学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!
学習
ホーム学習入試実戦力養成期に最適!過去問から始める実戦力養成法

入試実戦力養成期に最適!
過去問から始める実戦力養成法

  • 学習
  • 2017.09.13

2学期が始まって、受験勉強への気持ちが高まっているころではないだろうか。今回は、過去問を活用した「入試実戦力養成法」について紹介しよう。

STEP1 志望校の出題傾向を把握しよう

まずは、志望校の出題傾向を把握しよう。志望校合格に向けて効率よく学習するためにも、実際の入試問題で、どのような問題が多く出題されてきたかを知ることが重要だ。それには、例えばBenesse マナビジョンの「大学入試過去問ダウンロードサービス」や赤本を使って、志望校の入試問題を探してみよう。

大学入試過去問ダウンロードサービス

STEP2 自分の弱点分野を把握しよう

学校の授業では、着々と教科書の各単元が終わっている人も多いだろう。しかし、学んだ公式や用語は、覚えるだけでなく、問題を解く中で活用することができてはじめて、受験に立ち向かえる力となる。

そのために、まずは弱点分野を把握しよう。学校の定期テストの結果を振り返ったり、模試の結果から弱点分野をあぶり出そう。Benesse マナビジョンでは「進研模試 デジタルサービス」(または成績表に書いてあるアクセスキー)を利用することで、分野別の得点状況などが一目でわかるぞ。

出題傾向と自分の弱点分野とを照らし合わせることで、優先的に対策すべき箇所がわかるはずだ。

進研模試 デジタルサービス

STEP3 実戦力養成に志望校レベルの大学の問題を解こう

弱点分野の対策には、定期テストや模試の解き直しが有効だ。一方で、実戦力の養成という意味では、志望校と似たようなレベルの大学の問題を解くことも効果的だ。同じ問題ではなく、豊富にある大学入試問題から弱点分野の類題に取り組むことで、実戦力を身につけることができる。

志望校レベルの大学は、学校の先生に聞いたり、Benesse マナビジョンの「偏差値一覧」などを活用して探してみよう。

志望校と同じくらいの難易度の大学が見つかったら「大学入試過去問ダウンロードサービス」を利用して、問題を解いてみよう。解答解説がついているので、わからない部分もしっかり確認できるぞ。

偏差値一覧

大学入試過去問ダウンロードサービス

先輩が実践した秋の過去問活用術!

先輩たちの中にもこの時期に過去問を活用していた人がたくさんいる。どのような活用をしていたのか、参考にしてみよう。

先輩の体験記
  • 過去問で明確な目標設定をする
    過去問を購入したのは9月ごろで、問題の傾向をつかむために一通り解いてみました。解けない問題が多くてショックを受けましたが、この時期に過去問を一通りやったことで攻略すべきポイントがわかり、勉強にもより明確な目標ができました。
  • 過去問研究で出題傾向をつかんでおく
    過去問を8月くらいに購入し、ざっと見て、9月ごろにちょっとずつ解いてみました。最初はまるっきりできなかったのですが、解いてみたことにより出題傾向をつかむことができました。その後は普段使っている参考書を利用し、出題傾向と似た問題を意識しながら解きました。12月ごろにもう一度解いて実力を確かめ、センター試験が終わったら他学部の問題も解いてみるといいでしょう。

先輩たちのように、早い時期に一度過去問を解くことで目標設定を明確にしたり、出題傾向をつかむために過去問を解いたりする方法も有効だ。

時間に余裕のあるうちに、志望校の出題傾向を把握し、似た問題を解いておくことで、受験勉強を戦略的に進めよう。


定期テストや受験に役立つ情報をGETしよう!
gousen
LINE@

受験は情報戦!いち早く情報をGETしよう!