お金進学にかかるお金の話

受験にかかるお金

子どもには望む道を進ませてやりたいというのが親の願い。しかし、大学進学のためには多くのお金が必要であることも現実です。まずは「どのくらい必要なのか」を知ることから始めましょう。

受験料

受験料は、国公立大と私立大を比較すると国公立大が安価です。私立大の場合、おおよそ1校あたり3万5000円ですが、医歯薬系統の場合は高額になる場合もあります。また、私立大のセンター試験利用入試は、一般入試に比べて受験料が安価の場合がほとんど。どの大学・学部をどんな入試方式で受験するのか、子どもと一緒にお金の面からも検討しましょう。

入試方式

金額のめやす

センター試験

3教科以上 18,000円
2教科以下 12,000円

※成績通知を希望する場合は、プラス800円

国公立大・2次試験(平均)

1校につき 17,000円

私立大・一般入試(平均)

1校につき 約35,000円
※歯学系・医学系では40,000円~60,000円かかる場合も。

※平成29年度入試現在。
※このほか、私立大の場合、願書を購入する費用として1校あたり1000円前後かかる場合が多いようです。センター試験の願書・国公立大の願書は基本的には無料です。

大学のパンフ・願書

交通費・宿泊費

遠方の大学を受験する場合、交通費や宿泊費が必要です。保護者が受験についていく場合は、その分だけ費用がかかるため、第1志望大のみついていくなどの工夫が必要です。しかし、最近では優秀な受験生を全国から集めるために、「地方試験」を実施している大学・学部が多く見られます。私立大だけではなく、国公立大でも実施する大学が増えていますので、子どもと一緒に調べてみましょう。

地方試験とは

交通費

往復 約30,000円(例)東京~大阪間

宿泊費

1泊 約8,000円

交通費

往復 約30,000円(例)東京~大阪間

宿泊費

1泊 約8,000円

シミュレーション例

受験にかかるお金はどれくらい?一般的な例をシミュレーションしてみました。

地元国立大学1校 地元私立大学1校 遠方の私立大学3校を受験する場合

願書代(私立大)

1,000円×4校= 4,000円

センター試験検定料

18,000円×1回= 18,000円

受験料(国立大)

17,000円×1校= 17,000円

受験料(私立大)

35,000円×4校= 140,000円

交通費(遠方に往復)

30,000円×3回= 90,000円

宿泊費

8,000円×3回= 24,000円

願書代(私立大)

1,000円×4校= 4,000円

センター試験検定料

18,000円×1回= 18,000円

受験料(国立大)

17,000円×1校= 17,000円

受験料(私立大)

35,000円×4校= 140,000円

交通費(遠方に往復)

30,000円×3回= 90,000円

宿泊費

8,000円×3回= 24,000円

合計 293,000円

※私立大の受験の場合、入試日程が連続するように予定を組むなどして交通費を節約することも可能です。
保護者の声

失敗!受験にかかった費用70万円

私立大を4大学受験させた。本人のみの交通費・宿泊費だったがトータルで6万円ぐらいかかった。さらに併願大の入学金振込の締切日と本命大の合格発表日の兼ね合いをあまり考えていなかったため、本命ではなかった大学(しかも2校)に入学金を納めることになってしまい、トータルで70万円ぐらいかかってしまった。
(栃木県/K・O/女性保護者・49歳)


成功!受験にかかった費用8万円

私立大を2校受験させたが、すべて地方試験を実施している大学・学部で、家から電車とバスで行ける範囲だったので、交通費は2000円程度で済んだ。また、4年分の授業料を学資保険で積み立てていたため、お金の面ではうまくいった。ただ、子どもには経済的なことから、家から通える国公立大を受験しなさいと言っていたので、選べる大学が限られ、かわいそうなことをしたと思う。
(北海道/S・W/女性保護者・46歳)

大学のパンフ・願書

「お金」についての記事一覧