特集

12月号特集 受験直前のピリピリ時期 子どもをやる気にする一言、傷つける一言12月号特集 受験直前のピリピリ時期 子どもをやる気にする一言、傷つける一言

センター試験直前のこの時期、「普段どおりに接するのが一番」と思いつつも、子どもとのコミュニケーションがすれ違いがち。そこで、先輩保護者や子ども自身の声から「どう接すればいいのか」を考えてみました。

※この特集は高2・高3生向けです。高1生向けの情報はこちら(マナビジョンを別ウィンドウで開きます)

受験直前…この接し方はOK?

センター試験まであと少し。受験直前の子どもにどう接すればいい?

センター試験直前のこの時期は、子どもとのコミュニケーションがうまく取れず、すれ違いがち。「普段どおりに接しよう」と思いつつも、子どもがピリピリとしていたり、保護者もそわそわしてしまったりと、普通の心境ではいられないことも…。そこで、先輩保護者の方が子どもになんと声をかけていたか、どう接していたかをご紹介します。

保護者の声1お前が選んだ道なら、お父さんもお母さんも一生懸命に応援するよ

保護者の声2すごくがんばってるね。英語の成績が前の模試より伸びたね!

保護者の声3お母さんは何も言わないからね

保護者の声4夜型から朝型に切り替えさせました

保護者の声5ゲン担ぎで試験前日はカツ丼を食べさせました

Benesse マナビジョン」の関連メニュー

受験生の心の悩みに大学生がアドバイスしています。

先輩ダイレクト※

過去の特集を見る




特集一覧を見る