特集

3月号特集 春休みから始める!大学受験に負けない家庭づくり3月号特集 春休みから始める!大学受験に負けない家庭づくり

「家庭環境」で負けない!

3月~5月の学年進級時期に家庭環境を改めて見直し、整える

春休みから新学期にかけての3月~5月は、子どもの学習・生活環境が大きく変化する時期。子どもの状況を知ったうえで適切にバックアップし、スムーズな切り替えを応援しましょう。

高3生になる子の場合

塾に通い始めたり、部活を引退したりして、生活スタイルや生活時間の変化が起こり、「勉強のリズム」が狂いがち。受験モードに早くなじめるよう、家庭でもサポートを。

高2生になる子の場合

部活などで中心的な立場になる学年なので、自宅での勉強時間が減る傾向に。「中だるみの1年」にならないよう、今まで以上に学習の習慣づけが求められます。

「大学受験で負けない家庭」の3か月プラン ※子どもが高3の場合の例

3月

子どもの状況

春休みに受験勉強や志望大決定を意識する子が多いものの、「何から勉強したらいいかわからない」「志望大はなんとなく決まっているけど、よく調べたわけではない」など具体的なアクションを起こせないケースも。

コレを実行!
  • 部屋の片付け(マンガ本やゲームをしまって、勉強しやすい環境に)
  • 志望大についての意思を軽く確認
  • 1年間の学習計画を話し合う
  • 英単語の暗記など、できることから始めさせて勉強を習慣づける
保護者の声

子どもに向いている大学・学部について、家族で話し合いをしました。また、1年間の勉強方針を一緒に決め、月ごとの計画も立てました。(東京都/M・T/女性保護者・54歳)


4月

子どもの状況

高3になると、周りが徐々に受験モードに。「なんとなく」の気分のまま進級してしまうと気持ちの切り替えがうまくいかず、出遅れてしまう場合も。志望コース別の授業が増え、一緒に過ごす友達の顔ぶれにも変化が。

コレを実行!
  • 子どもが効率的に勉強できるよう、夕食や入浴の時間を見直す
  • 周囲の変化に子どもが戸惑っているようなら、話を聞いてやる
保護者の声

子どもの健康管理に気を遣い、バランスのいい食事を心がけました。模試を受ける機会も増えるので、結果が悪くても一喜一憂しないようアドバイスしました。(茨城県/Y・S/女性保護者・53歳)


5月

子どもの状況

部活を続けている子どももそろそろ引退の時期。焦りだけが先行して学習のペースがなかなかつかめなかったり、定期テストと受験勉強の配分がわからなかったりと、勉強が中途半端になる子どもが多いようです。

コレを実行!
  • ゴールデンウィークを利用して、志望大を見学にいき、目標を意識させる(夏休みは受験勉強に集中させるため、早めに見ておくのも手)
  • 推薦・AO入試をねらう場合、評定平均値を考慮し、定期テストも大切にする
  • 4月以降の生活や勉強リズムの見直し・調整
保護者の声

気になる大学には子どもと一緒に出かけ、設備や雰囲気を体感するようにしました。オープンキャンパスの時期でなくても「普段の大学の様子」が感じられていいですよ。(埼玉県/E・M/女性保護者・51歳)

各月の特集を見る







特集一覧を見る