学習
ホーム学習入試を有利にする!?高校生が身に着けておきたい語彙力とは

入試を有利にする!?
高校生が身につけておきたい語彙力とは

  • 学習
  • 2017.06.30

「語彙・読解力検定」は、毎年多くの高校生が受検している。その受検結果から、大学入試を突破するために必要な力が見えてきた。今回は、2016年の3級(中学卒業レベルの語彙力)の結果から、大学入試の突破に必要な力を解き明かすよ。

少し背伸びした文章に接することが入試対策を有利にする!

「辞書語彙」とは、文章や会話を的確に理解するために必要な、社会生活で使用される語句の知識や語彙の運用力を問う領域。

次の表の中の言葉の意味は、いくつわかるかな?

3級 辞書語彙

 正解率BEST5の語彙正解率WORST5の語彙
「ご報告いたします」の用例「すげない」の用例
カリスマ苛(さいな)む
「おわかりになりにくい」の用例貫徹
駆使「水を打ったよう」の用例
移転「機先を制する」の用例

正解率BEST5にある語彙は、高校生の普段の生活で耳にするものが多く、比較的理解できた人も多かったんじゃないかな?

正解率WORST5にランクインした「すげない」「苛(さいな)む」「貫徹」などは、ちょっと背伸びした内容の小説や新書などを読んだ経験がなければ、なかなか出合わない言葉だ。
「語彙・読解力検定」で出題される問題は、大学入試でも問われることが多い。日ごろから意識して、少し難易度の高い言葉に早めに慣れておくことが、入試を有利にすることにもつながる。

大学入試では、時事的な基礎知識や視野の広さが問われる

「新聞語彙」とは、社会生活で必要な時事的な基礎知識が身についているか、背景や関連性を含めて理解しているかを問う領域。

次の表の中の言葉の意味は、いくつわかるかな?

3級 新聞語彙

 正解率BEST5の語彙正解率WORST5の語彙
認知症ICT
臓器提供意思表示カード消費生活センター
パラリンピッククローン動物
放射性廃棄物間接民主制
ブラックバイトはやぶさ2

正解率BEST5は、「認知症」「パラリンピック」「ブラックバイト」など、身の回りで目にしたり耳にしたりする用語が多く入っているので、理解できたかな?

正解率WORST5では「消費生活センター」「クローン動物」「間接民主制」など、新聞やニュースに毎日接するなど、意識的に時事的な情報に触れていないと、なかなか出合わないような分野の用語が多い。

実は大学入試では、このような新聞やニュースに関連した「興味のちょっと先」の部分の語彙力が必要。小論文、英語、地歴公民などでは、時事的なテーマを取り上げた文章も多く出題される。つまり、普段から新聞やニュースなどに接し、視野を広げておくことが、大学入試に向けた効果的な勉強につながると言える。

2017年度 主な入試テーマ

※赤字は時事に関する言葉

小論文日本におけるコメの関税撤廃について獨協大学(経済学部)
小論文トランプの選挙内容から、ポピュリズム主義について津田塾大学(学芸学部)
小論文人工知能の進歩についての問題点や解決法など明星大学(デザイン学部)
小論文直接選挙制間接選挙制のどちらが民主主義にふさわしいと考えるか名城大学(法学部)
面接パラリンピックのあり方、ドーピングについて山梨学院大学(スポーツ科学部)
面接インフォームド・コンセントについて秋田しらかみ看護学院

入試対策を有利に運ぶために、日頃から語彙力UPを意識しよう

語彙・読解力検定

結果から見えてくることは、語彙力は自分の趣味や興味の範囲にとどまる傾向がある、ということ。しかし、大学入試では、日常生活よりちょっと「外側の」語彙力が試されることが多い。入試を少しでも有利にするには、日頃から語彙力を意識的につけていくことが重要。これから「語彙力」をつけていくために、「語彙・読解力検定」を受検してみよう!
まずは「チャレンジ! ミニ検定」で、今のキミのレベルを測定!

チャレンジ! ミニ検定

SNSでみんなと共有してね!