学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!
学習
ホーム学習第一志望合格のためにやっておきたい 9月からの学習計画法 ~私立大編~

第一志望合格のためにやっておきたい
9月からの学習計画法 ~私立大編~

  • 学習
  • 2017.09.13

私立大志望者必見!第一志望校合格に向けて戦略的に勉強を進めるための計画法を紹介!

国公立大に比べて、受験科目の少ない私立大の入試では、わずかな点差が合否をわけることも。秋以降は戦略的に受験対策を行っていきたいもの。私立大入試対策として押さえておくべき3つのポイントを紹介しよう。

ポイント1:志望校の「頻出分野」「出題形式」「問題量」をチェック!

秋からはじめる私立大の入試対策として、まず行っておきたいのは過去問研究。私立大はそれぞれ入試問題に特徴があるので、問題に合わせた対策が必要になってくる。押さえておきたいのは、「頻出分野」「出題形式」「問題量」の3つ。解かなくてもいいので、志望校の過去問を入手して確認してみよう。

頻出分野

志望校の入試問題で出題されない分野ばかり勉強しても得点アップにはつながりにくい。頻出分野を知ることで優先的に勉強するところがわかり、学習効率もアップするはずだ。また、出題分野の難易度も合わせて確認して、分野別の学習到達度を把握しておこう。

出題形式

例えば英語の文法問題でも、整序問題、穴埋め記述問題など、さまざまな形式がある。慣れない形式に戸惑って、実力が発揮できないことがないように出題形式についても確認しておこう。

問題量

私立大入試では問題数が多かったり、英語の読解文が長文だったりと、問題の量を把握していないとタイムオーバーになってしまうことも。問題数、解答所要時間の2点を確認しておこう。

頻出分野のココをチェック

  • 科目ごとの頻出分野はどこか
  • 問題の難易度はどれくらいか

出題形式のココをチェック

  • 出題形式はどのようなものか
  • 記述式問題はあるか

問題量のココをチェック

  • 大問、小問の数はどれくらいか
  • 問題ごとの解答所要時間はどれくらいか

ポイント2:間隔を空けずに全科目まんべんなく勉強する!

得意科目を伸ばす、もしくは苦手科目を克服する目的で、特定の科目ばかり勉強してしまいがちだが、勉強しない期間が長くなると、覚えていた知識が抜けてしまうことも。月曜は数学と英語の読解、火曜は世界史と英語の文法問題、水曜は数学と世界史といったように、勉強しない期間をあまり置かずに、全科目まんべんなく勉強するようにしよう。

ポイント3:常に解答時間を意識する!

難関私立大になると英文が長く、問題を解くスピードが求められることが多い。正解を導けたとしても、時間がかかっては私立大合格は難しい。スマホのタイマー機能を使って「この問題は1分で解く!」など制限時間を決めて解くようにするなど、解答スピードも意識して勉強を進めるようにしてみよう。


定期テストや受験に役立つ情報をGETしよう!
gousen
LINE@

受験は情報戦!いち早く情報をGETしよう!