専門学校
ホーム専門学校知っておこう!専門学校のキソ知識

知っておこう!専門学校のキソ知識

  • 専門学校
  • 2017.06.01

将来の進路を検討するうえで、専門学校を視野に入れている人も多いはず。では、大学と専門学校では何が違うのだろう?今回は、専門学校についてよくある質問をまとめたので、特徴や制度を正しく知ることで、進路選択についてより深く考えるきっかけにしよう。

専門学校と大学の違いって?

大きな違いは課程や取得できる学位・称号

専門学校の修業年限は学科によって1~4年制。最も多いのが2年制の学科で、全体の半数以上を占めている。修業年限2年制以上で「専門士」、修業年限4年制以上で「高度専門士」の称号を取得できる。

専門士が与えられる専門学校の要件
  • 修業年限2年以上
  • 総授業時数1,700時間以上
  • 試験等により卒業を認定している
高度専門士が与えられる専門学校の要件
  • 修業年限4年以上
  • 総授業時数3,400時間以上
  • 体系的な教育課程を編成している
  • 試験等により卒業を認定している

大学の修業年限は4年。大学では「学士」、大学院では「修士・博士」、短期大学では「短期大学士」の学位を取得できることが大きな違いだ。

専門学校は高校を卒業しないと入学できない?

入学資格は、高等学校を卒業、もしくはこれに準ずる学力があると認められた者

  1. 外国で12年の学校教育を修了した者、またはこれに準ずるとして文部科学省が指定した者
  2. 文部科学省が日本の高等学校と同等として指定した海外の日本人学校などを修了した者
  3. 高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格した者
  4. 修業年限が3年以上の専修学校高等課程を修了した者

ほかに、それぞれの専門学校の判断で、高等学校を卒業した者に準ずる学力があると認めた18歳以上の者に対して入学を許可するケースもあるようだ。

専門学校の認可校・無認可校って何?

学校教育法で定められた「学校」ではない教育施設は「無認可校」

無認可校は規制がないため、ユニークな教育を行うことが可能だ。ただし、修了しても正式な学歴とはみなされない。また、学割は発行されず、日本学生支援機構の奨学金の対象にもならない。

専門学校の選び方のポイントは?

チェックしておきたい大きなポイントは5つ

事前に情報を調べたうえで、複数の学校と比較し、先生や先輩の意見を聞いたり、オープンキャンパス、体験入学などに参加して選んでいくことが大切だ。

  1. 都道府県知事の認可を受けているか
    まずは認可校かどうか確認しよう。前述のとおり、無認可校は通学の学割や公的な奨学金の適用外で、卒業しても正式な学歴にならない。
  2. カリキュラム、講師陣
    専門学校の教育内容は、学校ごとにオリジナル。カリキュラムの内容とそれに見合った講師陣がいるのか確かめよう。
  3. 施設・設備
    実習が大きなウェイトを占めるので、学生数に応じた教室の広さや設備が用意されているか見てみよう。
  4. 就職指導体制
    就職のためのカリキュラムが1年次から用意されているか、年間の就職指導のスケジュールが決まっているか、就職担当者は何人いるかなどをチェックしよう。
  5. 学費の総額
    初年度の総額や納入時期を調べよう。教材や資格試験のほか、研修旅行を行う学校も増えているので、学費は教育内容などとあわせて総合的に判断することが大切だ。

ここに掲載した内容は、専門学校の基本的な情報だ。各校の学科の種類や入試についてなど、より詳しい情報は関連コンテンツからチェックしてみよう。

SNSでみんなと共有してね!