となり、勉強以外のことで頭がいっぱいになりがちな時期ですが、学校の授業をおろそかにしないよう、気を配りましょう。また、オープンキャンパスの機会を活用できるよう、夏休み前までに親子で進路について話し合い、志望大・学部候補を選んでおきましょう。

August

7月・8月のかかわり方のポイント

夏休みを利用して、志望大・学部候補のオープンキャンパスには積極的に参加させましょう。実際の大学を見にいくことで、志望大に対するイメージが明確になり、勉強へのモチベーションにつながります。

September

  • 志望大決定時期
  • 文化祭

10October

  • 中間テスト
オススメコーナー
9月・10月のかかわり方のポイント

オープンキャンパスでの印象を踏まえて、9~10月ごろには志望大・学部を決定することが理想的な流れです。11月ごろには、高3の履修科目を最終決定する「科目選択」が控えています。日ごろから大学選び・学部選びについてなるべく話題にするようにしましょう。

12December

  • 期末テスト
11月・12月のかかわり方のポイント

高校3年間の中でも、高2・秋の科目選択は非常に重要な意味合いを持っています。ここでの選択が受験科目に直結するため、志望大・学部を併願大も含めて考えておく必要があります。Benesse マナビジョンを利用して、親子で十分リサーチを行い、あらゆる進路の可能性を考えたうえで決定したいものです。

1月・2月・3月のかかわり方のポイント

いよいよ、受験まであと1年。家庭でもセンター試験の話題などに触れ、さりげなく意識づけを行いたいものです。受験勉強について、何から始めればいいかわからないという子どもには、過去の定期テストや模試の復習をするように声をかけましょう。

保護者の声

数学が急に難しくなったと泣きごとを言ってきました。国公立大志望なので、あきらめないように励ましましたが、部活も忙しく両立が大変なようでした。(東京都/S・T/女性保護者・47歳)

保護者の声

本格的に高2が中心となったチームづくりが始まり、いっそう帰りが遅くなった。勉強をしている様子が全く見えず、塾に行かせるべきか迷ったが、本人の希望で通信教育にした。(埼玉県/C・N/女性保護者・44歳)

保護者の声

地元国公立大のオープンキャンパスに参加させた。行きたい学部の模擬講義に出席し、大学に行くイメージがふくらんだようだ。高校が進学校のため、ほとんどの生徒が参加していたようだ。(愛知県/Y・H/男性保護者・42歳)

保護者の声

部活も文化祭も忙しく、この時期、机に向かう姿を見たことがありませんでした。最低でも学校の予習はやるように声をかけました。(福岡県/T・T/女性保護者・47歳)

保護者の声

行きたい大学が絞りきれず、高3の履修科目で日本史と世界史のどちらを選択するべきか非常に迷っていました。最終的には進研ゼミのサービスを使って、大学生に質問などをして決めたようです。(大阪府/A・K/女性保護者・48歳)

他の学年のカレンダーを見る

高1カレンダー

高3カレンダー