学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!
入試情報
ホーム入試情報スピーキングテストが必須に!? 大学入試の英語が変わる!

スピーキングテストが必須に!?
大学入試の英語が変わる!

  • 入試情報
  • 2016.09.30

大学入試の「英語」では、長文読解やリスニング、自由英作文などに加えて、スピーキングが必須になると言われている。その背景には何があるのか、マナビジョン編集局の研究員が調べたよ。

「大学入試英語検定研究室」とは

多くの大学の入試に使われている「4技能英語検定」を詳しくひも解くため、マナビジョン編集局内に期間限定で設置された研究室。

登場人物紹介
  • サイトウ室長

    マナビジョン編集局のベテラン社員。自らの受験の苦い思い出から、高校生には失敗してほしくないと強く思っている。

  • サワダ研究員

    マナビジョン編集局の新入社員。今ドキの高校生や大学入試について勉強しようと、日々奔走している。

  • マツバラさん

    入試改革と海外ドラマに詳しい、ベネッセコーポレーションの社員。

日本のどこにいても、外国人とのコミュニケーションが欠かせない世の中に

マツバラ:みんなが知ってのとおり、世の中グローバル化が進んでいる。最も顕著なのは、外国で暮らす日本人がどんどん増加していることだ。2015年、外国で暮らす日本人の数は約132万人。5年前と比べると、その数は18万人も増えているんだ。※

※出典:外務省「海外在留邦人数調査統計」

サワダ:そんなにたくさん!?でもそれって、都市部の大企業に勤める人の話でしょう?地方で働く人たちにとっては、身近な話ではないんじゃ…。

マツバラ:いやいや、地方の中小企業も、海外とのやり取りを活発に行っているよ。2014年、経済産業省は、ニッチな分野において国際的に高いシェアを確保している企業を「グローバルニッチトップ企業100選」として選定したのだけれど、その中にも地方の企業はたくさんある。この表を見てごらん。

地方のグローバルニッチトップ企業例

企業名(所在地)商品・サービスの概要
(株)東和電機製作所(北海道)漁師のノウハウを生かした自動イカ釣機を製造・販売。
(株)冨士製作所(群馬県)あらゆる製法に対応する、即席麺の一貫生産ラインを製造・販売。
(株)あいや(愛知県)抹茶などの茶類を製造・販売。欧米でも抹茶の有機栽培に取り組み、世界各地へ日本伝統の味と文化を紹介。
日プラ(株)(香川県)水槽などのアクリル製品を設計・製造・施工。沖縄美ら海水族館の巨大水槽のアクリルパネルを手掛け、ギネスブックに認定された。

※出典:経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選 選定企業一覧」

サワダ:へぇ~!すごい!日本のものづくりは世界で評価されているのですね。

サイトウ:一方、日本国内で暮らす外国人も増えていますよね。グローバル展開を進める多くの企業が、海外からの留学生の採用を増やしています。

マツバラ:そうなんだよ。これでわかっただろう?国内外どこにいても、今の高校生が社会に出るころには、外国人とのコミュニケーションが欠かせなくなる。

※出典:平成22年国勢調査

社会が変わる、大学が変わる、入試が変わる

サワダ:じゃあ、英語を「読む」「書く」「聞く」力だけでは、不十分な時代になってくるのですね。

マツバラ:そう。「話す」力も必要なんだ。社会が英語を話せる人材を求めているから、大学もそういう人材を確保するべく、スピーキングを入試で課すようになったんだよ。でも、受験者1人1人と面接していたらきりがないから、スピーキング力も測れる英語検定を、入試前に受験しておいてもらって、当日の試験と合わせてその結果を評価する、という形式を取り入れ始めた。もちろん、今までどおり、「読む」「書く」「聞く」の技能もチェックするから、これに「話す」を加えて「4技能」と呼ばれているんだ。

サイトウ:4技能英語検定の一つであるGTEC CBTは、千葉大学、金沢大学、立教大学、関西学院大学など、2016年8月時点で約100大学の入試に活用されているのですよね。

サワダ:難関国公立大も人気私立大も導入しているのですね!4技能英語検定って、ほかにどういうものがあるのですか?

マツバラ:そうだね…、おっと、そろそろ海外ドラマの時間だ。海外ドラマは、現地のリアルな生活を知ることができるし、リスニングの勉強にもなるんだよね。失礼!

サワダ:え~、そんなー!

「大学入試英語検定研究室」では、サイトウ室長とサワダ研究員による調査報告を毎週アップしていくよ。2回目以降が気になる人はコチラ!

大学入試英語検定研究室


入試情報を誰よりも早くGETしよう!
LINE@

受験は情報戦!いち早く情報をGETしよう!